赤羽根健治(DBシャロット役声優)の結婚相手の嫁や子供は?経歴や性格も

こんにちは。あこぽんです。

先日、スマホアプリの
【ドラゴンボールレジェンズ】が配信され、
我が家でも早速ダウンロードして
遊んでいました。

すると画面に見慣れない登場人物がいたんですね。

 

そのキャラクターとは
シャロットというサイヤ人。

なんでもシャロットとは、
今回のゲーム制作時に
原作者の鳥山明さんが書き下ろした
オリジナルキャラクターだそうです。

そのシャロットの声が
とってもかっこよくて調べてみたら、

声優の赤羽根健治さん
担当していることが分かりました。

 

赤羽根健治さんは、

どんな方なのか気になりますね!

 

そこで今回の記事では

・赤羽根健治さんのプロフィールや経歴
・結婚しているのか、子供はいるのか

これらについてまとめみることにしました。

それでは見て行きましょう!

Sponsored Links

赤羽根健治さんのプロフィールや出身大学などの経歴について

名前:赤羽根 健治(あかばね けんじ)
愛称:赤羽根P
出身地:千葉県
生年月日:1984年10月31日
年齢:33歳(2018年5月現在)
血液型:O型
身長:168cm
最終学歴:アミューズメントメディア総合学院東京校
趣味:散歩、陸上
特技:自転車組立
所属事務所:青二プロダクション

 

『真マジンガー衝撃! Z編』兜甲児役
アニメ『THE IDOLM@STER』
プロデューサー役として
人気の高い赤羽根健治さん。

 

なんと意外なことが発覚しました!

赤羽根さんが声優を志したのは、
極度の人見知りを克服したいと思ったのが
きっかけだったそうなのです。

大学受験の浪人時代にラジオで声優養成所の
CMが流れてきたのを聴いて、
「これだ!」って思ったそうです。

元々、文化祭などの学校行事のときに
準備をしたり、裏方の仕事が好きだった赤羽根さんは、

声優はプロなのに、
裏でプロフェッショナルに
仕事をこなす職人のようなイメージがあり、

”表に出ないプロってかっこ良いな~”と
感じていたそうです。

 

パン子さん
人見知りなのに、自ら声優の仕事を志望するって、ある意味 荒療治よね~
くまきちくん
演技やお芝居って人と関わらざるを得ない職業だもんね!

 

たしかに人見知りな性格の人が
声優を職業とするって、
とっても意外なかんじがしますよね!

 

しかし今まで演劇部などに所属したことがなかった
赤羽根さんは、養成所に入ってからかなり苦労されたそうです。

 

でもそこは一念発起!

「クラスで一番になってからやめよう!」

負けず嫌いな性格から、
みんなから引き止められるくらいの
生徒になろうと決意!

 

それから地元の田んぼで発声練習を行ってみたり、
地道に練習を重ねたそうです。

その後、声優業界で大手の
青二プロダクションに
所属することができた赤羽根さん。

 

それから2009年に
『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』の
兜甲児役でテレビアニメ初主演を果たしています。

そののち、2011年に
『THE IDOLM@STER』のプロデューサー役を
演じたことがきっかけとなり、

ファンから『赤羽根P(あかばねプロデューサー)』と呼ばれるようになりました^^

 

そんな赤羽根さんの主な出演作品はこちらです。

・真マジンガー 衝撃! Z編(兜甲児)
・THE IDOLM@STER(プロデューサー)
・正解するカド(浅野修平)
・境界のRINNE(風見シュウ)
・Fate/Grand Order(カドック・ゼムルプス[76])
・時間の支配者(ブレイズ)
・夢王国と眠れる100人の王子様(リド、アルマリ)

 

ちなみに余談ですが、
趣味の『自転車組み立て』は
学生時代におもちゃ屋さんでバイトしていて、

裏でバラバラの自転車を組み立てているうちに
自転車組み立てのスキルが身に付いたそうです(笑)

なんだかおもしろい経緯ですよね^^

 

Sponsored Links

結婚しているの?妻や子供について

 

穏やかでやさしそうな雰囲気で満ちている
赤羽根健治さんですが、

ご結婚しているのか気になり、調べてみたところ‥

現在は独身であることが判明しました。

 

赤羽根さんはお料理が得意で、
自炊をするときは煮物などの和食を
よく作るんですって。

そしてキーマカレーを多めに作って、
平日用のストックとして冷凍しておくことも
あるのだとか!

 

くまきちくん
独身男性って、食事は外食で済ませる人も多いと思うけど、生活力あるよね!

 

料理中は頭を空っぽにできるので、
ストレス発散にもなるそうです。

ご結婚なさっても家事はお手の物なので、
きっと奥さんを気遣って家事を手伝う
やさしい旦那さんになりそうですよね。

そしておそらくイクメンタイプでもありそう!

 

我が家の夫にも見習ってほしいものです‥^^;

 

Sponsored Links

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★