中田敦彦のシンガポールの家はコンドミアム?家賃と自宅の場所や移住の本当の理由も

中田敦彦の家

2021年3月よりシンガポールに家族揃って移住したオリエンタルラジオの中田敦彦さんですが、すでにお子さんも現地のインターナショナルスクールに入学してシンガポールでの生活が本格的にスタートしています。

すでに福田さんはママ友ができて、少しずつ現地の生活に慣れてきたようです!

子どもの可能性が広がりそうですし、家族で異国生活を楽しんで欲しいですよね。

そこで今回は、中田ファミリーが暮らすシンガポールの自宅について注目してみました。

  • シンガポールの家はコンドミアム?
  • 自宅の場所や家賃
  • シンガポール移住の本当の理由

これらについて見ていきましょう。

 

Sponsored Links

中田敦彦さんのシンガポールの自宅(家)はコンドミアム?場所と家賃は?

中田敦彦さんが、シンガポールのどの地域に住んでいるかは公表していませんが、シンガポールで日本人の移住場所として人気のあるエリアはオーチャード周辺だそうです。

オーチャード・ロードは、高級ホテルや高級ブランド店、アウトレットや大型デパートなどが立ち並ぶシンガポールの商業中心地です。

オーチャードは、東南アジアでも随一とされている有数の繁華街であり、そのなかには伊勢丹や高島屋などの日系デパートあるため「シンガポールの銀座」とも呼ばれています。

この中には紀伊国屋もあり、中田敦彦さんのYouTubeチャンネルでも紹介されています。

 

その分マンションやコンドミアムなどの家賃は高く、日本円にすると1ヶ月で約40万円以上するところがほとんどだそうです。

パン子さん
日本のタワマン並みの家賃だよね!?

芸能界を離れた中田さんですが、今となっては教育系YouTuberとして人気を博しているので、お金の心配はなさそうですね。

 

他にもオーチャードは教育環境が充実していて、日本語学校などのバスルートにもなっていたり、日系の学習塾や習い事が豊富なのが人気の秘訣になっています。

中田さんが移住を決めた理由の一つに、子供達の将来を見据えて英語と中国語が学べるという点もあったそうなので、教育環境は大事にしているのではないでしょうか。

 

中田敦彦さんがシンガポールで住んでいる自宅については、賃貸のコンドミニアムではないかと言われてます。

妻の福田萌さんは、Instagramでシンガポールでの様子を投稿しています。

その投稿の一つに、自宅の備え付き洗濯機について投稿されていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

福田萌(Moe Fukuda)(@fukuda.moe)がシェアした投稿

シンガポールのコンドミニアムには、各一室ずつに備え付けのドラム式の洗濯乾燥機が設置されていることが多いようです。

また他にもキッチンやリビングルームの画像が投稿されていたり、他にもベッドルームである寝室なども映っていますね。

さらに子ども部屋があるとすれば、物件の間取りは3LDK以上はあるでしょうね。

  • 寝室
  • 子ども部屋 2室

お子さんは娘さんと息子さんの2人なので、各一部屋ずつはあると思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

福田萌(Moe Fukuda)(@fukuda.moe)がシェアした投稿

オーチャード周辺で3LDKのコンドミニアムの1ヶ月の家賃の相場は日本円にして、平均35万円~45万円ぐらいです。

いずれもコンドミアムは床面積が広いのが特長です。

リビングルームは広々としているようなので、各部屋も広くて快適かもしれませんね。

ホテルでの2週間の隔離生活を経て、現在は広いお家で快適に暮らしていることでしょう!

 

Sponsored Links

中田敦彦さんのシンガポール移住の本当の理由が判明!

中田敦彦さんがシンガポールへ移住した本当の理由は、ざっくりまとめると3つあります。

  • 外に出たかったから
  • リー・クアンユーに学びたかったから
  • 子どもの教育に良いから

学校では英語と中国語の両方が学べるし、子どもの教育に良さそうだからとされていますが、他にも移住を決意した理由があります。

 

中田敦彦さんがシンガポールへ行こうかなと考えたのは、2020年6月の外出自粛期間中のことでした。

今まで中田さんが運営するオンラインサロンのイベントや授業などは、会場にお客さんを呼んでやってましたが、緊急事態宣言発出により、リアルイベントはすべて中止となり、オンライン講座に切り替えました。

仕事がオンライン中心になったことを機に、「外国に行けるやん!」と思い始めたそうです。

お笑い芸人としてデビューしてから、今までレギュラー番組が途絶えたことがなかったので、外国へ行く夢を心のどこかであきらめていたのが本音だと語っていました。

海外生活も夢の一つだったんですね。

オリラジが笑っていいともにレギュラー出演していたとき、長年 番組に出演し続けたタモリさんが、よく楽屋で電車の時刻表を見たり、海外の地図を眺めたりしていたのを間近で見てました。

”芸能界の仕事が忙しい=自由がない”

「そういう人生か…」と思っていたそうです。

 

しかしこのタイミングで海外渡航を考えたところ、ピース綾部のように外国で職探しするのはキツいだろうな…と思いましたが、オンラインで仕事ができればどこにでも行ける!と思ったそうです。

くまきちくん
柔軟な考え方だよね!

そこでどこの国へ行こう?と考えたときに、過去に家族旅行とホリエモン万博でシンガポールに行ったことを思い出したそうです。

シンガポール移住をイメージしたときに、まったく違和感を感じなかったという中田さん。

色んな人種の方がいて、どこにいても誰が外国人かよく分からないというのがいいんじゃないかな。すぐに溶け込めるんじゃないかなと考えました。

 

そして一番の決定打となったのが、リー・クアンユーの授業をYouTubeでやってみて、彼の言葉で「大事なのは広い世界を見る事だ」というポリシーが自分の問題意識に刺さり、一つの言語だけで世界のすべてを見ることはできないかもしれないと思ったそうです。

日本の芸能界の独特さを感じていた中田さんは、違う世界を見て楽しんでみたいと思いました。

そのきっかけとなった授業はこちらですね。

 

日本でたくさんのレギュラー番組を持ち、全国各地へロケに出かけ、道行く人に「あっちゃん!」と声をかけられるようになりましたが、今ここで日本に安住していちゃダメなんじゃないかなと思っていたそうで、行けるなら海外に行きたいという気持ちが強ったと語ってます。

「芸能界から離れて、ビジネス業界の人と話してみたらおもしろかったし、YouTubeやってみたらおもしろいし、いろんな考え方があるんじゃないか」って思ったそうです。

くまきちくん
現地の言葉の不安はなかったのかな?

”習うより慣れろ”で、まず外国へ行ってみようと思いました。

結婚してお子さんもいるのに、思い切った決断ですよね!

今後の中田ファミリーの移住生活にさらに注目が集まりそうです。

Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です