母になるの結衣と陽一の離婚理由は何?再婚相手の女性の存在も?

こんにちは。

昨晩は、子どもの寝つきが良く、
夜はテレビに没頭することができた
あこぽんです(^^)/

まだ週半ばですが、
子ども達は結構疲れているようで、
寝かしつけていたらすぐ眠ってくれました。

夫は「いつもこれくらい早く寝やんかい」
なんて言ってましたが、
忙しい主婦としては助かります^^

 

そんな昨日でしたが、水曜日と言えば、
ドラマ『母になる』の放送日ですよね。

昨日も沢尻さんを見ながら
泣いて、ドラマを観ていました。

 

今回は第2話でしたが、
初回以上にとんでもない展開になってきて、
まだその状況を消化できずにいます(^^;)

 

今回のポイントは『手紙』ということになりました。

麻子が広に渡したこの手紙があったために、
児童福祉士の木野愁平が
実母を調査するきっかけとなったり、

この手紙で、今まで育てていた麻子のことも分かりました。

その内容はおそろしいものでしたが‥。

 

ドラマを観ていて、疑問に思った点があり、

それはなぜ結衣と陽一は離婚したのか?

 

ドラマではこの件についての描写がなかったと思うんです。

 

今日は、そんな柏崎夫婦の離婚理由について迫ってみようと思います。

母になるの小池栄子(門倉麻子)が施設に預けた理由はなぜ?今どこにいる?

Sponsored Links

結衣と陽一の結婚生活はどうなった?

 

第1話の終盤で、
息子の広が連れ去られてしまい、
その安否が分からず、
結衣と陽一が悲しみに暮れているシーンがありました。

 

結衣はうずくまって、顔を真っ赤にして、

「広、ちゃんとご飯食べているかな?」

と大号泣していましたね。

 

同じような年頃の子どもを持つ母親として、
胸がつまる思いでした‥。。。

 

近所を探したら、
川に広の靴や服が投げ込まれていて、
周りは絶望的になっていました。

 

第2話の結衣の当時の回想シーンでも、

「何を食べてもおいしくなかった。夜寝てみても眠りが浅かった‥」

相当な心労だったと思います。

 

そんな悲しみに暮れているシーンが終わると、
2017年春の場面になっていて、
おやおや?となってしまいました。

 

そこに映っていたのは、
今まで住んでいたところとは違うアパートの光景で、

少しやつれた(?)結衣の姿がありました。

 

一瞬、引っ越したのかと思ったら、
そこに陽一の姿はなく。

陽一は、今まで結衣と住んでいた
マンションに住んでいて、
緒野琴音が出入りしている状況のようです。
(柏崎オートの事務員)

 

そこで離婚したことが分かりました。

一体、なぜ悲しみに暮れていた2人が
離婚を選んで、さらに辛い状況を作り出してしまったのでしょうか?

 

離婚した理由とは?

 

授かり婚だった結衣と陽一。

同じマンションで暮らす2人は、
落ち着いた夫婦の姿でしたよね。

息子 広がいて、2人ともいつも幸せ といったかんじに見えました。

 

結衣と陽一は、広がいなくなってから、
周りに「早くもう1人子どもを作って、忘れた方が良い。」
といったことを言われ、

次第に2人の心はすれ違っていったようなのです。

2人の宝物である広がいなくなり
深く傷ついている状態で、

そんな無神経なことを言われて、
結衣と陽一は、どれだけ辛かったでしょう‥。

広がいなくなったショックで、
陽一は働いていた大学をやめて、
自宅にひきこもってしまいます。

広がいなくなったことで、
やり場のない悲しみで2人は
どんどん落ちていってしまい、
最後にはお互い別々の道を選んだ。

 
やはり広の存在が大きかったのですね‥。

母になるの小池栄子(門倉麻子)が施設に預けた理由はなぜ?今どこにいる?

 

Sponsored Links

陽一と一緒に暮らす女性は誰?

 

ドラマを観ていて気になったのが、

最後の方で、結衣と陽一が川で広のことを話すシーンがあります。

 

そこで、会話が終わりそうな頃に、緒野琴音が登場。

「遅いから心配しちゃった」と車で迎えにきます。

 

久しぶりの再会を果たした結衣と陽一でしたが、
その9年間で2人は変わってしまいました。

敬語で会話をしている。

陽一のやつれ具合がハンパない。

そして心配して迎えに来てくれる緒野琴音の存在。

陽一はかなり病んでしまっている様子ですね。

 

第2話でも出てきていましたが、
事件後、陽一はひどいショックで自宅に引きこもりがちになり、

そんな陽一を見かねて、
陽一の母が社長を務める
柏崎オートで事務員をしている
緒野琴音(高橋メアリージュン)

そんな精神的に危うい陽一の手助けするために
そばにいるんですね。

 

しかし、琴音は相当気が強い女ですよね。

訪ねてきた児童福祉士の木野に向かって、
「帰れ!」と水をかけていました(^^;)

今後も何かとキーパーソンになってきたりして??

 

まとめ

 

初回放送後、
「広の演技が棒読みだ。」と話題になっていましたが、
その真相が今回分かりました。

手紙にもあったように、
門倉麻子の指示だったのですね。

広は本当に素直な子だったので、
こんなお利口さんな子どもは理想的だな~
なんて見ていましたが、
あれは全部、麻子の決めたシナリオだったのです。

こんな手紙を見たら、人間不信になりそうですよね。。

 

次回の予告では、
広が麻子に会いに行くシーンが映っていましたね。

果たして、会ってどうするのか?

気になることがまだまだありますが、
次回作まで待機ですね。

母になるの小池栄子(門倉麻子)が施設に預けた理由はなぜ?今どこにいる?

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★