ラブカ(サメ)の水族館展示情報や画像は?歯が変わっていると話題

こんにちは。

先日、子ども達と、
静岡にある水族館へ遊びに
行ってきた あこぽんです(^^)/

大人は、
ペンギンや熱帯魚などのコーナーで
癒されるのですが、

子ども達はシュールなのが好きなようで、
サメや深海生物コーナーに入り浸っていました。

普段は怖がりなくせに、
完全なこわいもの見たさですね‥(笑)

そういえば最近は、
生き物に触れる水族館が増えてきましたね。

今回は意を決して、
ネコザメやタコも触ってきました(*´ω`*)

水族館は、大人にも楽しい場所になってきていますね。

 

そんな最近の出来事でしたが、
サメと言えば、先ほどネットでおもしろい
ニュースが上がっているのを見つけました。

 

5月14日(日)放送の『鉄腕DASH』の収録で
超貴重で幻の生き物と言われている

古代サメ ラブカ
捕獲されたと話題になっていました。

このラブカ捕獲は、
学会発表レベルの珍しさだそうで、
明日の放送に注目が集まっています。

そこで、ラブカについて調べてみると、
なかなか変わった生物なようですね。

ラブカの画像も気になります。

今日は、ラブカについてまとめてみました。

Sponsored Links

ラブカとはどんな生物?画像も

 

ラブカは、
太平洋、インド洋、大西洋の深海に分布し、
日本近海では、相模湾や駿河湾から浅海に上がって来るそうです。

 

 

歯の形状がとても独特ですね。

細かいトゲのような歯が横に3本並んでいて、
それが縦1列に並んでいます。

このような形状であるのは、
相手の体を仕留めたときに、
食いこませて簡単には外れないようにするためなのだそうです。

 

ラブカの特徴は、

体型は細長い円筒型で、頭部は幅広くて平たい。鼻孔は縦に裂け、前鼻弁で2つに区切られている。
目は比較的大きく楕円形でまぶたはない。非常に大きい口は普通のサメと異なって体前端に開く。
口角に溝はない。歯列はすき間を開けて並び、上あごで19~28列、下あごで21~29列である。
歯は合計で300本ほどある。

引用:Wikipedia*ラブカ

 

これらの特徴はすべて原始的なものと言われ、
数億年前の地層からよく似た化石が発見されており、
このためラブカは生きている化石と言われているそう。

 

それが古代サメと言われる理由なのですね。

 

希少と言われる由縁は、
数が少なく、水深500~1,000mのところで生息するので、観察が難しいためであり、詳しい生態がほとんど分かっていないそうです。

普段の動きは、ゆっくりしていて、
鰻のように体を波打たせて泳いでいます。

 

そのため、獲物の捕獲が難しいので
歯が発達したということですね。

 

ラブカについて調べていると、
【シン・ゴジラ】のキーワードが上がってきます。

このグロテクスな見た目が
シン・ゴジラの第2形態のモデルとなっているのだそうです。

シンゴジラの第2形態がピンと来ないので
画像を探してみましたが、

 

映画作品のためか、ネット上にありませんでした。

 

7月に発売されるシンゴジラの第2形態の
フィギュアの画像があったのでご覧下さい。

イメージとしては、こんな感じ↓

現実離れしていますね‥(笑)

 

でも、口を開けたかんじなど、
雰囲気が結構、再現されていますよね。

画がシュール過ぎます‥(笑)

 

Sponsored Links

ラブカはどこの水族館にいる?

 

そんなラブカですが、
日本の水族館にいるでしょうか?

もしいたら、見に行ってみたいと思いました!

現実的に考えると、
深海生物なので飼育が難しそうですが(^^;)

 

調べてみると、
静岡県の沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム
ラブカが飼育されていたそうです。

 

過去2回ほど水槽にて展示されていましたが、
いずれも3~7日目で亡くなってしない
すぐ展示終了となってしまっていたそうです。

やはり深海の生き物ということで、
プロの手でも、飼育が難しいのでしょうか?

 

是非見たいと思っていましたが、
少し残念。。

 

現在は東洋大学海洋科学博物館にて
ラブカの標本が展示されています。

穏やかな見た目になってしまいました。

生きていた時の迫力はどこへ‥。。

 

東洋大学海洋科学博物館は、
アクアマリンふくしまと共同で、
ラブカの研究をしているそうです。

詳しくは公式HPをご覧下さい↓

東洋大学海洋科学博物館*水族館部門常設展示

 

まとめ

 

5月14日(日)放送の『鉄腕DASH』にて、
貴重なラブカの生きた姿の映像が
見れるということなので、
その日は録画しようと思います!

しかし、
そんな希少生物を見つけることが
できるなんて、城島さんと山口さんは
とてもツイていますよね!

子どもも一緒に見たいと思います。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★