台風7号2018山口県上陸はいつの何時頃?進路と通過時間や雨量も

こんにちは。あこぽんです。

今年も早くも7月に入り、
本格的な夏がやってきましたね!

我が家では夫が外仕事ですし、

小学生の子どもは片道2km超の通学路を
歩いていくので、熱中症対策に余念がありません。

2Lの水筒を持参して
首の冷却材を巻いていったりしています。

 

皆さんも暑さにやられないよう
水分をたくさん摂って下さいね。

 

さて、現在九州地方に台風7号が接近していますね。

今回の台風は、九州北部地方を通過したあと、
日本列島の日本海側を進む進路が予想されています。

 

台風7号が、山口県に上陸するのは
何日の何時ごろになるのでしょうか?

通勤、通学の時間帯に被らないかも気になりますよね。

そこで今回は、

・台風7号の勢力や進路について
・山口県に上陸するのはいつ頃なのか
・雨量の予想

これらについて、現時点で分かっている情報をまとめました。

それでは見ていきましょう!

Sponsored Links

台風7号の強さや進路について

気象庁の発表によりますと、強い台風7号は、2日午後4時には鹿児島県の奄美大島の西230キロの海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間、台風に近い鹿児島県の奄美地方では風や雨が強まり、午後1時すぎには、鹿児島県の徳之島の天城町で27.8メートルの最大瞬間風速を観測しました。

引用:2018年7月2日(月)午後4時6分掲載*NHK NEWS WEB【台風7号 奄美大島の西を北上 あすにかけ九州接近へ】より

 

7月2日午後4時現在、
台風7号は鹿児島県の奄美大島の西の海上を北上しています。

台風は3日にかけて九州に近づき、
今夜から非常に激しい雨が降る恐れがあります。

台風7号の中心気圧は965ヘクトパスカル で、

中心付近の最大風速は35メートル最大瞬間風速は50メートル以上の暴風が吹いています。

 

本島に近づくにつれ、台風の勢力が増してきていますね。

 

沖縄ではあと数時間ほど、
奄美地方では今夜遅くにかけて
非常に強い風が吹く見込みとなっています。

最大風速が沖縄本島地方では23メートル
最大瞬間風速は35メートルに達する予報です。

 

ちなみに、風速30メートルがどれほどの威力か調べてみると‥

”雨戸または屋根が飛ばされることがあり、しっかりしていない家が倒れる。

また、電柱が倒れることがある”くらいの風の強さになります。

(参考:いさぼうネット

 

自宅のお庭やベランダにある物は片づけて、
しっかり雨戸を閉め、風雨の対策を
しっかり行い注意して下さい。

 

Sponsored Links

山口県には何日の何時頃に接近する?

 

台風7号の予想進路図を見てみると、
山口県に接近するのは、

7月3日の夕方~夜頃となりそうですね。

 

現在の予報では、台風7号が進路予想図の通りに進めば、
奄美地方と九州の海上では大しけになる見込みです。

 

中国地方は7月2日から週末までの1週間は
お天気はずっとくもりと雨との予報で、

最高気温が25~30度となるため、
湿度が高くムシムシとした毎日になりそうです。

 

全国的に学校などでプール開きが始まっていますが、

しばらくの間は天気が不安定なため、
子どもたちのプールは当分の間おあずけとなりそうですね^^;

 

昨年に大きな被害をもたらした九州北部豪雨では、
大雨の影響で地滑りが発生し、
土砂災害で多くの方が被災されました。

台風がこのままの進路で進むと、
山口県全域でも同じような被害をもたらすおそれがありますし、

いざというときのために、避難の備えは
充分に行っていた方が良さそうです。

 

これから台風シーズンの到来ですし、
しっかり防災グッズを準備しておきたいものです。

 

 

雨はどれくらい降るの?雨量の予想は?

 

今回の台風7号も雨量が心配されています。

中国地方は、3日のお昼頃から雨が強くなる予報が出ています。

 

現在予想されている雨量は次の通りです。

3日の昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで九州南部で300ミリ、九州北部と四国で200ミリと予想されています。

その後も雨は降り続き、3日の昼から4日の昼までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多いところで四国で300ミリから400ミリ、九州北部と中国地方で100ミリから200ミリ、九州南部で50ミリから100ミリと大雨になるおそれがあります。

引用:2018年7月2日(月)午後4時6分掲載*NHK NEWS WEB【台風7号 奄美大島の西を北上 あすにかけ九州接近へ】より

 

4日にかけて各地で激しい雨が降るおそれがあります。

直近の予報で
3日お昼~4日昼までに24時間に降る雨量は、
多いところで

・中国地方地方 100~200ミリ

と予想されています。

 

Sponsored Links

 

ちょうど1年前の九州北部の豪雨では
築後川が氾濫し、土砂崩れが発生しました。

各道路や建物内にも流木が流れ着き、
土砂災害の影響で集落や村が孤立状態に陥りました。

 

中国地方の4日お昼までの
24時間の雨量は、100~200ミリほどになると
予想されていますが、

今後の予報で、雨量の予想は変わってくるかもしれませんね。

 

場合によっては低い土地は、

浸水に対する備えが必要になるかもしれませんし、

川の氾濫に注意しなくてはいけなくなるかもしれません。

 

短時間で大量の雨が降り続く予報なので、
土砂災害にも警戒する必要がありますね。

長雨になる可能性もあるということですので、
今後の予報をチェックして十分に注意して下さい。

Sponsored Links

Sponsored Links