世界バレー2018女子の放送予定時間と日程は?出場メンバーと組み合わせも

こんにちは。あこぽんです。

4年に一度のバレーボール世界一決定戦が
ついに開幕しますね!

日本での開催は2010年以来8年ぶりとなり、
大きく注目が集まっています。

 

前々回の2010年大会では、
日本はロシア、ブラジルに次いで3位となり
銅メダルを獲得して大きな感動を呼びましたよね。

今回は自国開催になるので、
会場中の声援をパワーに変えて全力で戦って欲しいです!

 

さて、今大会の参加国や組み合わせは、どうなっているのでしょうか?

テレビ放送の時間や出場選手についても気になっています。

 

そこで今回は、2018年女子バレーボール世界選手権の
開催概要についてまとめていこうと思います!

それでは見て行きましょう。

 

Sponsored Links

2018年女子バレーボール世界選手権の開催概要

 

今回の大会開催国は日本です。

大会は、9月29日(土)~10月20日(土)の約3週間の期間で行われます。

《1次ラウンド》
9月29日(土)~10月4日(木)‥横浜、札幌、神戸、浜松

《2次ラウンド》※
10月7日(日)~11日(木)‥名古屋、大阪

《3次ラウンド》※
10月14日(日)~10月16日(火)‥名古屋

《ファイナルラウンド》※
10月19日(金)~10月20日(土)‥横浜

※勝ち進んだ場合のみ参加。

 

参加国はどこ?

 

今大会は全24チームでの戦いになります。

↓※国名の右横の()は、現在の世界ランキングです。

プールA

・アルゼンチン(11)
・ドイツ(13)
・オランダ(8)
・メキシコ(26)
・日本(6)
・カメルーン(18)
プールB

・ブルガリア(17)
・イタリア(7)
・トルコ(12)
・カナダ(19)
・キューバ(25)
・中国(1)

プールC

・アゼルバイジャン(24)
・ロシア(5)
・トリニダード・トバゴ(34)
・アメリカ(2)
・韓国(10)
・タイ(16)

プールD

・ブラジル(4)
・セルビア(3)
・ドミニカ共和国(9)
・プエルトリコ(13)
・カザフスタン(21)
・ケニア(33)

 

今回は参加国24チームを4つに分け、
そのなかで総当たりのリーグ戦を行います。

そして、それぞれのグループのなかで

上位4チームが2次ラウンドに進みます。

 

日本はプールAとなりましたが、
他のグループに比べると戦いやすそうな印象を受けますね。

 

‥とは言っても、日本の2戦目の相手となるオランダチームは、

前回のリオ五輪でオランダを
初のベスト4入りに大きく貢献した
オポジットのスローティエス選手が出場しますし、

2018年5月に行われたネーションズカップでは、
日本チームはオランダに3-0のストレート負けしているので
今回も気持ちを引き締めて試合に臨まないといけませんね。

 

そして今大会、激戦となりそうなのがプールCですね。

プールCには、世界王者常連のロシアとアメリカがいますし、

プールDにはバレー強豪国として歴史のあるブラジルと、
セルビアが熱い戦いを繰り広げてくれそうですよね。

 

日本は、直近に行われたアジア大会で4位だった
悔しさをすべてコートにぶつけて戦って欲しいと思います!

 

Sponsored Links

日本戦の放送日時とスケジュールについて

 

今回の世界バレーはTBS系列で独占放送になります。

初日9月29日(土)午後4:00~4:54には、
試合直前特集が放送されます。

『2018世界バレー開幕!~決戦3時間前SP』

ケガから復帰した長岡望悠選手の特集や、
注目選手のピックアップなども放送されると思いますので
注目しましょう!

 

それではテレビ放送の日程を見て行きます。

 

【1次ラウンド】横浜アリーナ

9/29 開幕直前SP 午後4:00~   4:54 地上波
9/29 日本VSアルゼンチン 午後7:00~   9:00 地上波
9/30 日本VSオランダ 午後7:00~   9:00 地上波
10/1 日本VSメキシコ 午後7:00~   9:00 地上波
10/2 ハイライト 午後11:00~   11:54 BS-TBS
10/3 日本VSカメルーン 午後7:00~   9:00 地上波
10/4 日本VSドイツ 午後7:00~   9:00 地上波
10/5 ハイライト 午後11:00~   11:54 BS-TBS
10/6 ハイライト 午後4:00~   4:54 BS-TBS

【2次ラウンド】日本ガイシホール

10/7 日本戦① 午後7:00~    9:00 地上波
10/8 日本戦② 午後7:00~    9:00 地上波
10/9 ハイライト 午後11:00~ 11:54 BS-TBS
10/10 日本戦③ 午後7:00~    9:00 地上波
10/11 日本戦④ 午後7:00~    9:00 地上波
10/12 ハイライト 午後11:00~  11:54 BS-TBS
10/13 ハイライト 午後11:00~  11:54 BS-TBS

