秋篠宮さまの公用車のナンバーや車種は?伊勢神宮参拝への移動は三菱ディグニティ?

秋篠宮ご夫妻は2022年4月20~23日に、立皇嗣の礼の行事の一つとして伊勢神宮を参拝され、奈良県と京都府をご訪問されます。

こうした長距離移動は新幹線を利用するケースがほとんどだそうですが、今回は密を避けるためお車でお越しになります。

 

なんと4日間での走行距離は800kmにも及ぶそうで、どのようなお車でいらっしゃるのか気になりますね。

前後左右をがっちり警護のお車で固めて、万全の警備態勢で来県されることでしょう。

くまきちくん
安全対策のため、走行ルートはヒミツらしいよ。

どこを通るのかも気になるところですね。

 

さて今回は、秋篠宮様が伊勢神宮訪問時にご乗車になる、車種やナンバーを調べてみました。

 

秋篠宮様の公用車のナンバーや車種は?伊勢神宮参拝への移動は三菱ディグニティ?

【4.20追記】

秋篠宮様が20日の午前8時半過ぎに赤坂御用地を出発されました。

ご乗車の車はアルファードで、カラーはグラファイトメタリックのような暗めの色です。

ナンバーは2310のようですね。

秋篠宮様の伊勢神宮参拝の車

出典:ⒸNNN

秋篠宮様の伊勢神宮参拝の公用車

出典:ⒸNNN

 

 

秋篠宮ご夫妻が2022年4月20~23日まで、三重県や奈良県橿原市や京都市などに滞在されます。

東京から長時間掛けて車でお越しになるご予定ですが、どのお車で来県されるのでしょうか?

 

皇室のお車には、センチュリーやアルファード、レクサスやディグニティなどいくつものお車が使用されています。

秋篠宮家が所有の公用車は、三菱ディグニティ、日産フーガ、トヨタアルファード、レクサスがあるそうです。

日産のフーガは、秋篠宮家の長女・眞子さまが2021年10月に小室圭さんとご結婚されるまで使用されていました。

また、秋篠宮家の次女・佳子さまもフーガを使用されているとのことで、眞子さまがご結婚されるまでは姉妹で同じ車種の車を使っていました。

眞子さまのフーガは、現在も皇嗣車として使用されているそうです。

 

そして、秋篠宮家の皇嗣車として最も有名な車と言えば、三菱のディグニティではないでしょうか。

秋篠宮さまは三菱がお好きなようで、ディグニティを気に入って愛用されているのをご存じの方も多い事でしょう。

2000年式のディグニティで、秋篠宮家では2000年から使用されていました。

 

2019年8月には、183万6000円を掛けて、皇嗣車用として三菱で改造もされています。

ボディーカラーは高級感あるブラックで、ナンバーは『品川330さ25-43』です。

式典などセレモニーの時には、ディグニティに乗車されて登場する機会が多いようですね。

ディグニティは世界で59台しかないとても希少な車であり、その内の1台が秋篠宮家の皇嗣車です。

かなりレアなので、注目されている車でもあります。

 

秋篠宮さま愛用のディグニティですが、2021年9月に車検が切れてしまい保管車となっていたそうです。

しかし、2021年10月には車検を通して皇嗣車として復活したとのことでした。

皇嗣車用に改造したばかりですので、保管車にしてしまうのは勿体ないですよね。

年式が20年以上経過した車を車検に出すとなると、一般市民には重量税がどれほど高くなるのか恐怖でしかありませんが・・。

 

無事に車検も通り、復活されましたので、20年以上経過するお車にはなりますが、三重県への来県の際にはディグニティに乗車してお越しになる可能性もあるかもしれません。

東京都から三重県までの走行時間は5~6時間、走行距離は500キロぐらいになるのでかなりの大移動となりますが、是非、ディグニティに頑張ってもらいたいものです。

世界で59台しかないとても希少なお車を間近でみることができるチャンスかもしれませんね。

 

Sponsored Links

秋篠宮様の愛車 三菱ディグニティの値段は?防弾車?

三菱・ディグニティは、三菱自動車工業が販売していた最高級乗用車です。

トヨタ・センチュリーなどの対抗馬として販売されたそうなので、かなり豪華な仕様だと思われます。

 

最大出力280馬力を発揮する、排気量4,500ccのエンジンを搭載したFF車で、内装は豪華とあって発売時の車両本体価格は999万円でした。

パワーも凄かったということですね。

初代、2代目とありますが、最終的な生産台数は59台と限定車ではないものの、これまで販売された日本製乗用車の中で最も生産実績が少ない車種になります。

内装基調色は落ち着いたダークグレーとミディアムグレーです。

広々とした後席空間で、後席の左側は電動リクライニングシート、助手席は電動前倒れシートになっており、前後組み合わせることでかなりゆったりと脚を伸ばせるようになっています。

今回の長時間のご移動にはピッタリな機能です、室内はかなり快適となっていることでしょう。

 

また、2019年8月には183万6000円を掛けて皇嗣車用として改造されています。

おそらく防犯・防弾に備えるように改造されたのではないでしょうか。

 

世界一有名な公用車ともいえるのが、アメリカ大統領専用車です。

全ての窓は熱可塑性プラスチックの一種であるポリカーボネートの5層構造で、厚さは約13cmで、至近距離で爆弾が爆発しても耐えられる構造だとのこと。

扉を閉めると外気は完全にシャットアウトできるので、化学兵器や生物兵器などによる攻撃にも耐えられるそうです。

さすが世界のVIPが乗車するとあって、完璧な仕様です。

 

日本ではここまでの機能は備わっていないと思いますが、防犯上、窓や外装の構造は改造されたのではないでしょうか。

長時間のご移動にも完璧な仕様となっていることでしょう。

Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です