台風22号2017兵庫県上陸はいつの何時頃?進路や通過時間と雨量も

※10月28日(土)午後12時半に最新情報に更新しました。

 

こんにちは。あこぽんです。

ここ数日、久しぶりに晴れの
陽気だったので、溜まっていた
バスタオルなどを洗濯していました。

やはり秋晴れの陽気って気持ちが良いです♪

日差しのおかげで、
久しぶりにお部屋のなかもあたたかくて、
暖房いらずでした!

 

ですが、晴れの陽気も、
また週末の土日にはお天気下り坂の予報が出ていますね。

 

秋の深まったこの時期に
台風が上陸するのは季節外れで、

前回の台風21号の日本列島上陸が、
観測史上3番目の上陸の遅さと言われていました。

今回も台風上陸するとなると
異常気象台風になるのでしょうか。

 

そんな台風22号ですが、
いつ頃兵庫県付近に上陸するのか気になります。

ということで今日は、

・台風22号について
・台風22号の進路
・台風22号による雨量の予想
・兵庫県に上陸する日や通過時間

以上のことについて、
現時点で分かっている情報をまとめました。

 

Sponsored Links

台風22号の進路について

 

気象庁の発表によりますと、台風22号は午前10時には那覇市の南南東50キロの海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいると見られます。
中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
この時間、沖縄本島が暴風域に入り、非常に強い風が吹いていて、午前8時ごろには沖縄県南城市で44.2メートル、那覇市で37.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

引用:NHK NEWS WEB*2017年10月28日(土)10時19分掲載【台風22号 沖縄本島暴風域に 土砂災害などに警戒】より

 

10月28日(土)正午現在、
台風22号は、沖縄本島付近を北上しています。

台風は、今後北から徐々に北東方向へ
進みながら、今夜に奄美大島付近を通過する予報です。

日曜日の朝には九州のすぐ南海上まで
進む予想となっています。

 

”中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル”
昨日の予報より、徐々に勢力が増して来ましたね。

 

29日にかけて、最大風速が
沖縄県と奄美地方で30メートル
九州南部で25メートルと予想されており、

最大瞬間風速は、35~40メートルに
達する予報ですね。

 

ちなみに、風速30メートルが
どれほどの威力かと言うと‥

雨戸または屋根が飛ばされることがあり、
電柱が倒れることがある”くらいの風の強さになります。
(参考:いさぼうネット

 

自宅の外やベランダの物は片づけて、
しっかり雨戸を閉め、
風雨の対策をしっかりしておいた方が良さそうです。

 

Sponsored Links

兵庫県にはいつの何時頃に接近する?

 

現状、台風の予報円が大きく、
お天気番組でも進路予想が難しそうです。

 

現時点の台風22号の予想進路図を見てみると、
兵庫県に接近するのは、

10月29日の夕方~夜頃になりそうですね。
(※台風の進路は、変わる可能性もあります。)

 

そして、現在の予報では、

台風22号が進路予想図の通りに進めば、
兵庫県はギリギリ予報円にかかりませんが、
まだ台風がどのような動きをするのか
分からないので注意が必要ですね。

 

週末の28、29日は、
全国的にお天気は下り坂で、
広く雨が降ります。

10月は全国的に、
週末はほとんどが雨のお天気だったため、

子どもの運動会などの学校行事が
延期や、中止になった学校が
多数になりました。

今週末も雨になるので、心配ですね‥。

 

台風が日本列島から離れて進むことになっても、
現状、秋雨前線の影響で雨が降る可能性があります。

 

 

 

雨量の予想

 

今回の台風22号も雨量が心配されています。

関西地方は、28日から雨の予報になっていますね。

現在予想されている雨量は次の通りです。

29日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで九州南部で200ミリ、四国で150ミリ、近畿と東海、伊豆諸島で100ミリと予想されています。
その後も雨量は増える見込みで、29日朝から30日朝までの24時間に降る雨の量は伊豆諸島で100ミリから200ミリ、四国と近畿、東海で100ミリから150ミリと予想されています。

引用:NHK NEWS WEB*2017年10月28日(土)10時19分掲載【台風22号 沖縄本島暴風域に 土砂災害などに警戒】より

 

29日にかけて各地で激しい雨が降るおそれがあります。

直近の予報で、
29日の朝までに24時間に降る雨量は、
多いところで

・九州南部 200ミリ
・四国 150ミリ
・近畿・東海・伊豆諸島 100ミリ

と予想されています。

 

前回の台風21号は、
大雨の影響で、奈良県の大和川が氾濫し、
和歌山県では建物が1300棟も浸水しました。

 

今回も各地で、
24時間の雨量が100~200ミリほどと
予想されているので、

低い土地は、浸水する危険性がありますし、
川が氾濫することも考えられます。

これだけの量の雨が降り続く予報なので、
土砂災害にも警戒したいです。

 

台風21号が過ぎ去ったばかりですが、

今回の台風22号は、
長雨になる可能性もあるということですので、
十分に警戒した方が良さそうです。

今後の予報を注意してチェックしようと思います。

 

Sponsored Links

まとめ

 

10月は、週末は雨が多く、
イベントが中止になることが多かったのですが、

また28、29日は雨になり、
場合によっては強風になるので
注意が必要になりますね。

 

台風22号が過ぎ去ったあとは、
寒気が引き込まれ、週明けは気温が低くなります。

いよいよ冬の季節の到来ですね。
この週末に冬物衣類の準備をした方が良さそうです。

体調管理に努めたいですね。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★