方言ATM(ファミマ)はどこの方言?話す言葉の種類や県地方も

どうもこんにちは!今日1歳になる末娘のかわいい姿を見て
ニヤニヤしてしまった あこぽんです(^^)/

というのも、今日寒くて暖房を付けようとエアコンのリモコンを取って
テーブルに置きっぱなしにしていたんです。

用事を済ませてリビングに戻ると‥

テレビを見ながらエアコンのリモコンを耳に近づけ、「もしもし」している娘の姿が‥!!!

ぬおーーーー!!!
かわいいやん(*´ω`*)
っと笑ってしまいました(笑)

子どもってよく見てますよね。
ヘタなことできません(笑)

 

そういえば、先日急ぎの用があって、コンビニATMに寄ったんですね。

そこで『取引開始』のボタンを押したら、

「よう来たな~」と言われ腰を抜かしてしまいました(笑)

ATMが方言を話しました!!

思わず笑ってしまいましたよ(笑)

あとで調べてみたら、この方言ATM、近頃各地にでき始めているそうですね。

おもしろいので、どこにあるのか調べてみました。

Sponsored Links

方言ATMとは?

今やコンビニATMは当たり前の時代になりましたね。

一昔前はコンビニATMは利用するのに手数料がかかりましたが、
今は日中の時間は手数料が無料になり、ずい分利用しやすくなりました。

急な出費もありますし、家計を預かる身としてはとても助かります。

コンビニ大手のファミリーマートも店内ATMを設置しています。

 

この方言ATMの取り組みのきっかけは、

・ファミリーマート
・株式会社イーネット(ATMの会社)
・銀行

上記3社が県による地域活性化の取り組みに協力することで実現したものです。

 

2012年7月に沖縄県で始まったのがきっかけで、

◇2014年11月に愛媛県と石垣島
◇2015年4月に宮崎県
◇2015年8月に高知県
◇2016年6月に石川県

2016年12月に次いで三重県にも導入され、東海地方で初の方言ATMとなりました。

地域活性化のために方言ATMを導入って、おもしろい発想ですよね!

出張してきた人や旅行者などが、楽しめそうですよね。

ではこのATM、どのような方言を話すのでしょうか?

Sponsored Links

方言の種類や言葉は?

気になるその方言の種類についてですが、県内でも地域によって少し違う県もあって、
この取り組み、なかなか凝ってます!

話す方言はこのようになっています↓

〇沖縄県〇

~沖縄弁~

・「いらっしゃいませ」→「はいたい」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「にふぇーでーびる」

~石垣島~

・「いらっしゃいませ」→「いらっしゃいませ。オーリトーリ」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「おおきんな。ニーファーユー。」

※具志堅用高さんの声での案内になるそうです。

 

〇愛媛県〇

~伊予弁~

・「いらっしゃいませ」→「ようおいでたなもし」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「だんだん、またおいでんか。」

 

〇宮崎県〇

~県北地区~

・「いらっしゃいませ」→「よう来たねー」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「ありがとう。また来てくんないねー。」

~県央・県南地区~

・「いらっしゃいませ」→「よう来やったなー」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「おおきん。またきちくんないねー。」

~都城地区~

・「いらっしゃいませ」→「よう きっくいやったなー」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「あいがとがした。またきっくいやん。」

 

〇高知県〇

~土佐弁~

・「いらっしゃいませ」→「いらっしゃい ようきたねー」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「ありがとう。また 待ちゆうきねー」

 

〇石川県〇

~金沢弁~

・「いらっしゃいませ」→「よーきたねー」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「あんやと。またきやっしねー。」

~能登弁~

・「いらっしゃいませ」→「よーおいでたねー」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「ありがとー。またきてくだいね。」

 

〇三重県〇

~伊勢弁~

・「いらっしゃいませ」→「よう来たなあ」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「おおきんな。また来てな。」

~伊賀弁~

・「いらっしゃいませ」→「ようおこし」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「おおきに。また来てだーこ。」

~紀北弁~

・「いらっしゃいませ」→「よう来たなあ」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「おおきにい。またこーい。」

~紀南弁~

・「いらっしゃいませ」→「よう来たの」

・「ありがとうございました。またお越し下さい。」→「おおきにぃ。また来ての。」

 

私は三重県民なので、南の県に行くほど「??」となってしまいました。

沖縄県は一度、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と言ってから方言を話すんですね。

本土の人には沖縄弁は聞きなじみがないので、そういったところの気遣いでしょうか?

しかしATMだから分かるものの、急に町中でそんな風に話しかけられたら
「ぽかーん」となってしまいますね( ゚Д゚)

方言ってなんだか標準語と違って、その地域の色が出ていて、見ていて興味深いです。

なんだかあたたかみがありますよね。

ちなみにどのキャッシュカードでも、方言を話してくれるそうです。

まとめ

少しずつ方言ATMが全国に広がってきているので、全国的に普及するのもあと数年のあいだかもしれませんね。

旅行先でATMへ寄るのが楽しかったりしそうです。

方言ATMのこれからが気になります!

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★