HUGっとプリキュアのキャラデザインは誰?歴代プリキュアの画像まとめ

こんにちは。あこぽんです。

15周年に突入した新プリキュアシリーズが、
ついに放送開始になりましたね!

HUGっとプリキュア』は、
赤ちゃんを守るお母さんの
姿をイメージしたプリキュアです。

 

プリキュアは、
今までいろいろな
シチュエーションがありましたが、

お母さんをイメージした
プリキュアって今までになかった姿ですよね。

 

今回のキャラのコンセプトは
お仕事をイメージしているもので、

・チアガール
・ナース
・キャビンアテンダント

それぞれのお仕事体験のシーンも見られます!

 

今回のプリキュアのキャラ画像を
見ていて気になったのが、

プリキュアをデザインした作者さんが誰なのか?という部分。

 

そこで今回は

・HUGっとプリキュアのキャラデザインを担当した方
・歴代のプリキュアの画像

これらをくわしく見て行こうと思います。

それでは行ってみましょう!
【関連記事】
HUGっとプリキュアのエンディング曲のダンス振付動画は?歌手と歌詞も

 

Sponsored Links

ハグっとプリキュアのキャラデザインを担当したのは誰?

 

 

今回のハグっとプリキュアの画像を見た
小2の娘が一言。

 

くまきちくん
真ん中の子と、ほかの2人の顔が違うのはなんで?

 

こんなこと言われまして^^;

 

上の画像を見たとき、
実は筆者も同じようなこと考えていました。

同じ作者さんのはずなのに
主役のキュアエール&赤ちゃんのはぐたんと、

両サイドのキュアアンジュ&キュアエトワールとで、
顔つきが違うような気がしました。

なんだか不思議。

ですが、同じ方が書いているはずですよね^^;

 

キャラ画像を見た時、

過去の何かのプリキュアに似ている気がして
色々と画像を見てみたのですが、
いまいち絞り切れず‥。

 

くまきちくん
うーん‥なんだかスッキリしないな。

 

プリンセスプリキュアのような、

真ん中のキュアエールだけ見ると
魔法使いプリキュアのような‥??

 

そこで今回のプリキュアのデザインを
担当した方を調べてみると‥

もうすでにファンの方たちからも
予想されていましたが、

川村敏江さんという方ですね。

 

川村さんが今までどんな作品を
手掛けていたかと言うと、

ちょっとなつかしいところだと、
テレビアニメでは

・ママレードボーイ
・ご近所物語
・花より男子
・おジャ魔女どれみ

これらの作画監督
なさっていたんですね。

 

すみません。

個人的なお話ですが、
上の3つの作品は、
どストライク世代です(笑)

まだアニメが始まる前に
少女マンガのりぼんに掲載されており、
毎月せっせと買って読んでいました。

マンガとアニメではイラストが違いますが、
とってもなつかしいです!

 

さて、そんな川村敏江さんは

プリキュアには
なくてはならないアニメーターで、

今までに3作品のプリキュアの
キャラデザインを担当されました。

・Yes!プリキュア5
・Yes!プリキュア5GOGO
・スマイルプリキュア

 

画像を今一度確認してみると、
たしかにスマイルプリキュアの絵柄に
似ている気がしてきました!

他にも、
歴代のほとんどのプリキュアの
作画監督を担当なさっており、

プリキュアの神様とも言えるお方なのですね。

 

川村敏江さんのプロフィールや年齢は?

 

名前:川村敏江
誕生日:3月9日
出身地:岩手県

 

川村さんは高校卒業後に、

アニメ関係の専門学校へ進学し卒業。

『ゲゲゲの鬼太郎』の第3作から
アニメーターとしてかかわっています。

 

川村さんの年齢は公にされていませんが、

アニメーションの専門学校は
2~4年制だそうなので、

そのことから考えると
20代前半でゲゲゲの鬼太郎に
携わったと考えられますよね。

 

ゲゲゲの鬼太郎の第3作は
1985年からスタートしているので、

そのことから考えると
現在の年齢は50代半ばあたりでしょうか?

 

これだけの経験をお持ちなので、

アニメ界の大ベテランであり、
”重鎮”と言えるお方だと思います。

 

Sponsored Links

歴代プリキュアのキャラ画像まとめ

 

さて、過去のプリキュアのデザインは
どんなかんじだったでしょう?

おさらいしてみましょう!

 

2人はプリキュア

Yes!プリキュア5

フレッシュプリキュア

ハートキャッチプリキュア

スイートプリキュア

スマイルプリキュア

ドキドキ!プリキュア

ハピネスチャージプリキュア

Go!プリンセスプリキュア

魔法使いプリキュア

プリキュアアラモード

 

Sponsored Links

まとめ

 

我が家がプリキュアにお世話になり始めて、はや6年。

小2の娘に聞いてみると、

今までのなかでは『魔法使いプリキュア』が
一番好きだったそうです!

 

理由は単純で、

パン子さん
プリキュアのお顔がかわいかったし、お話もおもしろかった!

とのこと^^

 

たしかに子どもは、
魔法使いという
不思議な存在が大好きですよね。

筆者も子どもの頃は、真剣に
「その気になれば、ほうきで空が飛べる!」と
思っていましたし(笑)、

魔法使いって遠い存在に思えても
案外、子どもたちからすると
身近な存在なのかもしれません。

魔法を使えば、
どれだけでもストーリーが展開できるし、
魔法使いプリキュアは成功例だった気がしています。

 

ちなみに母である筆者は
ドキドキプリキュアのファンで、

戦闘シーン以外の現実的な日常と、
少女マンガチックなタッチの絵柄が好きでした♪

 

最近とくに感じるのが、

”アニメや戦隊ヒーローものは
子どもだけでなく、
大人も楽しめる作品でないと長続きしない”ということ。

その良い例が、我が家でいうところの
キュウレンジャーです。

我が家では、子どもより、
夫の方がなつかしがって
ロボットなどを欲しがります(笑)

たまにロボットのデザインなどに
文句を言ってるときもありますが^^;

 

話が脱線しまくりましたが、

お仕事と育児をテーマにしたプリキュアが
今後、どのような展開を見せるのか楽しみですね。

これからもみんなから愛されるプリキュアでいて欲しいです!

 

【関連記事】
HUGっとプリキュアのエンディング曲のダンス振付動画は?歌手と歌詞も

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★