母になるの広(道枝駿佑)が過ごした空白の2年間は何をしていた?

こんにちは。

今日は一番上の小学生の子の帰宅が遅く、心配になり迎えに行った あこぽんです(^^;)

我が家から小学校は遠く、通学に1時間弱ほどかかるのですが、
今日は1時間半になっても帰って来ませんでした。

さすがに心配になり通学路を見に行ってみると‥

いましたいました。

友達と土手のシロツメクサを摘んで、指輪を作っていたそうで。

何もなくて良かったです(^^;)

 

そういえば今日は水曜日。

夜10:00からドラマ『母になる』が放送されますね。

 

初回の放送は、柏崎結衣(沢尻エリカ)の、愛息子である柏崎広(吉武歓/道枝駿佑)が誘拐されてしまう話から始まり、
波乱の幕開けとなりました。

 

次回の放送内容が気になり、HPを見ていたら、気になる時間のずれを見つけました。

ドラマでは、結衣は誘拐されてから9年後に広と再会しますが、HPでは門倉麻子(小池栄子)は誘拐された広を助け、その後7年間母として一緒に暮らすとなっているんです。

???

門倉麻子と暮らすまでの2年間は広はどこで何をしていた?

ふっと気になりました。

今日はその空白の2年間についてせまってみようと思います。

Sponsored Links

前回までのあらすじ

 

2001年春ー。
両親を亡くし北海道から単身上京した結衣(沢尻エリカ)は勤め先の書店で大学講師の柏崎陽一(藤木直人)と出会う。

時間をかけながらも2人の距離はゆっくり知事待っていき、やがて結衣が息子の広(コウ)をお腹に宿したことを
きっかけに2人は結婚する。

唯一の母、里恵(風吹ジュン)から結衣は温かく迎えられる。
陽一の上司である西原太治教授(浅野和之)も、キャリアウーマンの莉沙子(板谷由夏)と
できちゃった結婚すると宣言。

結衣と莉沙子は、母親になる不安を抱えつつ励まし合う。

そして、連続幼児連れ去り事件が世間を騒がしていた2008年の春。

3歳になった広(吉武歓)の存在は柏崎家を明るく照らしていた。
しかし、いつものように幼稚園へ迎えに行ったある日、目を話した一瞬の隙に広は姿を消してしまう。

時を同じくして、とあるアパートに暮らすOLの門倉麻子(小池栄子)は、隣の部屋の様子に不審を抱く。
ドアを開けてのぞきこんだ麻子は子どもが部屋に横たわっている姿を見つけます。

 

広は陽一のゼミの学生(渡良井)から誘拐されてしまいます。

その理由は就活で全滅して落ち込んでいたときに、陽一にその件について話に行ったときに
陽一に邪険にあつかわれて恨みの気持ちを抱いてしまいます。

今時のキレやすい若者を描いているように感じますね。

 

むしゃくしゃして、誘拐した渡良井は門倉麻子の住むアパートの空き部屋に広と連れて行くんですね。

そして広の存在を門倉麻子が発見する。

そして9年という時間が経過し、広が見つかったという連絡を受け、結衣と広は再会します。

Sponsored Links

空白の2年間は?

 

結衣と離れた9年間
麻子と過ごした7年間

空白の2年間のことが気になります‥。

 

誘拐されて部屋に放置された広を麻子が発見する。

麻子が広を引き取って育てるのは、話の流れ的におそらく誘拐されて間もない頃だと考えられますよね。

子どもが欲しかった麻子は広の姿を見て、すぐに引き取って育てました。

現実問題、こっそり知らない子どもを育てていると、何かの拍子に警察に見つかりそうですが(^^;)

 

それから、7年間育てて、何かの理由で児童養護施設に預けられたという事ですね。

ただ、児童養護施設になんと言って預けたのか?

たくさん疑問は湧いてきますね。。

 

はっきりしたことはまだ見えてきませんが、今後の放送で分かってきたら、こちらでお知らせしようと思います。

 

まとめ

 

広が誘拐されて結衣が泣いているシーンを見て、胸がいっぱいになりました。

今まで大事に育ててきた、自分の愛息子がいなくなったら‥

私だったら気が狂ってしまうかも。。

 

沢尻さんの迫真の演技に圧巻でした。

お子さんがいらっしゃらないのに、なぜあそこまで泣けるのだろう?

安易な言葉で片づけたくありませんが、彼女は天才ですね。

 

今後の展開が気になります。
録画して、しっかり見ようと思います。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★