鶴ひろみ(声優)の死因や病名は何?急死の原因や理由と亡くなった状況も

こんにちは。あこぽんです。

 

筆者が住んでいる地域は、
金曜日の午前中にアニメアンパンマンが
放送されています。

そのため、今日は子どものために
録画予約をして仕事をしていたら

急に悲しいニュースが入ってきました。

 

2017年11月16日(木)夜に
声優の鶴ひろみさんが首都高速上の
車内でお亡くなりになっているのが見つかりました。

 

もう急なことすぎて動揺しています。

大人からも、子どもからも
たくさんの人から愛されている鶴ひろみさん。

 

お亡くなりになった状況や
死因は何だったのでしょう?

くわしく状況を見て行きましょう。

 

Sponsored Links

鶴ひろみさんのプロフィール

 

本名:靏 ひろみ
愛称:鶴ちゃん、つるち(声優仲間から)
出生地:北海道
出身地:神奈川県
生年月日:1960年3月29日
年齢:57歳
血液型:O型
身長:160 cm
職業:声優、女優、ナレーター

 

鶴ひろみさんのことを知らない方は
いないのではないでしょうか。

 

言わずと知れた

・ドラゴンボールのブルマ役
・アンパンマンのドキンちゃん役
・きまぐれオレンジロードの鮎川まどか役‥

など、鶴ひろみさんの声って、
言われればすぐにイメージできる声なんですよね。

 

世界的に有名なドラゴンボールも
1986年からテレビ放送されているので、

もう30年以上も愛され続けている
長寿番組になるんですね。

 

筆者も物心ついたときから
ドラゴンボールもアンパンマンも観ており
大好きな番組の一つでした!

 

今では、我が家の子どもたちの世代も

アンパンマンやドラゴンボールを
見ているので、

自分が見ていたアニメで
子どもも同じように育っていくのが
なんだか不思議にも思えるんですよね。

 

どの時代でも良い作品は残っていくんですね!

 

そんなみんなから親しまれている
声優鶴ひろみさんですが、

芸能界に入ったのは、小学2年生のときで

お姉さんとともに劇団ひまわりへ
入団したのがきっかけでした。

 

それから小学生のときは、
『コメットさん』や『彩の女』などの
ドラマに出演したり、

はじめは子役女優さんだったんですね。

 

その後も
活動ジャンルは幅広く、

子どもの学習誌の表紙や
子供服のファッションショーなど、
モデルとしても活動されていました。

 

そんな鶴さんが声優デビューを果たしたのは、

自身が高校3年生のときの
1978年の世界名作劇場【ペリーヌ物語】で
オーディションに合格し、

主役ペリーを担当したのがきっかけでした。

 

その後の代表作は‥

・『おはようスパンク』キャット役
・『わが青春のアルカディア無限軌道SSX』レビ役

などいくつかの作品の声優を担当します。

 

そして1986年に同じく声優の
藤波圭一さんと結婚しますが離婚。

 

その後は、バラエティ番組や報道番組の
ナレーションの仕事が増え、

現在もナレーションの仕事がメインとなっていまいた。

 

Sponsored Links

お亡くなりになった経緯や死因について

 

2017年11月16日の
夜7時30分頃のことでした。

 

東京都中央区の首都高速都心環状線にて
ハザードランプを付けたまま停車していた車のなかに

シートベルトを付けたまま意識を失っている
鶴ひろみさんの姿が発見されます。

 

その後、病院へ救急搬送されましたが間に合わず、
お亡くなりになったことが確認されました。

 

年齢は57歳という若さです。

 

運転中の、しかも”高速道路”という場所での急な停車。

 

体調の急変によるものだと予想できますが、

所属する青二事務所によると

鶴ひろみさんの死因は、
大動脈解離との発表がありました。

 

大動脈解離と言うと、
お笑いの加藤茶さんが
同じご病気だったことでも有名ですね。

約10時間の大手術を経て、
今は元気に回復なさっています。

 

