トンデミ桑名で遊んで来ました!アスレチックの感想と画像を紹介!

こんにちは。

三重県桑名市に初オープンした

屋内型アスレチック施設の
スペースアスレチック トンデミ桑名。

体感型の遊びを世界中から集めた
体汗エンターテイメントセンター”ということで、

年齢問わずたくさんの方から人気を集めていますよね!
以前、子どもとトンデミ桑名店の
キッズエリアに遊びに行ってきたのですが、

そのときにスポーツエンタメエリアも覗いてきたので、
今回はその様子をご紹介しようと思います。

・スポーツエンタメエリアのアクテビティ紹介
・施設を見てみた感想

これらについてまとめていきます。

それでは見ていきましょう!

 

※写真撮影&ブログ掲載については、店員さんに快諾していただいています。

ありがとうございました!

 

Sponsored Links

スポーツエンタメエリアとはどこ?

フリーパス料金を支払うと遊べる
スポーツエンタメエリアは、

地図上の赤枠内の全6か所になります。

  • トランポリン
  • スポーツアトラクション
  • クライミングウォール
  • ロープウォーク
  • エアーラン
  • ペダルカート

それぞれのエリアで遊ぶには、条件があります。

 

対象年齢&身長体重制限は?

スポーツエンタメエリアは年齢制限はなく
子どもでも遊べますが、

身長と体重に制限があります。

身長‥110cm以上
体重‥20~120kgまで

子どもの平均身長&体重のデータで見ると、

だいたい5~6歳くらいのお子さんから
遊べることになりそうです。

くまきちくん
もちろん大人も遊べるエリアです。

 

エリアのアクティビティを全て見て思ったのは、

くまきちくん
これ、子どもも遊べるの!?

というくらい、立派なアクティビティが勢ぞろいしていました。

小さいお子さんが行って
すべて網羅できるかは分かりませんが、
遊びごたえは断然キッズエリアの上を行くと思います。

 

それでは、アクティビティを入場口から近い順に見ていきます!

 

トンデミ全アスレチックの一覧

ペダルカートエリア

4輪車のペダルカートが体験できるエリアです。

カートはペダルを漕ぐことで動き、
ハンドル操作もかんたんなため、
親子や子ども同士でも盛り上がれます。

くまきちくん
CMでは、子どもが運転していたよね!
パン子さん
ハンドルが付いてるから、車好きなお子さんは喜ぶかも。

とくにお子さんから大人気なアクティビティになりそうですね!

どうも親目線な感想になってしまってすみません^^;

 

トランポリンエリア

トンデミオリジナルソックス遊びます。

全19面、約80坪のトランポリンエリアに
様々なゾーンが設けられ、

トランポリンの楽しさを
最大限に体感できるアクティビティです!

くまきちくん
三重県最大級と言われているトランポリンなんだよね!

 

自由にジャンプが楽しめるフリーゾーンがこちら。

 

そして、高さの違う2種類のゴールで、子どもから大人までダンクシュートを体験できる、ダンクゾーン。

 

クライミングウォールエリア

最大6メートルの高さのウォールを登っていくアクティビティです。

難易度のちがう9種類12コースが設置されています。

 

プレイヤーは、減速装置付きのロープとヘルメットを装着し、
安全にクライミングを楽しむことができます。

 

デザイン性が高くて、カラフルなウォールクライミングエリアですね!

なんと!クライミングウォールは、
東海地方初のブルガリアの『WALL TOPIA社製のFUNWALLS』が導入されているそうです。

 

ウォールは、右からサーキットボード、ラビリンス、クライム ザ ファサード、ギアヘッド、スピードコンベンション(左の2つ)になります。

このウォールは難易度順に並んでおり、向かって右側が一番カンタンで、左に進むごとに難しくなっていきます。

そして、左の2つはタイムが計れるようになっています。

 

スタッフさんが挑戦するところを見学させてもらうと‥

右側のウォールは手をかけるホールドの形と向きが一定なのに対して、

左側のタイムが計測できるウォールは、ホールドの向きがバラバラで間隔も広いですね。

短時間でのぼるには、かなり練習が必要になりそうですね!

くまきちくん
真ん中らへんにある歯車風のホールドも気になる!クルクル回っちゃうの!?
パン子さん
あ~!見てたら、手汗かいてきた!

スピードコンベンションは、2人でタイムを競うこともできます。

 

ビーンストーク

パン子さん
ジャックと豆の木みたいね(笑)

こちらもワイヤーにぶら下がりながら、上まで登っていくアクティビティですね。

画像を見てお分かりいただけるように、かなり高さがあります!

