九州北部2017大雨はいつまで降るの?原因や被害状況と梅雨明け予想も

こんにちは。あこぽんです。

今日はいつの間にか七夕ですね。

東日本はカンカン照りで、
とても暑い日を迎えていますが、

九州地方や山陰地方では、
記録的な大雨が降り続き、甚大な被害が出ています。

現在、避難指示や避難勧告が継続して
出されている地域もあり、大変心配されています。

今回の大雨に関しては、

「これまでに経験したことのない大雨」

と表現されており、

その被害の大きさは、
言い表すことができないほど深刻になっています。

しかし、一体なぜこれほどのまでの
大雨が降り続いているのでしょうか?

九州の方ばかり集中的になぜ?

現在、豪雨が継続している原因や被害状況、
いつまで降り続くのか調べてみました。

Sponsored Links

九州豪雨や土砂崩れの原因は?

 

九州北部と山陰地方で降り続いている
記録的豪雨。

福岡県朝倉市では、土砂崩れや、
大量の流木が流れ込み、大きな被害が出ています。

 

雨だけで、
これだけの状況になってしまうことに
驚きが隠せません。

 

これだけの豪雨が続いている原因について
調べてみると‥

線状降水帯
影響していることが分かってきました。

 

線状降水帯とは、積乱雲が発達してできた積乱雲の帯のことです。

出典:朝日新聞デジタル

今回、豪雨となった場所は、地形に問題がありました。

大きな山が集まる地域。

 

梅雨前線が停滞しているところに、湿った空気が流れ込んできました。

そこには山が多数あり、
山の間に流れ込んだ空気がぶつかり、上昇します。

そのため、その上で雲が発達。

同じ場所で雲が湧き続けます。

この状態から、大きな積乱雲ができ、
これほどまでの大雨をもたらすほどになってしまいました。

もともと、この地域は雨が降りやすいのだそうですね。

 

また、この地域は川が多く、
毛細血管のようにたくさん川が密集しています。

そのため、雨水が集中してしまい、
筑後川やその周辺の川が氾濫して、
土砂崩れが起きたことが考えられます。

 

大分県日田市は、林業が盛んな地域で、
日田杉やヒノキなど、立派な木がたくさん自生しています。

今回、短時間で
大量の雨が降ったことにより、

川の水が木の根をも超えるほどの水量になりました。

そのことから、大量の流木が
街に流れ着いてしまったことが考えられます。

 

大雨はいつまで続くの?

 

現時点発表の九州北部の週間天気予報を見てみました。

向こう一週間は、
前線や湿った空気の影響で、くもりや雨になる予報です。

 

現時点の天気予報によると、

7月8日の朝までの予想降水量は、

◆九州北部‥多いところで250ミリ

◆九州南部‥多いところで150ミリ

となる予報です。

 

十分に警戒して下さい。

 

Sponsored Links

被害状況は?

 

この大雨により、築後川が氾濫しており、
土砂崩れによって流れてきた流木が
街に流れ着いています。

 

 

福岡県朝倉市では、
道路に大量の流木が流れつき、

周辺では、重機が入り、
住民や消防団員により瓦礫の撤去作業が進められています。

 

今回、避難先になっている
小学校の体育館や一階の教室にも
土砂が流れ込んでいる状況です。

そのため、
この周辺の小学校へ避難した方達は、
建物の3階で避難生活を送っているそうです。

 

また、現在、流木が流れ着いている
福岡県朝倉市では、

信号が点灯しているものの、
停電している地域や、
携帯電話の電波状況が悪い地域もあるとのことです。

救援物資は少しずつ避難所に届いている情報が入っています。

 

そして現在、11か所の集落や村が孤立状態に陥っています。

 

大分県日田市で救助に向かった消防団員の方が
土砂に飲まれて命を落とされています。

そのことから、救助にあたっていた人も
一度手を休め、再度避難されている状況です。

 

ですが、現在も連絡が付かない方が
多くいらっしゃり、安否が心配されています。

どうか無事に見つかりますように。

 

梅雨明けはいつ頃?

 

2016年の、九州北部・南部の梅雨明けは
7月18日頃でした。

今年はすでに沖縄県が梅雨明けしていますが
昨年より6~11日ほど遅い梅雨明けとなったそうです。

 

このことから、九州も今年は
梅雨明けが遅い可能性があるかもしれませんね。

梅雨明けにはもう少し日にちがかかりそうです。

 

まとめ

 

テレビを見ていると、
山肌がえぐられている箇所がいくつもあり、
土砂崩れの激しさが伝わってきました。

大雨でここまでなるのか‥と怖くなりました。

 

天気予報では、

まだ週末にかけて大雨になる
予報となっているので、注意が必要ですね。

 

今は一刻も早く、
行方不明になっている方と連絡がつき、

避難なさっている方達が、
いつもどおりの生活に戻っていけるように願うばかりです。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★