折原梨花(クレー射撃)身長体重や高校大学はどこ?両親や彼氏についても

こんにちは。あこぽんです。

クレー射撃という競技で
オリンピックを目指す期待の女子大生がいます。

その選手は折原梨花さんと言います!

 

とてもかわいい容姿からは想像もできない
射撃の腕前をお持ちで、

クレー射撃界では
今注目度NO、1の選手です。

 

そんな折原梨花さんの日常が
どんなかんじなのか気になっています。

ということで今日は

・折原梨花さんのプロフィール
・出身高校や大学について
・ご両親について
・彼氏の存在

以上のことを網羅的に調べて行こうと思います!

それでは手加減せずに行ってみましょう(笑)

 

Sponsored Links

クレー射撃ってどんな競技?

 

そもそもクレー射撃って
あまり聞き馴染みがない競技だったので
どういうものか調べてみました。

 

クレー射撃とは‥

【クレー射撃】

空中に飛んでくる直径15cmほどの『クレー』と呼ばれる素焼きの小さいお皿を 銃で撃ち落とす競技。

 

クレー射撃のなかでも

折原梨花さんが取り組むのはスキートと呼ばれる種目です。

 

スキートとは、

1番から8番の射台を順番に移動して、
左右の放出機から飛び出すクレーを撃ち落としていく。というもの。

 

1ラウンド25枚で
実際に撃ち落とした枚数で点数が決まり、

その点数をきそう競技です。

集中力と瞬発力が物を言いそうですね!

 

折原梨花さんのプロフィール

 

名前:折原 梨花
誕生日:1997年生まれ
年齢:20歳(2017年11月現在)
出身地:栃木県那須塩原市
出身高校:真岡北陵高校
大学:文星芸術大学
身長:150cm
体重:未公開

出身高校や大学など経歴について

 

栃木県那須塩原市で生まれ育った
折原梨花さん。

 

折原梨花さんがクレー射撃を始めたきっかけは、
以前からクレー射撃をやっていた父の影響からでした。

幼い頃から父の練習する姿を見て
憧れを抱いていたという梨花さん。

 

高校は県内でもライフル射撃部がある
真岡北陵高校へ進学します。

 

梨花さんは
本当はクレー射撃をもっと早くから
やりたかったそうですが、

日本は銃規制が厳しいため
18歳にならないとクレー射撃で使う
銃を持つことができません。

そんなことから真岡北稜高校のライフル射撃部で、
ビームライフル競技で標的を狙う練習を積むことにしたのだそう。

 

梨花さんは高校の射撃部で

競技生活を送るにあたっての
ある重要なことを学びました。

 

それは‥

”射撃は精神状態が左右されやすい競技”であること。

 

なぜそのことに気付いたかと言うと‥

当時進路について悩んでいた梨花さんは、

高校2年生秋から高校3年生の春頃まで
射撃の練習をしても、
思うように当たらない日々が続いたのだそう。

 

そこで頭の片隅にある悩み事が

精度を狂わせていたことに気付いたんですって。

 

パン子さん
スポーツって”心技体のバランスが必要不可欠”ってよく言うもんね!
くまきちくん
スポーツの出来に、心が左右しているなんて、考えるとなんだか不思議だな~

 

悩みながらも前に進む梨花さん。

 

地道な練習をコツコツ頑張って来たおかげもあってか

当時高校3年生で出場した長崎国体で
『少年女子ビームライフル立射』にて

”20発”と”40発”の2種目で見事優勝を勝ち取りました。

うち1種目では大会新記録を樹立するほどの
活躍ぶりを見せてくれたそう!

 

そんな梨花さんは、

高校卒業後に日本クレー射撃協会からの推薦で
特別に18歳でクレー射撃の免許を取得しました。

 

梨花さんは、クレー射撃を始めた頃から
協会からかなり期待されていたんですね!

 

クレー射撃免許を取得した梨花さんは、
高校時代の実績を買われ、

協会主催の強化合宿にも参加しました。

 

そこで先輩からアドバイスをもらった梨花さんは

試合当日はいつもより早起きをして
射撃の集中力を高めるように意識するようになったんですって。

 

そんな梨花さんが

本格的にクレー射撃を始めたのは
18歳からでした。

しかし高校からの土台もあり、

デビューからわずか2年後の

ジュニア国際大会で
優勝を飾るまでに成長するまでに!

