秋篠宮ご夫妻の奈良と京都での宿泊先ホテルはどこ?予定とスケジュールまとめ!

秋篠宮様の奈良と京都のホテル

2022年4月20日~23日の日程で、秋篠宮ご夫妻が皇位継承順位第1位の皇嗣になられたことを示す、「立皇嗣の礼」を終えた報告をするために伊勢神宮を参拝されます。

20日~21日に三重県に訪問され、22日に奈良と京都を訪問される予定です。

世間の情勢を踏まえて、参拝の日程の調整が続いていましたが、いよいよ訪問が叶います。

 

そこで今回は、秋篠宮ご夫妻が奈良と京都で宿泊するホテルはどこなのか調べてみました。

やはり皇室御用達のホテルなんでしょうか?

 

Sponsored Links

秋篠宮ご夫妻の奈良県での宿泊先ホテルはどこ?

秋篠宮ご夫妻は、4月22日には奈良県橿原市の神武天皇陵と京都市の明治天皇陵などの参拝予定となっています。

4月21日に伊勢神宮を参拝後には、奈良県内でも屈指の高級ホテルに宿泊されることが分かりました。

 

秋篠宮ご夫妻の奈良県でのご宿泊先は『THE KASHIHARA』(旧:橿原ロイヤルホテル)

【THE KASHIHARA】

住  所:奈良県橿原市久米町652-2
宿泊時間:15:00(IN)〜 11:00(OUT)
H  P:http://www.daiwaresort.jp/kashihara/

 

THE KASHIHARAは旧:橿原ロイヤルホテルで、近鉄「橿原神宮前駅」東口より徒歩約1分というアクセスの良さが魅力的です。

橿原神宮にも歩いて行くことができ、歴史散策にはとても便利な立地となっています。

今の時期に有名な「吉野山の桜」にも足を運ぶことができます。

 

スイートルームは合計5つの部屋があり、どれも広々としていてホテルの最上階にあります。

皇室御用達ホテルとして、天皇・皇后両陛下が奈良訪問の際には何度も利用されており、おそらくスイートルームの中でも一番広い『ロイヤルスイートルーム』に宿泊されたのだと思われます。

ツインルームを2つと、キッチンを備えた最上級の貴賓部屋になっていて、お部屋からは橿原市を一望でき、140㎡の空間で上質なスイートルームとなっています。

ロイヤルスイートルームの定員は4名となっており、1室の宿泊料は107,800円です!

出典:THE KASHIHARA

秋篠宮さまのホテル

出典:THE KASHIHARA

広々とした空間できっと快適ですよね!秋篠宮ご夫妻も久しぶりに羽根を伸ばしてゆっくりなさるのでしょう。

 

21日の宿泊状況を検索してみると、和室の3部屋以外は満室になっていて、秋篠宮ご夫妻と皇室関係者の予約で埋まっていました。

出典:THE KASHIHARA

 

《秋篠宮ご夫妻の三重県での宿泊先は高級ホテル?》

秋篠宮様のホテル

秋篠宮ご夫妻の伊勢(三重)の宿泊先ホテルはどこ?伊勢神宮参拝後の予定も

2022.04.18

 

Sponsored Links

奈良県の皇室御用達ホテルはどこ?

奈良ホテル

【奈良ホテル】

住  所: 奈良県奈良市高畑町1096
宿泊時間:0:00(IN)〜 11:00(OUT)

H  P:http://www.narahotel.co.jp/

 

奈良ホテルも皇族御用達ホテルの一つです。

伝統と格式が高いホテルで、天井から、柱、壁、床と、造作などの一つひとつに歴史を感じさせ、ロビーの奥にある螺旋階段は奈良ホテルを象徴する名物となっています。

 

平成21年10月で創業100周年を迎え、創業以来多くの国王、王女、大統領夫人などを迎えてきました。

1909年に建造された本館には、迎賓館でのノスタルジックで最も贅沢な『スイート・デラックス』の客室が3つあります。

その中でも『インペリアルスイート』は、格調高い奈良ホテルのシンボルルームとなっています。

また、クラシックホテルを引き継ぐ新館には開放的な広さの『ロイヤルスイート』があります。

新館の『ロイヤルスイートルーム』のお値段は、朝夕食付きの2名1室で18万円以上からとなっています。

さすが格式高いホテルですね。

 

竹林院群芳園

【竹林院群芳園(ちくりんいんぐんぽうえん)】

住  所: 奈良県吉野郡吉野町吉野山2412
宿泊時間:15:00(IN)〜 10:00(OUT)

H  P:http://www.chikurin.co.jp/

 

竹林院群芳園は千利休が作庭した庭で、聖徳太子建立の一寺といわれており、創業240年以上の歴代あるお宿となっています。

お風呂は名庭『群芳園』を眺めながら入る露天風呂となっており、観光し歩き疲れた体を休ませるのに至福のひとときです。

 

客室の特別室『松の間』は完全プライベートな空間となっていて、独立した造りになっています。

部屋を囲む廊下からは庭園が一望できるようになっているようです。

『松の間』の宿泊は、一泊二食付き定員5人までで6万円以上となっています。

 

秋篠宮ご夫妻の京都での宿泊先ホテルはどこ?

