栃木県那須スキー場で雪崩が起きた理由や原因はなぜ?被害状況も

こんにちは。あこぽんです。

昨日3月27日に、悲しい事故が起こりました。

栃木県那須町のスキー場で、登山講習中の
高校生と教師が雪崩に巻き込まれ、
8人の方がお亡くなりになるという
おそろしい事故が起きました。

私自身、雪の影響が少ない地区に
住んでいるのもあり、雪には疎いのですが、

このニュースを見た時の
初めての感想が、

『この時期に雪崩が起こるって、どういうことなのだろう?』

過去に雪崩が起きた時に、ニュース番組で
「雪崩は1月や2月に起こりやすい」
と解説されていた記憶があり、
今回の件について、素朴に疑問を感じました。

一体、今回はどのような状況で雪崩が起きたのでしょうか?

くわしく調べてみました。

Sponsored Links

雪崩発生時の状況

 

2017年3月27日(月)朝に、
栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で
登山講習中だった、高校生と教師のあわせて
48人が雪崩に巻き込まれました。

 

参加者のうち、男子高校生7人と
教師1人がお亡くなりになり、

40人の生徒と教師はケガをし、
うち2人は重傷、さらに5人は骨折を
したことが報じられています。

 

今回の春山安全登山講習会の日程は、
5日~27日までの3日間で、
県内の7つの高校の山岳部の生徒と教員で
あわせて62人が参加していました。

 

なんでも、この登山訓練は
毎年恒例だそうで、
先生も部員も参加することが当たり前
の通例行事となっていたそうです。

 

そんななか、最終日である3月27日は
那須町茶臼山の往復登山を予定でしたが、
雪の天候により中止が決まり、

その代わりに、20日に営業が停止されている
スキー場にて、雪をかき分けて進む
ラッセルと呼ばれる雪上の歩行訓練に変更されていました。

 

27日の朝には雪が降り積もり、34cmほど
積もっていたそうです。

 

そんななか、歩行訓練の5班に分けられたうちの、
先頭を歩いていた
大田原高校の山岳部とその顧問の教師が
雪崩に巻き込まれるという惨事になりました。

 

この大田原高校の山岳部は、
強豪校ということで知られていて、

9年連続でインターハイに出場していたり、
関東大会も7年連続出場と言う
輝かしい成績を残していることでも有名です。

 

そんな山岳部顧問の先生は、
雪山に慣れた40代のベテランの先生だったそう。

ベテランが故の油断というか、過信が
あったのかな‥と思ってしまいました。

 

その朝の積雪状況を見て
生徒たちの間では

「本当にこの上でやるのですか?」
といった不安視する声もあったそうです。

 

そんななか起きた事故でした。

 

27日夕方放送の『ニュース every』で専門家の方が
解説なさっていましたが、

「縦一列に並ぶラッセルはリスクが少ない。
もしかしたら横に広がってラッセルをやっていたのでは?

引用:3月27日『ニュースevery』にて東京山岳ガイド協会 下越田功会長談

とおっしゃっていました。

 

一体どういうことなのでしょうか?

 

Sponsored Links

なぜ雪崩は起きた?

 

本題です。雪崩が起きた原因とは
どういうところにあったのでしょう?

 

26日の午前から27日にかけて雪崩注意報や
大雪警報が出されていたそうですね。

雪山は注意が必要だったと考えられます。

 

今回起きたであろうとされている雪崩は、
表層雪崩と言われていますね。

 

上記地図の『第2ゲレンデ』からその上部あたりで
雪崩が起きました。

表層雪崩とは、既に積もった雪の上に新雪が積もり、新雪の重みで滑り出すことによって雪崩が発生すること。

引用:お天気.com

 

・今回、雪崩が起きたスキー場は3月20日で営業終了していた。
・21日はこのあたりで降雪があった。
・27日深夜から朝までで34cmほど雪が積もった。


このことから、事故が起きるまでの
約1週間ほど、この付近は圧雪されることなく

放置状態で、雪が積もった状態の上に
さらに新雪が降り、その重みで新雪部分が
滑り出したことが考えられます。

 

雪崩が起きるのには、季節外れな感じが
していましたが、

表層雪崩は気温が低い状態
起こるということで、
27日の深夜に寒気が流れ込み、
急激に冷え込んで、降雪したことも一つ原因にありそうです。

 

雪崩は時速100km~200kmになるとも言われていて、
とても危険を感じますね。

 

まとめ

 

ベテランの先生方による引率で、
生徒も安心していたのではないでしょうか?

 

本来、自然の脅威を学習する場でもあったはずの
講習会で、こんな事故に遭ってしまい
とても残念でなりませんね。

 

どんな場面でも、『慣れ』って怖いと思います。

ちょっとしたことでも大丈夫と思ってしまいがちになりますよね。

 

このことが今後、登山の指導に生かされることを切に願っております。

今回お亡くなりになった 生徒ならびに
先生方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★