 

しかも日本人初の優勝ということもあり
世界のクレー射撃界に衝撃を与えました。

 

ですが梨花さんは、
高校時代もビームライフル競技で
優勝経験がありましたし、

やはりもともと天性の素質があったのでしょうね!

 

この分野はやはり向き不向きがあると思いますし、

梨花さんは選ばれた人材だと思います!

 

 

Sponsored Links

父や母など家族はどんな人?

 

折原家は父 研二さん(44歳)・母・兄・梨花さんの4人家族です。

 

先ほどもお話した通り、

折原梨花さんがクレー射撃を始めたのは
父の研二さんの影響からでした。

 

子どもの頃から、
研二さんの練習する背中を見て育った梨花さんにとって
クレー射撃を始めることは自然なことだったと言います。

 

そんな研二さんはクレー射撃の現役選手で、

今までに日本選手権で8度も優勝した経験があるという
素晴らしい射撃センスを持つ選手。

大会に出るたびにトロフィーを持ち帰る父の姿に

梨花さんは憧れを抱いていたんですって!

 

そんな父に影響されて

クレー射撃の世界に入った梨花さんの

最大のライバルはお父さんなのだそうです。

 

競技上のパートナーであり、
ライバルでもあり、
目標でもあるお父さんの存在って

梨花さんのなかでとても大きいものなんだと感じますよね。

 

そんな梨花さんに射撃をさせたのは
研二さんのこんな想いがあったからだそうです。

『もっと早く射撃を始めれば良かった‥。』

 

何か年齢を感じることがあるのでしょうか??

この後悔が梨花さんを射撃界に入れる後押しにもなったんですって。

 

現在は週3回ほど那須国際射撃場で
一緒に練習を行う研二さんと梨花さん。

射撃の練習を行うときは
いつも梨花さんはお父さんのあとに撃ちます。

研二さんのきれいなフォームから繰り出される
命中率の高い射撃を見ることが
最高のイメージトレーニングに繋がっているのだとか。

 

パン子さん
イメージトレーニングってスポーツの世界でとても重要なのよね。
くまきちくん
ずっと良いイメージを持つことで、ある日できなかったプレーが、いつの間にかできるようになったりするんだって!

 

梨花さんも父研二さんと射台に立つ方が
自信を持つことができるんですって。

父子の絆がとても深いですね!

 

そんな梨花さんの目標は
”親子で東京五輪に出場すること”を掲げ
日々練習に取り組んでいます。

 

くまきちくん
いつか親子対決が実現するのかな?

 

彼氏がいるのか気になる!

 

彼氏さんの存在を探るべく
折原梨花さんのSNSに訪れてみました。

 

一通り見てみましたが、

射撃の練習風景や
世界や全国各地へ遠征した画像

おいしいものを食べた画像

スマホでポケモン系のゲームをしている画像だったり‥と

色々ありましたが、

日常生活は主に射撃のことで占められていて、
そこに男性のかげは見当たりませんでした。

 

というか、一般に公開しているSNSなので
当然と言えばとうぜんですね(^^;)

 

今現在の梨花さんは、
クレー射撃の練習する日々を楽しんでおられますよね。

練習が忙しそうな感じもしますが、

しかし、こんなにかわいい年頃の女の子を
誰も放っておかないような気もするし‥。。

 

ということで彼氏さんの存在については
いるようないないような‥

なんだか微妙な判定です(笑)

 

もし彼氏がいたらそれはそれで応援したいですね^^

 

Sponsored Links

まとめ

 

研二さん自身も
まだオリンピック出場経験がないそうで、

お互いを意識しながら
技術を高め合って行きたいと考えているんですって。

 

最高の練習環境ですし、
今後2人でオリンピック出場は
本当に夢ではないかもしれませんね!

実現しそうです^^

 

オリンピックに出場して親子でメダルを獲って欲しいですね!

お2人の今後の活躍に期待したいと思います。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★