貴志真由子の母和子のレモネードカフェの場所は藤沢!MISERYの歌詞の意味も!

貴志真由子のレモネードカフェ

hideさんのファンの方にはお馴染みの店として知られる レモネードカフェ ですが、コロナ禍で来店しないうちにお店が閉店したという噂を聞きました。

しかし現在はお店の場所を変えて、心機一転 営業をスタートさせているそうです。

そこで今回は新しいレモネードカフェの場所や、お店を営む貴志真由子さんのご両親にも注目してみました。

  • レモネードカフェの引っ越し先
  • 貴志真由子さんのご両親について
  • 『MISERY』の歌詞の意味

またhideさんが作った真由子さんを励ます歌『MISERY』の考察もしていきます!

それでは見て行きましょう。

 

Sponsored Links

貴志真由子さんのレモネードカフェは閉店して現在は藤沢市で営業!

 

貴志真由子さんの母・和子さんと父・政人さんは、2005年から和歌山市内のぶらくり丁商店街の中で『レモネードカフェ』を営んでいました。

店内には、真由子さんの私物であるhideさんのグッズや、X JAPANのメンバーのサイン入りポスターが大量に飾られています。

 

1階がバリアフリーのカフェで、2階がミニライブのできるスペースとなっており、hideさんと親交のあったアーティストやバンドがライブを開催していました。

 

そんなレモネードカフェの人気メニューは『約束のチーズケーキ』です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kishikazuko(@kishikazuko)がシェアした投稿

このチーズケーキには当時のエピソードが詰まっていて、入院中の真由子さんが危篤状態に陥ったときに、hideさんが駆けつけて「チーズになるくらいすごいチーズケーキを食べようね!」と伝えたところ、その後 奇跡的に真由子さんの病状が回復したという思い入れのあるメニューとなりました。

しかし、一緒にチーズケーキを食べることなくhideさんが先に亡くなってしまったので、”天国で一緒にチーズケーキを食べられたらいいな” という思いから『約束のチーズケーキ』という名前になりました。

 

約束のチーズケーキは、和歌山県印南町産のレモンだけを使用し、クッキー生地からすべて手作りしているとのこと。

オープンしてから17年間、レモネードカフェには全国各地からたくさんの方が訪れました。

 

そんな地元からも愛されたレモネードカフェは、2021年12月30日に16年の歴史に幕を下ろして閉店を迎えました。

その後は和歌山県を離れて、2022年4月29日より神奈川県藤沢市でドリンク&ケーキのお店として『レモネードカフェ』を再びオープンさせています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kishikazuko(@kishikazuko)がシェアした投稿

【レモネードカフェ】

所在地:神奈川県藤沢市藤沢93ライブ館内地下1F
営業時間:11:00ー20:00
定休日:不定休

 

よく考えたら、hideさんの出身地である神奈川県横須賀市の近くに引っ越してきたんですね。

関東在住の方はお店が近くなりましたね!

カフェには、すでにたくさんのファンの方が訪れているようです。

母の和子さんによると、ドライカレーやレモネードも自慢のメニューだそうですよ!

一度は食べてみたいメニューですよね。

 

Sponsored Links

貴志真由子さんの母親・貴志和子さんはどんな人?

貴志真由子さんの母・和子さんは、地元の和歌山市で生まれ育ち、”和歌山県立星林高等学校大阪樟蔭女子大学” へと進学して卒業されています。

生年月日や年齢は分かりませんが、2022年5月にInstagramに投稿された画像を見ると70代くらいでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kishikazuko(@kishikazuko)がシェアした投稿

真由子さんが今も生きていれば、2022年現在で41歳になります。

1974年11月に夫の政人さんと結婚し、2人の娘を出産しているので、30歳前後くらいで真由子さんを産んでいるとすると70代前半ぐらいでもおかしくはない年齢ですね。

 

貴志真由子さんの父親は政人さんと言い、真由子さんのお葬式でも喪主を務めています。

テレビに登場したのはほとんど和子さんだったので、政人さんについてはあまり覚えていない人も多いかもしれません。

貴志夫妻は今もご健在で、2005年に家族でオープンした『レモネードカフェ』を神奈川県藤沢市へと店舗を移して元気に経営されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kishikazuko(@kishikazuko)がシェアした投稿

これからもhideさんファンの憩いの場として、元気にカフェ経営を営んで欲しいですね!

 

Sponsored Links

貴志真由子さんについて歌ったMISERY(ミザリー)の歌詞の意味は?

『MISERY』(ミザリー) は、1996年6月24日に発売されたhideさんの5枚目となるシングルです。(上記リンクはAmazon music)

貴志真由子さんを励ますために作られた楽曲だと言われています。

 

「マイナス言葉を使って、ノーテンキな曲を作りたい」というのをメインコンセプトにし、タイトルを訳すと『不幸』という意味になりますが、意味とは反対にhideさんの曲の中でもポップなナンバーになっています。

そのhideさんの『MISERY』という曲がこちらです。

歌い出しの歌詞は「ハレルヤ ラ ミゼラブル」となっていて、最初の歌詞からhideさんが真由子さんを励ましているように聞こえますね。

また「全て受け止めるよ」「雨のち晴れを待とう ほら 君の涙を食べちゃおう」という歌詞がありますが、hideさんが真由子さんの辛さを一緒に受け止めて支えようとしている気持ちなのがよく分かる歌詞だと思います。

hideさんは常に真由子さんのことを気にかけて考えていたのでしょう。

この曲を聞いて真由子さん自身、さらに生きる力が湧いたのではないでしょうか。

真由子さんだけでなく、悩みを抱えている人、辛い気持ちを抱えている人だけでなく、誰もが聴いて元気になる曲だと思います!

 

『MISERY』はCMソングにも起用されたり、のちにGLAYやDaizyStripperというアーティストがカバーをしている人気の曲となっています。

ちなみに当時の懐かしいCM動画は YouTube にありましたよ。

なんとなく流し見してたCMがこんなにも懐かしく感じるとは、驚きです…!

まとめ

  • 現在のレモネードカフェは神奈川県藤沢市に移転した。
  • 父の貴志政人さんと母の和子さんは、現在もカフェ経営して元気に暮らしている。
  • hideさんの『MISERY』は、貴志真由子さんを励ますために作られた楽曲だと言われている。「マイナス言葉を使って、ノーテンキな曲を作りたい」をメインコンセプトにし、タイトルを訳すと『不幸』という意味になるが、意味とは反対にhideさんの曲の中でもポップなナンバーとなった。
Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です