台風21号2018岡山上陸はいつの何時頃?進路や通過時間と雨量の予報は?

こんにちは。あこぽんです。

いよいよ9月に入って新学期がスタートし、
3日から子どもは元気に学校へ出かけていますが、
あいにくの台風到来です。

非常に強い勢力の台風として警戒される台風21号
間もなく本島に上陸しようとしています。
筆者は東海地方在住ですが、
4日は小学校の休校が決定したとのこと!

くまきちくん
学校始まったばかりなのにね~

そう嘆いている親御さんも多そうですね。

 

さて、今回の台風は”今年最強”と言われるほど
非常に強い勢力の台風と言われており、

このままの状態で本島に上陸すれば、
25年ぶりの勢力となるそうです。

強風の影響で走行中のトラックが横倒しになったり、
大規模な停電が予想されているので注意が必要です。

 

パン子さん
大型ではなくコンパクトな台風だけど、勢力がものすごいみたいよ!
くまきちくん
しっかり用心しないと、ケガするだけでなくて命の危険もありそうだ。

 

そして台風の接近により、仕事の通勤時間帯に被らないかも心配ですよね。

 

そこで今回の記事では、台風21号の進路について見て行こうと思います。

・台風21号の勢力や進路について
・岡山に上陸するのはいつ頃なのか
・雨量の予想

これらについて、現時点で分かっている情報をまとめました。

それでは見ていきましょう!

Sponsored Links

台風21号の強さや進路について

気象庁の観測によりますと、非常に強い台風21号は、3日午前9時には沖縄県の南大東島の東北東220キロの海上を1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心の東側170キロ以内と西側130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

引用:2018年9月3日(月)午後12時10分掲載*NHK NEWS WEB【台風21号 非常に強い勢力のまま あす上陸か 早めの備えを】より

 

9月3日午後12時現在、
台風21号は沖縄県の東の海上を北上しています。

台風は4日にかけて四国や東海に近づき、

中国地方は4日正午頃にもっとも接近する予報です。

 

台風21号の中心気圧は940ヘクトパスカル で、

中心付近の最大風速は45メートル最大瞬間風速は65メートル以上の暴風が吹いています。

 

現在の台風21号は時速20キロほどで
自転車ほどのノロノロ速度ですが

本島に上陸してから速度を上げ、
5日の朝に北海道付近まで一気に進む予報です。

 

台風がどの進路を辿るかまだはっきり分かりませんが、

いずれの進路を進んでも
岡山県は台風が直撃する地域となるため
厳重な注意が必要となります。

 

ちなみに、風速40メートル超がどれほどの威力か調べてみると‥

”身体を45度に傾けないと倒れる。小石が飛ぶ。”
(参考:いさぼうネット

これほどの風速になります。

 

自宅のお庭やベランダにある物は片づけて、
しっかり雨戸を閉め、風雨の対策をしっかり行って注意して下さい。

 

Sponsored Links

岡山県にはいつの何時頃に接近する?

 

台風21号の予想進路図を見てみると、

岡山県にもっとも接近するのは7月4日の正午頃になります。

 

現在の予報では台風21号が進路予想図の通りに進むと、

瀬戸内海は波の高さが11メートル
猛烈なしけが予想されます。

 

気象庁発表の広島県の週間天気予報を見ると、

9月4日に台風が過ぎ去ったあとは
5、6日に一時的に晴れ間がのぞくものの、

週末はずっとくもりと雨の予報です。

また最高気温が29~34度となるため、
湿度が高くムシムシとした毎日になりそうですね。

 

9月に入り、外の暑さも少しずつ和らいできていますが、
まだまだ熱中症の危険性もありますし、
引き続き注意が必要ですね。

とくに夏休みだった子どもたちは、
この夏の暑さのせいでエアコンが効いた部屋に
いる機会が多かったのではないでしょうか。

久しぶりの通学になるので登下校時には、
とくに注意をさせたいものです。

 

そんな今年はとくに異常気象と言われるほどの暑さと、
豪雨の影響で土砂崩れや川の氾濫が各地で起こりました。

 

2018年7月の西日本豪雨では
広島県は大規模土砂崩れや浸水による被害が相次ぎ、
住宅の被害は3万8千棟に及びました。

 

今回の台風でも避難情報をしっかりチェックしていただきたいと思います。

今後も台風上陸時に慌てなくても良いように
しっかり防災グッズを準備しておきたいものですね。

 

 

雨はどれくらい降るの?雨量の予想は?

 

今回の台風21号は、
非常に勢力が強い台風ということでも雨量が心配されています。

中国地方がもっとも大雨の警戒が必要な時間帯は、
4日午前中からです。

 

現在予想されている雨量は次の通りです。

5日朝までの24時間に中国地方で100ミリ~150ミリと予想されており、ところによっては激しい雨が降るおそれがあります。

 

現時点での天気予報では、

四国、近畿、東海地方を中心に

短時間でまとまった雨が降る予想となっていますので、

中国地方でも警戒が必要となります。

 

おそらく4日は暴風警報が発令されて、
学校や幼稚園などはお休みとなる可能性が高そうですね。

 

Sponsored Links

 

2018年7月の西日本豪雨では
安芸郡坂町小屋浦で土石流が砂防ダムを破壊し、
大量の土砂が住宅を襲う事故が発生しました。

呉市では道路が寸断され、JR呉線も不通となり
孤立状態になるという甚大な被害となっています。

 

今回も台風が接近してから5日朝までに多いところで

中国地方では100~150ミリの雨量が予想されているので、
念のため十分に注意した方が良さそうです。

今後の気象ニュースをチェックして身の安全を確保して下さい。

Sponsored Links

Sponsored Links