三代純歌は子供を妊娠して出産した?本名や鼻は整形なのか気になる

三代純歌の子供

50代とは思えないほどの美貌を保つ三代純歌さん。

ザ・ドリフターズの仲本工事さんの3人目の奥さんとして、2012年から結婚生活を営んできました。

あまりプライベートが話題にならないご夫婦ですが、2人のあいだにお子さんっているのでしょうか?

仲本工事さんとは40代での結婚となりましたし、その前の結婚歴やお子さんを授かっているのかが気になります。

そこで今回は、三代純歌さんについて見て行きたいと思います。

  • 三代純歌さんに子どもはいたのか
  • 三代純歌さんの本名などのプロフィール
  • 鼻の形について

これらをまとめました。

 

Sponsored Links

三代純歌さんは子供を妊娠して出産した?

2012年7月に、元ドリフターズの仲本工事さんと結婚した演歌歌手の三代純歌さん。

純歌さんが44歳、仲本工事さんは71歳というご高齢での結婚となりました。

親子ほどの歳が離れた27歳差婚で話題となりました。

どうやら純歌さんは初婚のようで、2022年になって仲本工事さんとの結婚生活が10周年を迎えたところでした。

 

そんな仲本夫妻は、2020年に子どもを授かったことをTwitterにて報告して世間を賑わせています。

79歳でパパになると聞いたファンは「ますます元気で長生きして下さい!」とお祝いのリプを送り、祝福ムードにわいていました。

そんな元気で仲睦まじいご夫婦と思われましたが、このあと仲本工事さんからもう一つ発表が。

なんと「子供」というのは三代純歌さんのご懐妊ではなく、猫の赤ちゃんのまる君を家族として迎えたという報告だったのです!

くまきちくん
ズコッ

仲本工事さんってば、さすがのドッキリを仕掛けてきました。

これには思いっきりズッコケましたね。ドリフのセットごと崩れ落ちるシーンが思い浮かびました。笑

 

結婚生活は10年に及ぶ仲本夫妻ですが、仲本さんは70代と高齢で、純歌さんは44歳の高齢出産になることもあって、お子さんは設けていなかったようです。

お互いの年齢や体のことを考えて決めたんでしょうね。

結婚発表のときには、スポーツ紙でこんな見出しが掲載されていました。

仲本工事、三代純歌のワンニャン婚!子供の代わりに犬3匹、猫2匹

仲本工事さんは「若い頃とは違って回数ができないですから」と答えていたそうで、最初から子どもを持つつもりはなかったのでしょうね。

しかし純歌さんにも離婚歴があって、前の夫との間にお子さんがいるようです。

純歌さんのFacebookに娘さんのような子と写っている写真がありましたが、こちらは知り合いのお孫さんということで一般の方でしたので、こちらへの掲載は控えたいと思います。

 

そんな仲本夫妻の馴れ初めは、仲本工事さんが歌手活動を再開してライブツアーで全国を回っていたときのことです。

会場に純歌さんが観客として訪れており、ライブが終わると三代純歌さんは仲本工事さんに自身がパーソナリティを務めるラジオ番組に遊びに来て欲しいと手紙を書きました。

美女からのオファーが嬉しかった仲本工事さんは、二つ返事で承諾したそうです。

しかしこの時点では仲本さんはまだ三代純歌さんに惚れていませんでしたが、東京のライブで再会したときに心惹かれたそうです。

これをきっかけに、2006年に三代純歌さんの『恋待ちつぼみ』をプロデュースして、カップリング曲の『真夜中のギター』で仲本工事さんとデュエットしました。

ビジネスパートナーとして一緒に仕事をしていたんですね。

 

そしてお2人が真剣交際に発展したのは2011年の頃でした。

しかもその頃には、純歌さんの自宅には仲本工事さんと3人の息子さんと、純歌さんの子どもさんと一緒に同居していたそうです。

これほど歳の差があると、家族が反対しないか気になるところでしたが、仲本さんのお子さんも公認の仲だったんですね。

すぐに結婚したかったのかもしれませんが、このときに仲本さんの母親が亡くなったため挙式はせずに2012年に結婚披露宴をおこないました。

猛烈に惹かれ合って結婚したというよりは、数年間ほど誠実に交際してお互いをよく知った上での結婚だったことが分かりますね。

【関連記事】
👉仲本工事の結婚歴と元妻の現在は?

 

三代純歌さんの本名とプロフィール

名前:純歌
出身地:高知県
生年月日:1968年2月29日
年齢:54歳(2022年10月現在)

血液型:O型
趣味:ガーデニング、旅行、音楽鑑賞、料理(田舎料理、ちらし寿司、煮物、唐揚げなど)
職業:演歌歌手

 

純歌さんは2003年の35歳の頃に演歌歌手として活動を始めました。

小学6年生の頃に地元高知県のテレビ歌謡選手権に出場して準優勝を獲得して、当時から歌唱力は折り紙付きの腕前でした。

その後にレッスンを重ねて、ハワイでの歌唱祭でグランプリを獲得しています。

そしてプロ歌手としてステージで歌っているところをスカウトされて、2003年8月に『ごめんね』でCDデビューしました。

その後は、地元高知県でグルメ番組のリポーターを務めたり、ラジオ番組『純歌の恋する演歌』のパーソナリティーを5年間務めるなどの芸能活動をおこなってきました。

 

以前は「三代純歌」という芸名で演歌歌手をしていましたが、現在は下のお名前の純歌として活動されています。

パン子さん
純歌ってかわいい名前だけど本名なのかな?

ご本人の日記やSNSを拝見しましたが、本名に関する情報は一切見当たらなかったです。

 

ちなみに「純歌」という名前は、「純」は「冬・愛情・清らか・天真爛漫」といった女性らしいイメージのある漢字で、「歌」はまさに「音楽・芸術」を意味した漢字になっています。

本名だとしたら将来を予感していたような名前で運命を感じますよね。

姓名判断で「純歌」の総画数24画を見てみると、財産運を示す大吉数の名前なんだそうです。

なんだか力強さを感じさせられる名前でもありますよね。

 

ちなみに仲本工事さんの本名は、仲本興喜(なかもとこうき)と言います。

 

Sponsored Links

三代純歌さんの鼻は整形?

三代純歌さんのTwitterを見ていて気になったのが、はっきりとした輪郭を備えている鼻です。

ふっくらしているけど、鼻筋が通っていて顔とのバランスが良い鼻ですよね。

 

Facebookでは10年前の投稿もあったのですが、こちらは今の鼻の形とは少し違うように見えました。

「鼻翼」と呼ばれる小鼻の部分が少し広めのような気がしました。

ただ現在の写真と比べると、10年前はカメラに向かってニッコリ微笑んでいるんですよね。

人間って笑うと無意識に小鼻が広がりますよね。どうなんでしょう?

 

もう1枚、2013年頃の顔写真を見てみてると…

純歌さんは基本的に微笑んでいる写真が多いので、判別が難しいですが、以前の方が鼻が大きく見えるかもしれません。

ただこれが目の錯覚なのか、メイクによるものなのか、加齢の影響なのか(痩せた?)、整形しているのかは素人目では分からないのが正直なところです。

しかし鼻が高すぎたり、低すぎることもなく、ふっくらとかわいく似合っている鼻でうらやましいです。

天は二物を与えずと言いますけど、美しい容姿に歌も上手で、天は二物も三物も与えるものなんですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です