ニュースを見ていて思ったのが、

今回の鶴ひろみさんの発症したときの状況が
吉田沙保里さんのお父さんのときの状況に似ています。

吉田沙保里さんのお父さんは

くも膜下出血でしたが、

吉田沙保里さんのお父さんも同じように
高速道路を運転中に意識を失って

見つかったときには、
すでにもう手遅れの状況でした。

 

運転中にこういった病気を急性的に発症したときは、
どうしたら良いのでしょうか。

とても難しい問題ですね。

 

大動脈解離は発症時に
体じゅうに激痛が走ると言われていますが、

鶴ひろみさんはそんななか

冷静にハザードランプを点けて
車を路肩に寄せようとされたということで、

周りを気遣ったその精いっぱいの行動に
胸がいっぱいになりました。

 

もし私がそんな緊急事態に陥ったら、
おそらくそこまで冷静な判断はできないと思います。

 

周りのドライバーを気遣った素晴らしい対処に
ネット上でも、

 

声優仲間の佐久間レイさんも

「ハザードを付けていた と伺ったとき、鶴さんらしいと思いました。どんな状況でも最後までキッチリと周りへの迷惑を最小限に そんな想いがあったのではないでしょうか。‥」

 

鶴さんの人柄が出ている行動だったと
たくさんの方から称賛の声が。

 

そんな鶴ひろみさんが発症した大動脈解離は
どういったご病気なのでしょうか?

 

調べてみると‥

『大動脈解離』

大動脈解離(だいどうみゃくかいり)とは、3層構造を作っている大動脈のうち、何らかのきっかけで真ん中の層の膜(中膜)に血流が入り込み、層構造が別々に剥がれていく(解離してしまう)疾患。

引用:wikipedia*大動脈解離

 

心臓付近の血管疾患はとてもおそろしいです。

大動脈解離になると、
大動脈が弱くなり、最悪の場合破裂してしまうとのこと。

 

鶴さんは割と神経質で、
ストレスを溜めやすい性格だったとのことなので、
心臓に負担がかかっていたのでしょうか。

 

ちなみにニュースサイトによると、

鶴ひろみさんは11月13日に行われた
お仕事の収録時にはすでに具合が悪かったそうで、

この時点ですでに前兆が出ていたのかなと思いました。

 

以前に路上で、

虚血性心疾患で突然死なさった
お笑い芸人の前田健さんも、

お亡くなりになる前日に、
収録時に具合が悪かったんでしたよね。

やはり体は発症前に

なんらかのメッセージで知らせてくれているのですね。

なんだかもっと早くに気付くことができたなら‥
と悔やんでしまいます‥。

 

パン子さん
鶴さん。最後一人でさみしかっただろうな‥。

 

急すぎる死に世間が悲しみに暮れています。

 

Sponsored Links

世間の声は?

 

まとめ

 

急なこと過ぎて、まだ現実を受け止めることができません。

 

どうやって気持ちを整理したら良いのでしょう。。

子どもにも何て話したら良いのかな‥。

 

鶴ひろみさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★

3 件のコメント

  • 鶴ひろみさん、亡くなられたとき、胸が痛いとか、違和感なかったのかな?そのまま違和感、いつもと体がおかしいと、病院へ向かっていたら助かったかも知れない、顔色などもおかしかったはずやと思います、私なら、多分病院にいったと思います、

    • こんにちは。
      コメントをいただきありがとうございます。

      当日にご病気を発症なさったときの
      鶴さんの苦しさを考えたら胸が痛くなってしまいました‥。

      どんな想いで車を端に寄せたのでしょう。。
      57歳なんて早すぎますよね。

      我が家の子どもたちも
      アンパンマンもドラゴンボールも大好きです。

      もっともっと鶴さんの声を聞いていたかったと思うばかりですね。

    • 鶴ひろみさん、最後の行いを評価され、きっと極楽浄土していると思います動脈瘤異常で、車あそこまで、よく運べたなあ、鶴ひろみさんの執念だったのかな?私も含めて、鶴ひろみさんに何が起こったのかと、クリスマスアフレコ楽しみにしていたらしいですよ、アンパンマンの

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です