【3次ラウンド】日本ガイシホール

※第3次ラウンド以降は、日本進出時になります。

10/14 日本戦① 午後7:00~ 9:00 地上波
10/15 日本戦② 午後7:00~ 9:00 地上波
10/16 ハイライト 午後11:00~ 12:00 BS-TBS
10/18 ハイライト 午後11:00~ 11:54 BS-TBS

【ファイナルラウンド】横浜アリーナ

10/19 準決勝/5位決定戦※日本戦のみ 午後7:00~ 8:57 地上波
10/20 決勝戦/3位決定戦※日本戦のみ 午後7:00~ 9:00 地上波

 

Sponsored Links

全日本女子代表の出場選手は誰?

今大会にエントリーされている選手をご紹介します。

 

長岡 望悠(ながおか みゆ)

生年月日:1991年7月25日
年齢:27歳
身長:179cm
ポジション:オポジット(スーパーエース)
出身校:東九州龍谷高校
所属:久光製薬スプリングス→イモコ・バレー・コネリャーノ(イタリア)

 

古賀 紗理那(こが さりな)

生年月日:1996年5月21日
年齢:22歳
身長:180cm
ポジション:ウイングスパイカー
出身校:熊本信愛女学院高校
所属:NECレッドロケッツ

 

岩坂 名奈(いわさか なな)

生年月日:1990年7月3日
年齢:28歳
身長:187cm
ポジション:ミドルブロッカー
出身校:東九州龍谷高校
所属:久光製薬スプリングス

 

新鍋 理沙(しんなべ りさ)

生年月日:1990年7月11日
年齢:28歳
身長:173cm
ポジション:ウイングスパイカー
出身校:鹿屋中央高校
所属:久光製薬スプリングス

 

荒木 絵里香(あらき えりか)

生年月日:1984年8月3日
年齢:34歳
身長:186cm
ポジション:ミドルブロッカー
出身校:下北沢成徳高校
所属:トヨタ車体クインシーズ

 

石井 優希(いしい ゆき)

生年月日:1991年5月8日
年齢:27歳
身長:180cm
ポジション:ウイングスパイカー
出身校:就実高校
所属:久光製薬スプリングス

 

島村 春世(しまむら はるよ)

生年月日:1992年3月4日
年齢:26歳
身長:182cm
ポジション:ミドルブロッカー
出身校:川崎市立橘高校
所属:NECレッドロケッツ

 

冨永 こよみ

生年月日:1989年5月1日
年齢:29歳
身長:175cm
ポジション:セッター
出身校:下北沢成徳高校
所属:埼玉上尾メディックス

 

鍋谷 友理枝(なべや ゆりえ)

生年月日:1993年12月15日
年齢:24歳
身長:176cm
ポジション:ウイングスパイカー
出身校:東九州龍谷高校
所属:デンソーエアリービーズ

 

佐藤 美弥(さとう みや)

生年月日:1990年3月7日
年齢:28歳
身長:175cm
ポジション:セッター
出身校:聖霊女子短大付属高校
所属:日立リヴァーレ

 

奥村 麻依(おくむら まい)

生年月日:1990年10月31日
年齢:27歳
身長:177cm
ポジション:ミドルブロッカー
出身校:誠英高校→嘉悦大学
所属:ナコンラチャマシ

 

井上 琴絵(いのうえ ことえ)

生年月日:1990年3月4日
年齢:28歳
身長:162cm
ポジション:リベロ
出身校:京都橘高校
所属:CMSブカレスト

 

小幡 真子(こばた まこ)

生年月日:1992年8月15日
年齢:26歳
身長:164cm
ポジション:リベロ
出身校:九州文化学園高校→日本体育大学
所属:JTマーヴェラス

 

黒後 愛(くろご あい)

生年月日:1998年6月14日
年齢:20歳
身長:180cm
ポジション:ウイングスパイカー
出身校:下北沢成徳高校
所属:東レアローズ

 

田代 佳奈美(たしろ かなみ)

生年月日:1991年3月25日
年齢:27歳
身長:173cm
ポジション:セッター
出身校:古川学園高校
所属:CSMブカレスト

 

全15名ですが、エントリーは14名になるそうなので、
誰か一人がメンバーから外れる可能性が高そうです。

 

まとめ

 

2018年8月に行われたアジア大会では4位に終わった日本チーム。

その悔しさを今回の世界バレーに全力でぶつけて欲しいですよね!

 

いよいよ2020年の
オリンピック開幕まであと2年を切り、
ここでいかに世界にチャレンジしていけるか
注目が集まりそうです。

Sponsored Links

Sponsored Links