久慈浜海水浴場にサメが出た理由はなぜ?遊泳再開日(開始日)はいつから?

こんにちは。あこぽんです(^^)/

いよいよ明日から夏休みに入りますね。

我が家の小学生の子どもは、
朝はいつもテンションが低いのに、

明日から夏休みだからか、
今日は寝起きから元気げんき!

40日間お休みなのは、うらやましいですね~^^

私も子どもの頃に戻りたい‥(笑)

 

さて、そんな今日の話題ですが、
茨城県日立市の久慈浜海岸に現れたサメのお話です。

 

7月19日(水)の午前中に、
海水浴場利用客から、
サメの目撃情報が寄せられ、
現在、久慈浜海水浴場は遊泳禁止になっています。

 

県の発表によると、
ドチザメという種類のサメが泳いでいたとのこと。

 

日頃、海水浴場として開放されている海で、
なぜサメが出没したのでしょうか?

そのときの状況や、
ドチザメがどんな生態なのかも気になりますね。

また、いつから遊泳再開となるのでしょうか?

 

くわしく見て行くことにしましょう。

 

Sponsored Links

ドチザメが見つかったときの状況

 

間もなく夏休みということで、
久慈浜海水浴場へお出かけ予定の方も
いらっしゃったのではないでしょうか?

 

最初のサメ目撃は、海水浴場利用客の方によるものでした。

 

 

通報を受けたことにより、

19日の正午ごろに、
県警のパトロール中のヘリが上空から、

久慈浜海水浴場を確認したところ、
サメが30匹ほど泳いでいるのを発見しました。

 

2017年は7月15日(土)に
海開きを行っていましたが、

19日は、水温が低かったので、
遊泳禁止となっていました。

 

そのためケガ人も出なかったということです。

その日がたまたま遊泳禁止になっていたのが、

幸いなことでした。

 

県観光物産課によると、
サメを数匹捕獲して、
アクアワールド大洗水族館に見てもらったところ、

ドチザメであることが分かったとのことです。

 

毎年、海水浴する海にサメが出る
なんてなんだか怖いですね‥。

 

しかし、海の画像を見ると、
かなり浅瀬にドチザメが泳いでいるのが
見えますが、なぜこんなところに出没したのでしょうか?

 

なぜドチザメは現れた?

 

くまきちさん
そもそも、ドチザメとはどのようなサメなの?

 

”サメ”と名が付くと、
どうも怖いイメージが先行してしまいますよね‥。

 

調べてみると、
ドチザメは、とても大人しいサメであることが分かりました。

 

全長は1.5メートルで、

人を襲うことはなく、その飼育しやすさから、
全国各地の水族館で見ることができるのだそう。

 

おもに、日本近海から東シナ海にかけての沿岸に生息します。

 

ドチザメは、普段、単独で行動することが多く、
群れをつくることはありません。

日本では、山形県飛鳥で5~7月にかけて
多くのドチザメが集まるそうです。

 

ドチザメは、比較的水深の浅いところを好み、岩礁域や藻場にも現れる。海底近くを泳ぎ、遊泳力は強くない。しばしば海底で休んでいる姿が見られる。河口など比較的低塩分の環境にも耐える。

引用:Wikipedia*ドチザメ

 

ドチザメは海の浅いところが好きなのですね!

 

しかし、”普段、単独で行動することが多い”のに
30匹も海岸にいたのには驚きます。

 

日立市観光物産協会によると、
ドチザメがなぜ現れたのかについては、
専門家をまじえて、現在調査中だそうです。

潮の流れなどのタイミングがあったのでしょうか?

 

危険なサメでないにせよ、
安全が確認されるまでは注意が必要ですね。

 

Sponsored Links

遊泳再開日はいつ?

 


◇久慈浜海水浴場◇
所在地:茨城県日立市久慈町1丁目17

 

日立市物産観光協会に
問い合わせたところによると、

”サメ出没については、自然現象のため、現時点での遊泳再開日は未定です。”

とのことでした。

 

確かに、安全第一ですし、
今後現れないとも限らないので、
海水浴については、再開の情報を待ちましょう。

 

今夏企画されている、

2017年7月30日(日)
第60回 日立港まつり
予定通り、開催されます

 

ですが、海に入れるかどうかは、現時点では未定となっているので
ご注意下さい。

 

まとめ

 

県では、22日以降、
土日祝日は、県防災ヘリを飛ばして、
上空から県内の海岸をパトロールする予定になっているそうですね。

 

これを以上、サメが見つかることが
ないことを願うばかりです。

 

皆さまも夏の海水浴の際は、お気を付け下さい。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★