東京横浜の雪(2018/1/23)は何時まで降る?山手線の再開時間や遅延情報も

こんにちは。あこぽんです。

2018年1月22日お昼頃から
関東で大雪となり、

各地の交通機関に影響が出ていますね。

山手線の一部の駅では
入場制限がかかっている駅もあり、
各地で混乱が起きています。

 

現時点の情報によると、

1月23日はすでに特急ロマンスカーなど、
一部の電車であらかじめ運休が決まっているようです。

 

では、私たちが朝の通勤通学時間帯で使う
電車の運行状況はどのようになるでしょうか?

遅延情報など気になりますね。

そして、一体雪はいつまで降るのでしょう?

 

そこで今回は

・大雪はいつまで降るのか?
・山手線電車の遅延情報について

これらのことで
現時点の情報をお伝えしようと思います。

それでは見て行きましょう。

 

Sponsored Links

2018年1月22日から降っている大雪はいつまで降るの?

 

1月22日のお昼頃から
東京首都圏では大雪となり、
各路線で電車が運休となっています。

今現在も横殴りの雪が降っていて、
東京で積雪が20㎝を超えたのは
4年ぶりのことになるのだそうです。

 

気象庁による、
1月22日の午後9時現在の
各地の積雪量の情報は以下の通りです。

・東京都心 21cm
・横浜市 18cm
・埼玉県熊谷市 16cm

 

急な積雪による各所への影響は大きく、

都内では午後4時半から6時半の2時間の間に
約400件もの交通事故の報告があがっています。

 

これだけ降った雪が
今後どうなるのか気になりますね。

報道によると‥

本州の南岸付近を通過している低気圧の影響で、関東の平野部では各地で積雪が急速に増え、東京の都心など各地で20センチ前後に達する大雪となっています。雪は23日未明にかけて降り続く見込みで、気象庁は、交通機関に大きな影響が出ていることから大雪や路面の凍結に警戒し、不要な外出を控えるよう呼びかけています。

引用:NHK NEWS WEB*2018年1月22日午後9時40分放送【関東甲信大雪に】より

 

現時点の情報によると、
関東で降り続いている大雪は
1月23日の午前3時頃に止む予報となっています。

 

とは言うものの

雪が止んでも、
23日の朝は降り積もった雪による
路面凍結が心配されています。

道路は間違いなく
滑りやすい状況になりますので、

徒歩での移動や、お車を運転される方は
細心の注意を払って雪道を進んでください。

 

各地の道路の降雪情報は以下のサイトから
ご覧いただけます。

※雪だるまマークをクリックすると、
道路の積雪量などが確認できます。

>>>国土交通省HP*関東地方整備局

 

Sponsored Links

山手線電車の運休・遅延情報について

 

1月22日は急な積雪により、
山手線が一部運休となり、
入場規制のかかった駅がありました。

 

しかし、22日の午後7時頃から電車が動き始め、
渋谷駅では入場制限が解除されました。

 

22日午後11時20分現在は、

渋谷~原宿駅間で車両点検を行った影響で
内回りの運転を見合わせていましたが、
現在は運転が再開されています

しかし、列車に遅れや運休が出ているので
注意して電車遅延情報をご確認下さい。

 

23日の電車の運行情報については
>>>こちらから確認できます

 

Sponsored Links

まとめ

 

八王子市では、
22日夜で26cmの積雪となり、

昼間に除雪車が来たものの
急な積雪で除雪が追い付かず、

道路によっては、

一方向のみしか通行できない状況になっています。

地元住民の方が坂道の下から
動けない車を押したりする光景も見られたそうです。

雪道では何が起こるか分からないので
あまり不用意に外出しないように
気を付けたいものですね。

 

記事をまとめると

・関東の雪が止むのは2018年1月23日午前3時頃

・山手線は、車両点検が終了したことにより、
22日の午後11時20分頃から一部運転が再開されている

 

今後は、道路や歩道の路面凍結が心配ですね。

転んでケガをされないよう十分に
ご注意下さい!

Sponsored Links

Sponsored Links