多度大社2018初詣の屋台や駐車場の場所はどこ?混雑する時間帯も

こんにちは。

なんとか30日に自宅の
ほとんどの大掃除が終わり、

安心している あこぽんです!

 

エアコンフィルターの掃除や、
窓ふきなど子どもたちも総出で
手伝ってくれて、なんとか大晦日を迎えれそうです。

 

さて、もう間もなく年越しですが、

三重県の初詣と言ったら
上げ馬神事でも有名な多度大社がありますね。

 

三重県内では、伊勢神宮、二見興玉神社、椿大神社に
次いで4番目に参拝者数の多い神社なんですって。

初詣客の数はなんと40万人!

 

そのご利益にあやかりたい!ということで、
今日は多度大社の初詣について調べてみようと思います。

 

・多度大社初詣の混雑状況
・駐車場の場所
・屋台情報

以上のことを見て行きましょう!

 
【関連記事】
椿大神社2018初詣の混雑状況や駐車場までの渋滞はどれくらい?屋台情報も

Sponsored Links

多度大社とはどんな神社?神様は誰が祀られているの?

 

多度大社は、5世紀後半の
推略天皇の御代に御社殿が創建されました。

主祭神は、天津彦根命(天照大神の第3子)です。

 

天津彦根命が天照大神の子どもであることや、
参詣のための街道沿いになることから

伊勢神宮とのつながりが深い神社です。

 

そんなことから多度大社は、
北伊勢大神宮・多度大神宮などとも言われています。

 

また、全国的にも有名な
上げ馬神事は、多度在住の若者が騎手となり、

境内の2メートル以上もある
絶壁を馬と共に駆け上がることでも有名です。

上がり切った人馬の数で、
その年の作物の豊凶を占います。

 

筆者は多度に知り合いがいるのですが、
その人の話によると‥

騎手に選ばれる若者は、

騎手の練習に入ると決まったら、

家族とは別々で暮らすことになり、
その環境下で心身を清めるのだそうです。

 

しかも、

少年とは別々で暮らす実家の
食器棚のお皿類は、

全て新しいものに新調しなくてはいけない決まりがあるそうなのです!

 

古くからそういった決まりがあることから、
騎手になるのは、とてもお金がかかることなのだそうです。

 

くまきちくん
選ばれし少年が騎手になれるんだね。

そういうことなのですね!

 

 

さて、本題に戻って、
多度大社の初詣の楽しみと言ったら、

豪華賞品が当たる福みくじですよね。

 

運試しのくじとは別物で
300円を払ってくじを引くのですが、

お菓子や食料品、
日用品などの商品が当たるんです!

 

なかにはハンドミキサーなどの
電化製品が当たる人も(笑)

 

筆者は、レトルトの味噌汁や
箸なんかを過去に引き当てました‥(笑)

新年早々、この企画なかなかユニークですよね!?

 

こういった試みをしている神社って
なかなか珍しいのではないでしょうか!?

福みくじを楽しみにしている
参拝者の方も結構いらっしゃりそうです^^

 

そんな多度大社の初詣の日程はこちら。

12月31日 午後3時~大祓式

1月1日 午前0時~新春開運初神楽

1月1日~8日 延命甘酒授与(150円)、新春恒例福みくじ(300円) 

 

元日は、
日付が変わって午前0時から
多度大社の神楽殿で新春開運初神楽という

1年間の開運、家内安全、商売繁盛、厄除けのご祈祷が
行われます。

 

0時ぴったりに始まる一番神楽
事前に予約が必要です。

ご希望の方は一度、ご確認ください。

多度大社公式HP

 

Sponsored Links

例年の混雑状況や駐車場の場所について

 

昇り階段の角度が急である多度大社。

その階段も人で混雑すると、
さらに圧迫感をかんじます。

 

三重県で4番目に参拝者が多い
神社ということで、

やはりお正月三が日の混雑は
まぬがれることができそうにありません汗

 

 

 

駐車場の場所ですが、
お正月三が日は臨時駐車場が用意されます。

 

出典:多度大社公式HP

 

①と②が一番多度大社に近い駐車場になります。

 

①~⑧は有料駐車場ですが、多度大社に比較的近い場所です。

 

しかし、やはり初詣ということもあり、

少しでも出遅れると⑨か⑩に停めることになります汗

そして、長い下り坂を歩くことに!

 

地元民の意見としては、

お正月は近い駐車場はあきらめた方が良いような気がします。

本当に停めれません。。

 

腹をくくって歩きましょう!

 

Sponsored Links

屋台情報

 

多度大社の初詣は屋台が豪華なことでも
知られていますよね。

過去に一回食べてヤミつきになった
食べ物がありました。

 

それは‥
たませんなんです。

 

たませんはなんぞや?
というと‥

「たこせんべい」または「えびせんべい」を鉄板の上で焼き、お好み焼き用のソースを塗る。鉄板で黄身を潰した目玉焼きまたはスクランブルエッグを作り、せんべいの上に乗せマヨネーズをかけ二つに折って完成。

引用:Wikipedia*玉せん

 

いわゆる、たこせんべいに
目玉焼きがサンドされているという

なんとも見た目がユニークな
食べ物なんです!

 

よく名古屋で食べられているようですが、

こちらの屋台では毎回は
見かけないメニューなんです。

 

初めて見たとき衝撃だったんですけど、
食べてみたら本当においしくて
もう止まらない(笑)

最高においしいんです!

 

もちろん、他にもたくさんの
屋台が出店されており、

たこ焼き、豚汁、焼きそば、イカ焼き、
からあげ‥

『屋台』と聞いて思いつくものは
だいたい出店されています。

 

多度大社の初詣の屋台について
ツイッターを見ていたら
こんなツイートを発見。

 

 

1月5日も屋台が出ていたのですね。

 

全店ではないでしょうけど、
2018年1月1日は月曜日スタートなので

7日の日曜日くらいまでは
屋台が出店されているかもしれませんね。

 

まとめ

 

お正月3が日は混雑が決定してますし、
いつ行くか迷ってしまいますね。

屋台に行きたいなら
早めの方が良さそうですし、

でも早すぎると人ごみが大変だし‥

どうするか迷います。

ということで記事をまとめると

・お正月期間は、遠い駐車場になる可能性が高いので、防寒対策をしっかりしてお出かけ下さい。

・混雑する時間帯は、正月三が日の午後からなので、午前中の方が混雑が避けられそう。

・屋台はおそらく1月7日までやっているのでは!?

以上になります。

2018年も良い1年になりますように!

【関連記事】
椿大神社2018初詣の混雑状況や駐車場までの渋滞はどれくらい?屋台情報も

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★