矢方美紀(元SKE48)の乳がんのステージや転移は?手術後の病状も

こんにちは。あこぽんです。

元SKE48のチームSの
リーダーとして活躍していた
矢方美紀さんが、

乳がんの手術を受けていたことを公表されました。

 

乳がんと言ったら、
『女性のがん発生部位』として
一番多い場所とも言われていますね。

芸能界でも”乳がんの罹患”を公表された方は多く、

北斗晶さん、小林麻央さん、南果歩さん、麻木久仁子さん‥

など、数多くの方が乳がんを患い、
闘病生活を送ってこられました。
女性なら誰しもが

患う可能性がある病気の一つですね。

 

さて、現在 矢方美紀さんは
無事に乳がんの手術が終わり、

2018年4月から
芸能界に復帰されることが
発表されています。

パン子さん
復帰が早すぎない?もう大丈夫なのかしら?

 

そんな矢方美紀さんの
乳がん発覚の経緯や現状などが気になっています。

そこで今回は、


・矢方美紀さんの乳がん発覚の経緯
・乳がんのステージやがんの転移について
・手術後の経過について

これらについてまとめることにしました。

それでは見て行きましょう。

Sponsored Links

乳がんはいつ発覚したの?手術までの様子について

矢方美紀さんが
乳がんを患っていることが発覚したのは、
2018年1月のことでした。

 

矢方さんは2017年12月に
左胸にしこりを見つけ、

周りと相談して病院を受診してみたところ、

精密検査を受けるように
促されたことを
ブログで綴っておられます。

その検査結果で乳がんであることが判明しました。

 

2018年1月。

所属事務所を通じて
療養するために1か月ほど
芸能活動を休止することを発表されていました。

 

そんな矢方美紀さんはブログで
自分の病状について
こんな風に説明されています。

事務所のHPでもお知らせがありましたが
しばらく体調不良の為
芸能のお仕事をおやすみすることになりました。

いまはなんともないんですが、
今日も病院に行き色々検査をして来ました。

目に見えない変化が身体で起きてるのが
まだ信じられないですが、
早く良くなって名古屋でばっちり
有名になってみせます!!!

引用:矢方美紀アフィシャルブログ*2018年3月5日掲載【3月になりました★】

 

3月のブログでは、
ゆったりとお花見を楽しむ姿や
美術館へ出かける様子が綴られるかたわら、

病院に入院する様子についても
語られています。

 

しかし、初めての入院で不安と恐怖に襲われる
一幕もあり‥

 

そんな矢方美紀さんに対して、

ファンの間からも、たくさんの応援コメントが送られました。

・完治するから焦らず、ゆっくり直して来てね。

・ずっと応援しているから!パワー送るから!!

 

そして4月2日に手術が行われることとなります。

 

Sponsored Links

矢方美紀さんの乳がんのステージや転移について

 

2018年4月2日に行われた
左乳房の全摘出手術

 

『生まれて初めての手術で不安な気持ちでしたが、目が覚めたら終わっていた。』

引用:矢方美紀オフィシャルブログ*2018年4月13日掲載【手術終了】

自分の気持ちをブログで綴っておられます。

 

手術は無事成功したのですね。
ファンは安心した瞬間でした。

 

現時点では、
乳がんの詳細なステージについては
公表されていません。

ですが、ご自身のブログにて‥

「手術を受け、左乳房全摘出とリンパ節切除を行いました」

このように説明されていますね。

 

乳房を全摘出するのか、温存できるのかは
お医者さんの判断になるので
素人では分かりませんが、

リンパ節の切除をしたというところが気になります。

 

国立がん研究センター発表の資料によると‥

0~Ⅰ期→リンパ節に転移していない
ⅡA期以降→リンパ節に転移がある

このようなステージ分けになっているのですね。

そうなると、矢方美紀さんは
リンパ節を切除したため、

ステージⅡA期以降となりそうです。

 

現状は、転移についてなど詳細には
語られていません。

がんのステージについて追記

2018年4月17日放送の
フジテレビ【ノンストップ!】で
乳がん闘病の様子について語られました。

それによると、矢方美紀さんの
乳がんはステージ2だということが分かりました。

今後の治療についてはまだ決まっていませんが、

「抗がん剤治療をすると子どもが産めなくなる」

と医師から告げられ
悩んでいることを明かされました。
 

Sponsored Links

現在の病状は?

 

手術が終わってからの様子を
Twitterでつぶやいておられます。

ドレーンとは、
手術の傷を閉じた後に貯まってくる
浸出液・リンパ液・血液などを
体外へ排液するための管のようなものです。

その管が抜けるということは、
経過は順調だったということでしょうね。

 

くまきちくん
手術後3日目からリハビリを始めるんだね!まだ傷口痛そうだけど。。

術後は積極的にリハビリを行うのですね!

痛みのなかのリハビリは、
想像すると大変な思いですね。。

 

‥と思っていたら、

4月6日更新のブログでは
傷口の痛みは無事になくなり、
術後の経過が順調であることが明かされています。

 

この時点で入院期間が1週間だったことが
意外と早かったと感じたようで、

その間に友人お見舞いに来てくれて、

矢方さんが大好きないちごを差し入れしてくれたり‥と
元気づけてくれたようですね!

こういうとき、友人や家族の
存在に勇気づけられますよね。。

 

そして4月7日には
一人で頭を洗うまでに回復されています!

現状は、リンパ節を切除したことにより、

左手を肩から上にあげるのが少し難しい

とのことです。

 

しかし、リハビリを重ねていくことにより

以前の状態と変わらなくなるので、
1日も早く前のように戻れるように頑張る。

そんな心境を明かしておられます。

 

Sponsored Links

まとめ

 

・矢方美紀さんの乳がん発覚したのは、2017年12月の検査にて判明。

・手術は4月2日に行われ、左乳房全摘出、リンパ節の切除が完了。

・乳がんはステージ2。

もし今後、抗がん剤治療をして
子どもが産めなくなってしまっても、

『自分が生きていることが一番大事なこと。』

と語った矢方美紀さん。

天秤にかけるのはつらい問題だと思いますが‥、

やはり元気になることを第一に考えて
治療に臨んでいただきたいと思うばかりです。

Sponsored Links

Sponsored Links