 

クレートチャレンジ

ふわふわのブロックの上を登っていきます。

 

実際にスタッフさんがチャレンジしているところを
見せてもらいました。

バランスを取りながら、上まで登って‥

 

わっ!!

バランスを崩してもロープが支えてくれるので大丈夫♪

ブロックを自分で積み上げれるので、
高さも自由自在な様子です。

お子さんも自由にチャンレジできそうですね。

 

スカイスクレイパー ウォーク

右側の黒と黄色のビル

こちらは、先ほどのふわふわブロックよりも高さが出ました。

度胸が試されそうですね‥!

 

ロープウォークエリア

高さ3.5m、全長78mの高所をロープで渡るスリルを
安全に体験できるエリアです。

高所のロープの上を前進して、コースクリアを目指すアクティビティです。

難易度の異なる13種類のアクティビティが体験できます。

 

下駄箱が設置されており、シューズがレンタルできます。

 

ちょうどスタッフさんが体験しているところでした。

上空でロープウォークにトライしているのを見たら
思わず息を飲んで自分まで静止してしまいました(笑)

隣で一緒に見ている子どもに

「静かに!」

って言ったりして^^;

命綱が付いていると分かっていても
ドキドキする瞬間ですよね。

某世界映像番組の崖っぷちの綱渡りを見ているような気分!

 

子どもさんの場合は集中力や
バランス感覚も養われそうですが、

小さいお子さんは怖がるかもしれませんね~

 

エアーランエリア

トンデミオリジナルソックスを履いて遊びます。

全長72mのロングコースのエアーでできた
ビッグスライダーです。

障害物をよじ登ったり、くぐったり、飛び越えたり、
なぎ倒したり‥
といろんな方法で
ゴールを目指していくアクティビティです。

 

なんと!最後の滑り台は高さ6mで迫力満点の滑り台です!

 

大人用のふわふわ遊具みたいな位置付けかもしれませんね^^

パン子ママ
家族でイベントに遊びに行ったとき、
いつも子どもがふわふわ遊具であそんでいて、
うらやましかったのよ(笑)

こちらは大人だけでなく、
きっとお子さんからウケが良さそうな気がしますね!

目玉遊具の一つですね!

 

スポーツアトラクションエリア

バスケ、ドッジボール、ボーリングなど、
いくつものスポーツアトラクションが揃っています。

こちらでもシューズが借りれます。

 

ターゲットボール

タイムリミットボール

ディスクスロー

ディスクをゴールに向かって投げ入れて遊びます。

投げたディスクは取りに行って、投げる位置まで戻します。

 

グループドッジ

最大6人で遊べます。

本日の最高ポイントが画面に表示されるので、
最高ポイント超えにチャレンジします。

赤チームと黄チームに分かれ、ゲームスタート!

自分のチームの投げたボールをキャッチしたり、妨害してもOK。
相手チームにポイントをいれさせないようにします。

ゲームが終わったら残ったチームが画面に表示されて
合計ポイントが表示されます。

 

ロケットボール

バロジャンプ

これだけアクティビティがあると、2時間では遊びきれないかもしれませんね。

 

※もし画像に間違いがありましたら、ご指摘下さいm(__)m

Sponsored Links

トンデミ桑名の感想は?

クライミングウォールやトランポリンなどは
テレビでよく見かけていましたが、
なかなかチャレンジする機会もなく今まで来ました。

しかし、これだけ身近に施設ができると、挑戦しようと思えますよね!

 

一個人の感想ですが、
おそらく小学生以上のお子さんはフリーパスの
スポーツエンタメエリアの方が楽しめそうな気がします。

キッズエリアもアスレチックやペダルカートなど
普段遊べないような遊具が盛りだくさんで、

充分に満足できるコースだと思いますが、

クリアするのが少し難しそうなアクティビティの方が
遊びがいがありますよね!

▼トンデミ桑名キッズエリアで遊んだ感想はこちら▼

トンデミ桑名キッズエリアで遊んできました!感想と体験談を画像付で紹介!

2019.04.20

 

ただ、一つ希望を言えるなら、

子どもの値段は少しだけ安くしてもらえると
親的には大喜びしちゃいますね!

お値段次第で、夏休みに遊びに来れる回数も変わってくるのかな…と^^

 

ということで、

完全に親目線な内容になってしまいましたが、

トンデミ桑名で遊んだ感想と施設紹介でした!
最後までお読みくださり、ありがとうございました!

☆桑名市観光するならナガシマリゾートがおすすめ☆

遊園地、温泉、アウトレット、アンパンマンミュージアムなど‥
くたびれるまで遊び尽くせる♪

▶ナガシマリゾートで遊ぶ♪

Sponsored Links

Sponsored Links