バルミューダの蒸気炊飯器の口コミは評判は?価格や保温機能についても

どうもこんにちは!
今日はついにプレミアムフライデー初日となりましたね。

今日は正午で終わる企業もあったりして、
有意義な時間を過ごせる一日となりました(^^)

次の日が土曜日ということも、
うれしいポイントですよね♪

皆さまの会社はどうでしたでしょうか?

ちなみに我が家の旦那の会社は、
プレミアムフライデーは一切関係ないそうです(^^;)

日本全国、統一実施だといいんですけどね~

でも忙しい会社はそうも言ってられませんかね。。

そういえば、バルミューダから新しく発表された
『蒸気炊飯器』が話題になっていますね。

この炊飯器はご飯を『炊く』のではなく『蒸す』
という新しい炊飯方法なのが注目されています。

蒸すってまったくイメージが湧きませんが、
どういったかんじなのでしょうか?

また、肝心の炊いたご飯の味や食感が気になりますね。

今日はバルミューダ蒸気炊飯器『BALMUDA The Gohan』について見ていきましょう。

Sponsored Links

BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ ゴハン)とは?

 

出典:楽天市場@plywood キッチン・インテリア雑貨

バルミューダと言えば、2015年に水蒸気で
パンがモチモチに焼けるトースターが大ヒットしましたね。

その他にも電気ケトルも発売されて、
今回の炊飯器はバルミューダ家電の第3弾となりました。

本当は2016年の秋に発売予定だったのが、
『土鍋よりおいしいご飯』を目標に掲げたこともあり、
開発に1年半ほどかかってしまったそう。

バルミューダの家電って、家電量販店で見かけるというより、家具屋などで見かけるおしゃれ家電的なイメージがありますよね。

パッと見は炊飯器とは分かりません。

オシャレなので、結婚祝いや、新築のお祝にも良さそう♪

この炊飯器の特徴である『蒸気炊飯』ですが、釜を2重に重ねる構造になっていて、
下の釜に水を入れ、上の釜には水とお米を入れるそうです。

スイッチを入れると、下の釜が加熱されその蒸気でご飯が炊飯される仕組みとなっています。

3合炊きで炊飯時間は1時間前後で、保温の機能はありません。
(保温すると味が落ちるからだそうです。)

すぐ食べる用なので、食事作りの前にセットしておくのが良さそうですね。

玄米やおかゆも炊けますし、早炊き機能も付いているそう♪

『バルミューダ ザ ゴハン』は3合炊き専用なので注意して下さい。

バルミューダ ザ ゴハンの食感や感想は?

蒸気で炊飯って、聞くだけでもおいしそうですが、味や食感はどういったものでしょうか?

ニュースサイトを読んでいると‥

潰れている米粒はなく、どれもピンと立っている。
最初、口に入れるときは硬めに感じるがハリのある米粒。

一般的な炊飯器で炊くと、おにぎりを作るときにベタっとくっつくことがありますが、
バルミューダ ザ ゴハンで炊いたお米は、お米同士が引っ付きすぎず、口に入れたときに
パラッとほぐれる食感があるそう。

まったく新しい食感のご飯ということですね。

ということは、チャーハンやちらし寿司などを作るときにも向きそうですね。

バルミューダの社長のおすすめは、卵かけご飯で食べることだそうです↓

普段食べているものだと、卵かけご飯にすると多少米粒が柔らかくなるため、そのまま掻き込んで少し噛んで飲み込む……という感じだったのだが、このご飯の場合は卵をかけても粒がしっかりしている。

引用:publications.asahi.com より

粒感があることから、
少々固めの印象を受ける人もいるそうです。

しかし、おいしいことは間違いなさそうですね。

Sponsored Links

バルミューダ蒸気炊飯器『バルミューダ ザ ゴハン』の値段と販売場所

近頃は炊飯器も機能的になり、家電量販店に行っても5~10万円の炊飯器自体、めずらしくなくなりました。

そのなかで『バルミューダ ザ ゴハン』は41,500円(税抜)となっています。

機能的な分、お値段もそこそこしますね。。

色はブラックとホワイトの2色展開となっており、自宅のインテリアとの兼ね合いで決めれそうです。

 

現時点の注文で4月上旬の発送になるそうです。

まだまだ発送が延びる可能性がありそうなので、お求めの場合は早めに注文した方が良いかもしれませんね。

まとめ

バルミューダは今後も新商品を発売予定で、電子レンジかコーヒーメーカーを出す予定なのだそうです。

こちらも気になりますね。

これからバルミューダの家電が、どんどん増えていきそうですね。

次回作も期待しています!

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★