台風18号2017福岡県上陸はいつの何時頃?進路や通過時間と雨量についても

※9月16日(土)正午 最新情報に更新しました。

 

こんにちは。あこぽんです。

ずい分と朝晩が涼しくなり、
少しずつ過ごしやすくなってきましたね。

 

毎年、この時期はまだ少し暑い気がしますが、
今年は平年より秋めいてくるのが早いですね!

 

日差しが弱まった分、
外に出かけるときに、日傘が必要なくなってきました^^

 

すっかり秋を訪れを感じる今日この頃ですが、
台風18号が来ていますね。

 

運動会シーズンということもあり、
気になっています。

 

福岡県にはいつ頃上陸するのでしょうか?

現時点で分かっている
台風18号の進路などについて、まとめてみました。

Sponsored Links

台風18号の進路について

 

気象庁の発表によりますと、大型で強い台風18号は、午前10時には九州の南西の海上をゆっくりとした速さで北東へ進んでいると見られます。
中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこのあとも北東へ進み、16日夜以降、九州にかなり接近し、17日の朝から昼前にかけて上陸するおそれがあります。

引用:NHK NEWSWEB*2017年9月16日(土)【台風18号 あすにかけ九州に接近 上陸のおそれも】
9月16日(土)午前10時現在、
台風18号は、九州の南西の海上をゆっくりとした速さで北東へ進んでいます。
当初、中国へ向かうルートが予想されていましたが、
両サイドに存在した太平洋高気圧が弱まったことと、

上空で偏西風が吹いているため、
日本列島を縦断する進路を取ることが予想されています。

 

中国付近の海上でグッと急カーブ。
東寄りに進路を変えることになります。

まるで日本を包み込むように
日本列島を縦断しそうです。

台風18号は、13日に宮古島に上陸し、
強風と大雨の影響で、1万8千戸で停電となりました。

道路が冠水し、甚大な被害となりました。

 

強い台風18号の速度は、

現在時速15キロと遅く、

今年の8月上旬に日本列島に上陸した
台風5号と同じようなノロノロ台風ですね。

 

今後、台風の速度は早まるかもしれませんが、

このままの速度で上陸すると、

まるでそこに台風が停滞しているような
速度になるので、かなり長い時間注意が必要になりますね。

 

”中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル”

 

ちなみに先日の台風5号は、
中心気圧が975ヘクトパスカルでした。

ヘクトパスカルの数値が
低い方が勢力が増すので、

前回より強い台風になりそうです。

 

Sponsored Links

福岡県にはいつの何時頃に最接近する?

 

9月16日午前10時発表の
台風の進路図を見てみると、

17日(日)の午前9時に鹿児島県に上陸し、

台風の中心は四国・中国を通り、関西~北陸を通過。

 

丸一日ほどかけて東北~北海道に接近する予報となっています。

 

ということは、

福岡県に上陸するのは
17日の朝になりそうですね。

 

現時点の予報では、

台風18号は、九州のほぼ中央を通過、
九州全域が暴風域になりそうです。

通過するのが、
日曜日の予報なのでそれが唯一の救いですね。

 

しかし、このシーズンは

子どもさんの運動会などの学校行事が
盛んな時期でもありますし、

3連休のなか日で、お出かけの予定がある方もいらっしゃいますよね。
今後の影響が心配です。

 

 

 

雨量の予想

 

今回の台風18号も、雨量が心配されています。

九州地方にも活発な雨雲がかかることが予想されています。

現在、予想されている雨量は以下の通りです。

今回の台風で警戒が必要なのは「西日本と東日本で台風の接近前から大雨になるおそれがある」ことです。16日は太平洋側を中心に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、17日は局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

17日の朝までに降る雨の量は、いずれも多いところで、東海で350ミリ、近畿で300ミリ、九州南部と四国で250ミリ、奄美地方と伊豆諸島で150ミリ、九州北部で120ミリ、中国地方で100ミリと予想されています。

引用:NHK NEWSWEB*2017年9月16日(土)【台風18号 あすにかけ九州に接近 上陸のおそれも】

 

16日の午後以降からとくに雨が強まる予報です。

16日から17日の朝までに降る最大雨量の予想は、


・東海地方 350ミリ
・近畿地方 300ミリ
・九州南部、四国地方 250ミリ
・奄美地方・伊豆諸島 150ミリ
・九州北部 120ミリ
・中国地方 100ミリ

となり、かなりの雨量になりますね。

 

13日~14日に宮古島に
台風18号が上陸したとき、

24時間に降った雨量が500ミリを超え、
”50年に一度の記録的な大雨”になりました。

 

そして宮古島の世帯数の8割にあたる1万8千戸が停電し、
倒木や道路の冠水で甚大な被害が出ました。

大雨が降ると、土砂災害の危険が高まります。
十分にご注意下さい。

 

ちなみに”1日に500ミリの雨”とは、
どれくらいの雨量になるかと言うと、

2017年7月の九州北部豪雨のときの
24時間での降水量の最大値が
福岡県朝倉市の545.5ミリ(引用:気象庁公式HP*平成29年7月九州北部豪雨について)でした。

 

そのことを考えると、
今回、各地に降る雨量は
大変な量になる可能性があると言えると思います。

 

ちなみに目安ですが、400ミリの雨とは、
車のワイパーを速くしても見づらくなり、

側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まるくらいの
深刻な雨量になるということです。

 

今回の台風は、ましてや、
動きが遅い台風なのでさらに心配されます。

 

これ以上、何か深刻な被害にならないよう
願うばかりです。

今後、さらなる警戒が必要になりそうです。

Sponsored Links

まとめ

 

よく台風で大雨が降り、風が強いと、

近くの川や畑などに様子を見に行く方が
いらっしゃいますが、危険なのでやめて下さい。

二次災害になりかねません。

 

我が家は東海地方在住ですが、
今後の台風の進路を見て、

もしこのまま接近してくるようなら、
早めに買い物を済ませて、

自宅にいれるように準備しておこうと思います。

 

対策は早めにとっておきたいですね。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★