大阪(日本)の核シェルターの場所はどこ?地下鉄の強度や普及率が低いのはなぜ?

こんにちは。あこぽんです。

 

ついに9月9日を迎え、
北朝鮮の建国記念日となりました。

 

ちょうど1年前である
2016年の建国記念日には、

5回目の核実験が行われたこともあり、
日本でも警戒レベルは最高潮に達しています。

 

北朝鮮情勢の悪化に伴い、

私たちは、最悪の事態に備えて
避難場所や避難グッズの確保を行わないといけません。

 

そんななか、ふっと思ったのが、
日本には核シェルターって存在するのでしょうか?

 

もし存在するなら、

知っておきたいというのは
皆同じなのではないでしょうか。

 

今日は、大阪の核シェルターの場所について
知らべてみることにしました。

Sponsored Links

日本の核シェルター普及率は?

 

そもそも、

北朝鮮のミサイル実験が頻発し始めたのは、
ここ数年の話で、

日本に核シェルターってあるのかな?
なんて考える機会って無かったと思います。

 

日本は武力を持たない国ということもあり、
諸外国に比べて平和ボケしていると言えますよね。

 

日本シェルター協会によると、

そんな日本のシェルター普及率は、
0,02%ということでした。

 

パン子さん
ひ‥低すぎる‥
くまきちくん
でもさ、”0”ではないんだね。どういうことだろう?

 

たしかに0%ではないということは?

やはり核シェルターってあるのでしょうか?

 

ちなみに世界の核シェルターの普及率を見てみると、

□スイス 100%
□イスラエル 100%
□ノルウェー 98%
□アメリカ 82%
□ロシア 78%
□イギリス 67%
□シンガポール 54%

引用:日本核シェルター協会HP*【自分の身は自分で守る、これは世界の常識です】

 

スイスは、

自宅を新築、改築する際には、
シェルターを建設することが
基本的に義務付けられているんですって。

 

また、アメリカは冷戦時代には、

公共の場にも市民シェルターを用意していましたが、
現在では大半が廃れていると言います。

それでも82%の普及率を誇るので
いかに日本のシェルター普及率が低いのか分かります。

 

というより、

戦争が終わってから、
そういった発想が必要がなかったことも一つありそうです。

 

Sponsored Links

大阪の核シェルターの場所はどこ?

 

肝心の大阪のシェルターの場所はどこにあるのでしょうか?

 

大阪市と言えば、

西日本最大の都市で、
近畿の経済を担っている中心地ですし、

古都・副都としての歴史も持っているような地域。
そのこともあるので、

核から逃れるために
どこかに建設されているはず!と思い、

調べてみましたが、

大阪のみならず、他の地域も含め、
日本には、民間人が利用できる
公共のシェルターの情報を見つけることができませんでした。

 

しかし、核シェルター普及率の
0.02%という数字が気になります。

やはり全くないはずはありませんよね。

きっと皇居だとか、
総理公邸とか(?)

そういったところには
核シェルターが存在しているような気がしています。

 

ただ、いずれにしても
核シェルターがあるという噂話でも、

裏付けが取れないので、
はっきりしないのが現状ですね。

 

これだけ北朝鮮情勢が
悪化の一途をたどるなかなので、

日本の核シェルターの法整備を進めて欲しいと
切に願うばかりです。

 

Sponsored Links

地下鉄の強度について

 

それでは、北朝鮮がミサイルを発射してきたら、
どこへ逃げたら良いのでしょうか?

 

それぞれのシチュエーションごとに見て行きましょう。

 

◆屋内にいる場合‥窓から離れるか、窓のない部屋に移動する

◆建物がない場合‥物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る

◆屋外にいる場合‥できる限り頑丈な建物や地下に避難する

 

自宅や会社などにいる場合は、
まず窓から離れて、伏せて、身を隠す。

 

近くに建物がないときは、
できるだけ身を低くし、何かある物で、
頭を守る。

 

そして屋外にいて、建物が近くにある場合についてです。

 

内閣官房の国民保護ポータルサイトによると、
地下街や地下鉄に避難するよう促されています。

 

パン子さん
たしかに地下って頑丈なイメージあるよね!
くまきちくん
たしかに崩れる印象ってないよね。

 

ふっと思ったのが、
地下鉄に避難したときの有効度ってどの程度でしょう?

 

大阪市の地下鉄駅の深さに着目してみることにしました。

 

大阪市の地下鉄駅のホームまでの深さで

一番深い駅は、

長堀鶴見緑地線の大阪ビジネスパーク駅です。

 

地上面からプラットホームまでの高さが32、3Mあり、
大阪市営地下鉄の駅のなかでは一番深い駅となります。

 

改札とホームを結ぶ途中の階段と、
エスカレーターの長さがかなり長いですね。

 

日常で使うときは、階段を下りて、
エレベーターに乗って‥と2分ほどかかるというこで、
普段使いには結構大変な駅ではありますね(^^;)

 

その次に深いのが、
今里筋線の関目成育駅です。

 

地上面からプラットホームまでの深さが
25、9Mあり、
2番目の深さの駅となっています。

 

そしてもう一つ、同じ深さの駅があります。
今里筋線の太子橋今市駅です。

その深さは、同じく25、9Mですね。

 

長堀鶴見緑地線の大阪ビジネスパーク駅が
圧倒的な深さを誇ることが分かりますね。

 

日頃、利用者は、ホームまでの
階段やエレベーターの昇り降りが大変ですが、
防災時にはこの深さが助かります。

 

日頃から、ご自身の行動範囲内で
ミサイルが発射された場合を考えて、

どこに避難するのかを考えておいた方が良さそうです。

 

それを思うと、大阪は地下鉄が多くて、
その点は若干、安心ポイントではありますね。

 

ちなみにですが、

我が家は田舎で山が近いので、
何かあったら、それはそれで危ないな

‥なんて考えていました。

 

ちなみに、戦前にできた
東京の地下鉄 銀座線は、

ほとんどの駅が深さ8メートル前後しかありませんが、
太平洋戦争時に空襲を受けてもほとんど無傷だったと言います。

 

このことからも、深さに関わらず、
地下は有効な避難場所であると言えますね。

 

いざという時のために、
どこか頭の片隅に入れておきたいですね。

 

 

 

まとめ

 

近頃はミサイル発射の頻度が高いため、
今後も北朝鮮の動きに警戒しなくてはいけませんね。

 

割と、北朝鮮がミサイル発射をするのは、
朝方が多いので、私たちも行動計画が大変です‥。

 

やはり家族内で、避難場所の確認や、
いま一度、避難グッズの確保をしておきたいものです。

 

しかし、こうした北朝鮮の行動は許しがたいですね。

北朝鮮が一刻も早く改心することを願うばかりです。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★