秋篠宮ご夫妻は4月22日に奈良県橿原市と京都市を訪れたあと、翌日の4月23日には大阪空港から帰京されます。

2019年11月に、天皇・皇后両陛下が奈良県橿原市と京都市を訪れた際には、2泊3日の日程で1泊目は奈良県に宿泊し、2泊目は京都市に宿泊し帰京されました。

しかし今回の京都ご訪問では、ホテルでなはく、京都大宮御所でご宿泊なさることが分かりました。

 

秋篠宮ご夫妻の京都での宿泊先は『京都大宮御所』

4月22日(金)の秋篠宮ご夫妻の宿泊先は、京都大宮御所です。

京都御苑内の仙堂御所の北西にある、皇太后・太皇太后の御所です。

御水尾天皇の皇后である、東福門院和子の御所として建てられ、明治維新までは天皇の住まいとして使われていました。

今では天皇皇后両陛下や上皇状皇后陛下が入洛された際に使用されています。

 

【京都大宮御所】

所在地:京都府京都市上京区

秋篠宮ご夫妻は23日(土)朝に京都大宮御所を出発され、大阪国際空港から帰京なさる予定です。

 

Sponsored Links

京都の皇室御用達のホテルはどこ?

ホテルオークラ京都

【ホテルオークラ京都】

所在地:京都府京都市中京区一之船入町537-4
宿泊時間:15:00(IN)〜 10:00(OUT)

H  P:https://www.hotel.kyoto/okura/

 

ホテルオークラ京都は、1895(明治28)年に開業した歴史ある京都ホテルグループのうちの1つです。

周辺の観光スポットも充実していて、家族連れやカップル、大人旅に人気のホテルとなっています。

 

エグゼクティブフロアには様々なタイプのスイートルームが揃っており、その中でも最高級の京都ステイをお約束するのが『インペリアルスイート』です。

東山三十六峰の山並みと古都の街並みを一望でき、内装は世界に認められた英国デザイナーによってデザインされました。

マットレスには高品質な眠りを追求したマットレスパッド『エアウィーヴ』が導入されていて、上質な眠りで快適な寝心地となっています。

『インペリアルスイート』の客室料金は、1泊約10万円となっています。

 

南禅寺 八千代 旅館

【南禅寺 八千代 旅館】

所在地:京都府京都市左京区南禅寺福地町34
宿泊時間:15:00(IN)〜 11:00(OUT)

H  P:http://ryokan-yachiyo.com/

 

南禅寺八千代旅館は、市中にありながらそれを感じさせないほどの静かな時間を過ごすことができると評判の宿となっています。

京都市内にあるので、帰京する際に大阪空港へ向かうのにもさほど遠くはなく、京都の風情を味わえるお宿ではないでしょうか。

 

南禅寺八千代旅館の一番の魅力というのが、庭園レストランの『料庭 八千代』です。

京料理と植治の庭を思う存分味わいながらお食事ができる空間となっています。

2016年に全面改装し、ベッドルーム、簡易キッチン、全自動洗濯機を備えたコンドミニアムスイートルームの『鶴亀』が一番上質なお部屋となっているようです。

間取りは本館10帖+洋室10帖+半露天風呂+テラスとなっており、5名以上の利用でも1泊約10万円となってます。

 

柊家

【柊家】

所在地: 京都府京都市中京区 姉小路上ル中白山町277
宿泊時間:15:00(IN)〜 10:00(OUT)

H  P:http://www.hiiragiya.co.jp/

 

柊家は、文久元年の1864年創業と、かなり歴史あるお宿になります。

明治時代の皇族の方々などをはじめ、戦後は海外の皇族の方々も利用されていたようです。

 

お部屋は江戸末期から昭和までの風情が残る数奇屋造りの旧館と、新しい時代に合わせた設備と快適さと和の設えを兼ね備えた新館があります。

旧館の場合、1名一泊二食付で40,000円 ~ 99,000円

新館の場合、1名一泊二食付で46,000円 ~ 70,000円

と上記のように設定されています。

 

秋篠宮様ご夫妻の奈良と京都での予定とスケジュールは?

4月22日に奈良と京都に訪れる秋篠宮様ご夫妻ですが、午前中は奈良県橿原市にある神武天皇山陵を参拝され、お昼にはTHE KASHIHARAに戻って昼食をとられたら、午後からは京都府京都市にある明治天皇山陵を参拝されます。

お車での移動となるかと思われますが、その移動時間は約1時間となります。

しかし、地元周辺の警備状況を考慮して、移動時間は約2時間ぐらいはみておいた方がいいかもしれません。

 

滞在しているホテルを午前9時~10時頃に出発され、神武天皇陵に向かわれると思われます。

神武天皇陵の参拝所要時間は約30分といわれており、参拝後は21日に宿泊されたTHE KASHIHARAで昼食をとる予定です。

その後に明治天皇陵へ出発し、13時半~14時までの間に明治天皇陵へ到着するようです。

明治天皇陵の参拝所要時間も約30分程度かと思われるので、15時頃には参拝が終了し、その晩に宿泊する京都大宮御所へと向かわれます。

 

同じ京都市内とあれば、1時間も掛からないうちに宿泊施設へ到着するでしょう。

そのため16時頃には京都大宮御所に到着し、明日の帰京へ向けてゆっくり過ごされるのではないでしょうか。

美味しいお食事に温泉と、最後に京都の夜を満喫してほしいですね。

 

まとめ

  • 4月21日の宿泊先ホテル…THE KASHIHARA
  • 4月22日の宿泊先…京都大宮御所
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です