石原慎太郎の記憶障害の真相とは?脳梗塞の病気の経緯についても

こんにちは。あこぽんです。

今日もぽかぽかあたたか陽気でしたね。

3連休最終日は、
子どもとお庭でシャボン玉やボール遊びしたりして、
自宅でのんびり過ごしていました。

遊びもひとしきり終わり、夕方にニュースを見ていたら
今日3月20日(月)に豊洲市場移転問題の
石原慎太郎さんの証人喚問について
取り上げられていました。

それを見ると、石原元都知事が
過去に脳梗塞になっていたことが明かされていました。

そして本人曰く、記憶障害にもなっているとのことなのです。

一体どういうことなのでしょうか?

脳梗塞の症状についても見てみました。

Sponsored Links

石原元都知事の証人喚問の様子

 

2017年3月20日(月)に
豊洲市場の移転問題を検証する都議会の
調査委員会(百条委員会)が行われました。

 

始めの質問で
「知事として、豊洲移転を政治判断されたのか?」
という質問に対して、

石原元都知事が衝撃告白をしました。

 

まとめると、冒頭にこのような発言をしていました↓


・2年前に脳梗塞を患い、今もその後遺症に悩んでいる。

・左腕が使えず、字が書けない。

・海馬が機能しなくなり、全ての文字を忘れた。

・作家の仕事はワープロを使用して進めているが、
記憶を引き出そうとしても、うまく引き出せないことがある。

 

「えっ!!」
聞いた時は、固まって動けなくなりました。。

 

2015年に脳梗塞を患い、その後遺症で
記憶障害になり、忘れてしまったそうなのです。

 

そういえば、最近、豊洲の問題で
報道陣が石原元都知事の
自宅付近に押し掛けたときに、
石原元都知事の歩き方が、
なんだかずいぶん弱々しくなっていて

「あれ?どうしたんだろう?」と
疑問に思ったのを思い出しました。

そんなことがあったとは‥。

 

しかし率直に、お話しているときは、
難しい言葉もスラスラ出て来るのに、
なんだか不思議なかんじはします。

 

脳梗塞を発症した経緯はどのような状況だったのでしょうか?

 

石原元都知事が脳梗塞になった経緯

 

調べてみたら、石原元都知事はここ数年体調が悪かったのですね。

 

最初の病が分かったのは2011年で、
奥様が体調を崩されて病院にかかっていました。

それを機に、石原さんも病院で検査を受けたそうです。

そのときに、重大な病気ではなかったものの、
心臓が弱っていることが発覚したそうで、
病の連鎖はこのときが始まりだったようです。

 

2013年2月に軽度の脳梗塞が発覚し、
都内の病院に入院したことがありました。

 

周りには「風邪をこじらせた」と話していたそうで、
あまり心配をかけたくなかったようです。

 

それなのに、入院先の病院では面会謝絶とされていて、
風邪なのになぜ‥と当時は周りから不思議に思われていたそうです。

 

 

2015年6月に島根県で講演していた石原さんは
体調不良を訴えて、救急搬送される事態がありました。

 

そのときの症状としては、講演が始まった30分後に
言葉に詰まり始め、

・「頭がぼーっとする」
・「何を話そうとしたのか忘れた」

などと話して、一度話を中断しました。

 

そして再度話し始めたら、後頭部を押さえていたそうなのです。

その後、話を続けていても、やはりおかしいとなり、
講演は一時中断され、その後救急車で搬送されることとなりました。

 

しかし、このときは脳梗塞ではなく、
疲労が蓄積していたための体調不良だったと
後日明かされています。

 

脳の病気は本当にこわいです。

 

2015年の石原さんの例もそうですが、
ただの体調不良と区別が付かなかったりしそうで、
判断に困りますよね‥。

 

自分がいつか脳梗塞になったら‥と考えたら、
近くに人がいたら良いですが、
もし一人だったら‥と思うと
おそろしいです。

 

Sponsored Links

脳梗塞の症状とは?

 

そもそも脳梗塞とはどのような病気なのでしょうか?

 

脳梗塞とは、脳の血管が細くなったり、詰まったりして、
脳へ酸素とエネルギーが十分に供給されなくなることで、
脳に障害が起こること
だそうです。

 

では、脳梗塞は前兆はあるのでしょうか?

 

      ・原因不明の頭痛や肩こりが、突然発生する
      ・めまいや耳鳴り、手足のしびれ、震えなどの症状が起こりやすい
      ・歩き方がフラフラしていて、障害物がないのに躓く
      ・階段や段差があるところで、片方の足がよく引っかかる
      ・指先が思うように動かなくなってきた
      ・字が汚くなったといわれる
      ・簡単な計算が咄嗟にできないことが増えた
      ・物忘れが多くなった
      ・顔や唇がしびれていると感じる時がある
      ・ろれつが回りにくくなった
      ・飲み物や食べ物が飲み込みにくく感じる
      ・痰がからんだり、むせこむことが増えた
      ・声がうまく出ないと感じることがある

 

引用:わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

 

一例ですが、こういった症状が現れる場合もあるそうです。

 

この時点で、病院に行くことにより、
発症を未然に防ぐチャンスとなるそうですね。

 

では、発症してしまうと、どのような症状が出るのでしょう?

 

脳梗塞は、細胞が壊死してしまった場所により
症状が異なるそうです。

 

・麻痺(体の片側が力が入らなかったり、筋力が低下する)
・感覚障害(感覚が鈍くなったり、なくなったりする)
・高次脳機能障害(記憶・集中・言語に障害が起こる。過去のことが思い出せない)
・摂食・嚥下障害(食べ物をうまく飲み込めなくなる)

 

石原さんがおっしゃっているのは、
高次脳機能障害の症状ですね。

 

ただ、ニュースを見ていて、疑問に思ったのが、

”作家の仕事をワープロでやっている”

という部分。

ひらがななど全ての文字を忘れたのに、
どうやってキーボード打つの??

 

これだけはどうも腑に落ちませんでした。

どういうことでしょう?

誰かに入力してもらっているのかな?

 

まとめ

 

なんだか政治家の方は、よく記憶を無くす方が
多いので、悲しい限りですが、

石原元都知事のように

「脳梗塞を患って‥」

と言われてしまうと、今後追及が厳しくなりそうですね。

本当のところはどうなのでしょうか。

お体を大事にして欲しいです。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★