兼六園桜花見2018開花予想や見ごろはいつ?無料開放日や駐車場情報も

こんにちは。あこぽんです。

ここのところポカポカ陽気が
続いていて毎日気持ちがいいですね。

だんだんと春の訪れを感じるようになると
楽しみなのがお花見です♪

 

全国にはたくさんの桜の名所がありますが、

石川県の兼六園は、
40種400本以上の桜が咲き
【日本さくらの名所100選】にも
選ばれるほど、桜の名所として有名です。

そんな兼六園では、毎年たくさんの
お花見見物客でにぎわいますが、

その兼六園の入り口前の場所でも
桜並木の坂道が迎えてくれて、
とてもキレイだったり‥

と見どころも満載なんです!

 

さて、毎年お花見を楽しみにしている方にとって
桜開花や満開はいつになるのか
気になるところですよね。

そこで今回は、

・2018年の石川県の桜開花予想
・無料開放日の日程について
・駐車場の場所

これらについて見て行こうと思います。

それでは行ってみましょう!

 

Sponsored Links

2018年の桜の開花予想について

今年は数年に1度の大寒波が
北陸を直撃し、

気温がマイナスとなる低温日が続き、
2月は厳しい寒さの毎日でした。

しかし3月に入り一転!

あたたかい日が多くなったため
桜の開花日が少し早まりました。

 

当初の予想より早い時期に

桜が咲いています。

 

 

ウァザーマップによると
桜の見ごろ時期は、

4月3日から4月9日くらいの1週間ほど

だと予想されています。

 

Sponsored Links

兼六園とはどんなところ?

兼六園は、石川県の県庁所在地である
金沢市の中心にあり、
石川県の中でも繁華街に位置しています。

 

岡山県の後楽園や茨城県の偕楽園とともに
日本三大名園の1つ
に指定されていて、

景色が良い土地の中でも
とくに価値がある場所として
国の特別名勝ともされています。

 

兼六園は加賀藩初代藩主の
前田利家が作った庭園で、

江戸時代独特の池泉回遊式という
形式が採用されており、

中心に池があってその回りをぐるっと
1周歩くことができるようになっているのが特徴です。

 

兼六園は石川県に旅行に来たら
必ず立ち寄ってほしい観光スポットで、

日本人だけでなくTripAdvisorの
外国人に人気がある、

【日本の観光スポットランキング2017】では
14位にランクインするほど外国人の方にも
人気のある場所です。

 

兼六園の中には日本最古の噴水や、

冬になると雪による
松の木の枝折れを防ぐために
雪吊りがされることじ灯篭や虹橋、

高くそびえ立つ圧巻の根上松など‥

多くの見どころがあります。

どれをとっても日本の和を存分に感じることができます。

 

また、桜が咲き誇る春、
色鮮やかな花が連なる夏、
紅葉が美しい秋、
一面真っ白な雪景色となる冬‥と

四季折々によっても
庭園の様子ががらりと変わるので、

季節ごとにまったく違う顔を見ることが
できるのも兼六園の楽しみの1つです。

 

無料開放日はいつ?

 

兼六園に入るには
普段は大人310円、子ども100円ほど
入場料がかかりますが、

桜の時期になると、原則として
7日間の無料開放を行っています。

 

過去3年間の無料開放時期は
以下の通りとなっていて、

例年、4月上旬ごろに開花宣言をされてから

だいたい4~5日後に9日間が無料開放となっています。

・2015年 4月4日~4月12日の9日間 (開花宣言3月31日)
・2016年 4月2日~4月10日の9日間 (開花宣言3月30日)
・2017年 4月8日~4月16日の9日間 (開花宣言4月4日)

 

2018年度の桜の開花日は、
3月30日と考えられるので

無料開放期間はおよそ
4月3日~4月12日だと予想されます。

 

また 無料開放の期間中は、

夜9時30分まで(入場は夜9時まで)
営業時間が伸びているのも嬉しいポイントです。

 

兼六園では定期的に行われる
無料開放の他にも
早朝無料開放を行っています。

 

入園できる入り口は
蓮池門口・随身坂口と決まっていて
時期によって時間帯が異なりますが、

桜の季節だと以下の時間帯が
無料で入園できるので
朝の散歩がてらゆっくりと
中を歩いて桜を見るのもおすすめです。

・3月1日~3月31日 5:00~6:45
・4月1日~8月31日 4:00~6:45

※いずれも有料開園時間の15分前までに退園する必要有

 

その他にも石川県民は
毎週土・日曜日には入園無料となる
特権があるのでお花見に活用してください。

 

Sponsored Links

駐車場はどこにあるの?

兼六園周辺には、無料駐車場はなく
すべて有料となります。

兼六園から一番近い駐車場は
すぐとなりに隣接する大型立体駐車場があるので、

車で行く場合はこちらを利用すると
兼六園の紺屋坂口から徒歩1分なのでとても便利です。

 

◆兼六駐車場◆

所在地:金沢市小将町1-53
TEL:076-263-1814

台  数:普通車482台
営業時間:24時間(年中無休)

料  金:最初の1時間350円
超過30分毎150円
22:00〜翌8:00‥1泊1,030円

 

年中無休24時間営業
なので
日にちも時間も気にせず
利用できるのもうれしいポイントです。

 

ただお花見の季節は
大変混雑しますので、

時間に余裕を持って、
午前中の早いうちから
向かうようにしてください。

とくに土日祝日の混雑は避けられないので、

できれば平日を狙って、
夕方の帰宅ラッシュを避けて
出かけるのがおすすめです。

 

まとめ

 

・2018年の兼六園の桜の見ごろの時期は、平年より少し早めの4月3日~9日ごろの予想

・毎年行われる無料開放についても例年と同様4月上旬に行われる。

・車で行く場合は、平日の朝などに出かけたり、渋滞の時間帯や休日祝日を避ければ、スムーズに園内に入れる。

 

兼六園は、園内も外観からでも
桜のキレイな景色を堪能できるので、
到着直後から見どころが満載です。

インスタ映えする写真スポットが
たくさんあるので、携帯の充電は
満タンに準備してお出かけ下さい!

兼六園の魅力を余すことなく
お花見を堪能したいものですね。

 

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★