中央道を235kmで走行した男が乗っていた車は何?車種やメーカーも

こんにちは。あこぽんです。

2018年3月1日
耳を疑うようなニュースが報じられました。

記録的猛スピードで
高速道路を走り去った男が、
道路交通法違反で警察に逮捕されました。

 

その速度は、なんと!!
驚異の時速235kmだったというから
おどろいています!

135km超過ということで、

過去を見ても、
これだけの速度超過で
取り締まったのは前例がない

と話題になっています。

 

このニュースを見て思ったのが

くまきちくん
これだけのスピードが出せる車って、一体何の車!?

そこが気になったのと、

そもそもそれだけのスピードで
走ることができた
そのときの中央道の状況にも驚きです汗

 

今回はこの男が乗っていた
車について見て行こうと思います。

 

Sponsored Links

当時の状況は?中央自動車道の速度制限は何km?

 

東京・国立市の中央自動車道で法定速度を135キロ、オーバーした時速235キロで車を運転したとして41歳の男が逮捕されました。
白井良宗容疑者はおととし1月、国立市の中央自動車道で、時速100キロの法定速度を135キロ超える時速235キロで車を運転した疑いが持たれています。警視庁によりますと、現場の自動速度取締機、通称「オービス」に前方のナンバープレートを外したスポーツカーが映っていて、所有者の男が浮上しました。

テレ朝news*2018年3月1日

 

この男は、今までにも
同じ車で5回以上も速度違反を
繰り返していたそうで、

おととしには

都内の別のオービスに向かって
中指を立てながら

堂々と速度違反をする姿が
写し出されていたと言います。

 

パン子さん
常習犯だったのね‥。

 

ちなみに速度超過で走行したのは
中央自動車道の国立市付近だったとのこと。

ちなみに地図で言うとこの付近になります。

 

ネットを見ていても

『そんなにスピードが出せる場所ある?』

と、疑問を持つ方が続出しています。

 

 

周りに車がいたら
それだけのスピードは出せませんし、
なんともそのときの状況が
イメージできませんよね^^;

 

ちなみにその付近の最高速度を見てみると
上り下りとも‥

・調布IC – 稲城IC 80km/h
・稲城IC – 八王子ICh 100km/h
・八王子IC – 小仏TN内 80km/h

 

一部100km/hの箇所がありますが、

とてもではありませんが、
135km/h超過なんて考えられませんよね。

 

Sponsored Links

中央道を235km/hで走行した車は何?

 

さて、男が乗っていた車は
一体何だったのでしょう?

 

調べてみると‥

アメリカ製ダッジ・チャレンジャー

という車だったことが分かりました。

 

くまきちくん
チャレンジャー‥まさにその名の通りだね‥。

 

 

ダッジチャレンジャーは
多くの映画の撮影で
使用されており、

・デス・プルーフ
・ワイルド・スピード

などで登場したことを機に
一気にファンが増えたそうです。

 

ダッジ・チャレンジャーは、
モンスター級スポーツカーとも言われており、
アメ車ファンの間でとくに人気の車です。

 

2017年モデルだと、

・排気量3.6L~6.4L
・スーパーチャージャー搭載エンジン‥

など多くのグレードが存在していることで知られています。

 

今回捕まった男性も映画を見て憧れていたのでしょうか‥。

警察に捕まったときに

報道陣に向けた笑顔を見る限り、
注目されたい願望でもあったのかな‥。

 

しかし、これだけのスピードを出したのに
事故などが起こらなかったのが
不幸中の幸いですね。

これからは本当に気を付けていただきたいものです。

Sponsored Links

Sponsored Links