眞子さまのアメリカの新居マンションの場所はマンハッタン?高額家賃に衝撃!

眞子さまのマンション

眞子さまは、2021年10月26日に婚姻届を提出し、小室圭さんと結婚して皇籍を離脱します。

そして年内には、小室さんが拠点とするアメリカニューヨーク州で新生活を始めたい意向だと報じられています。

初めて海外で暮らす眞子さまですが、夫婦で生活する予定の場所ってどんなところなんでしょう?

そこで今回は、眞子さまと小室圭さんのアメリカでの新居について調べてみました。

  • 眞子さまと小室圭さんの新居マンションの地域
  • マンションの詳細な場所について

これらについて見て行きましょう。

 

Sponsored Links

眞子さまと小室圭さんの米国での新居マンションの場所はどこ?

2021年の春に、小室圭さんはニューヨークを始め、全米に5カ所の事務所を置き、350人以上の弁護士を擁するローウェンスタイン・サンドラーという法律事務所に内定をもらっています。

そして、眞子さまも9月まで勤務していた東京大学総合研究博物館特任研究員のキャリアを生かせる職場を探していること報じられていました。

 

そんな中、蔵品300万点を誇るアメリカ最高峰の世界でも最大級の美術館、メトロポリタン美術館に就職が内定しているのではないかという報道がされています。

そのような状況のなか、この10月になって急浮上してきたのがNYにあるメトロポリタン美術館(以下MET)なのだという。METといえば収蔵品300万点を誇る、アメリカ最高峰、世界でも最大級の美術館だ。 前出の邦字新聞記者によれば、 「実はMETの関係者からも“眞子さまのご就職が内定しているのでは”という話を聞いています。学芸員としてMETの日本ギャラリーを担当されるそうです。ちなみに学芸員の年収は約1千500万円ほどです」

引用:2021年10月19日付 女性自身【眞子さま NY就職先にメトロポリタン美術館が急浮上!小室さんと共働きで世帯年収は3千500万円に】

メトロポリタン美術館は、ニューヨーク州マンハッタンにある美術館で、小室圭さんの内定先の事務所もニューヨーク州マンハッタンにあることから、ニューヨークでの新居は職場に近いマンハッタンを中心に探していたようです。

 

しかし、高額の家賃を払っても狭い部屋しか借りれないということもあり、公園など緑の木々が臨める場所を理想としていたお2人は、ボストン郊外にまで対象を広げて物件探しを行っていました。

紹介された物件の外観と間取りを3D映像で確認したり、学業の合間を縫って圭さん自身で内見しに行ったそうです。

 

現在はすでに住居は決まっているようですが、セキュリティの問題もあることから公にはされていません。

報道を見る限り、マンハッタンで暮らすのではないかと思われます。

 

Sponsored Links

新居のマンションはマンハッタンのアッパーウエストサイド?

眞子さまと小室圭さんは、マンハッタンの中でも、大手法律事務所や日系企業が多いミッドタウンや、フォーダム大ロースクールのあるアッパーウエストサイド、高級住宅街として知られるアッパーイーストサイドあたりを選ぶのではないかと報じられています。

「マンハッタンの中でも、大手法律事務所や日系企業が多いミッドタウンや、フォーダム大ロースクールのあるアッパーウエストサイド、あるいは高級住宅街として知られるアッパーイーストサイドあたりを選ぶのではないでしょうか。ただしマンハッタンは、生活費もニューヨークの他の地区より割高で、クリーニング代やヘアサロン代も5割高というのが実感です」

引用:2021年8月26日デイリー新潮
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/08260556/?all=1

 

マンハッタンは物価も割高で、まだ正式に弁護士になっていない小室圭さんの稼ぎだと生活するのも大変そうですよね…。

そのあたりは眞子さまの支えで暮らしていくのでしょうか。

 

候補とされている中でも、セントラルパークの西側に位置する高級住宅街のアッパーウエストサイドの可能性が高いように思います。

アッパーウエストサイドは、マンハッタンで最も緑豊かな場所の1つです。

ハドソン川沿いの整備と開発が進み、新しいビルが多く建設されていて、学区もよく、静かな環境なので、お子さん連れの家族も多く、とても住みやすい地域だとされています。

お2人の職場からも比較的近い場所です。

人気の地域なので、家賃は高めで良い物件は競争率が高く、1LDKの場合で40万~70万円が相場となっています。

さらには、お2人には警護がつくと言われているので、セキュリティの固い高級住宅となれば月100万円くらいになるのかもしれません。

くまきちくん
一般人になっても警護対象なんだね?

眞子さまと同じく皇室出身の黒田清子さんの場合はどうだったかと言うと、都庁職員の黒田慶喜さんと結婚して一般人となってからも、警視庁と管轄の警察署が身辺警護をしていたそうです。

清子さんがスーパーマーケットへ買い物に行くときも、警察官が同伴だったんですって!

くまきちくん
落ち着いて生活できないね…。
パン子さん
でも今まで警護が当たり前だったから、日常のことなのかもね。

 

新婚生活に夢が膨らんでいる眞子さまと小室圭さん。

幸せな結婚生活になることを祈るばかりですね!

 

Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です