マキシムノビツキー(のどじまん出場者)のプロフィールや経歴は?歌唱動画も

こんにちは。あこぽんです。

日本を愛する外国人の方が、

日本の歌謡曲やJポップなど披露して
歌がうまい外国人NO,1を決定する
のどじまんTHEワールド。

 

2018年3月10日(土)に
放送された大会は、

今回は過去の大会の優勝者を集めた
歴代チャンピオン大会となりました!

日本人より日本の歌がうまく
いつもクギづけになって番組を観ています。

 

今回は出場者の
ウクライナ代表のマキシム・ノビツキーさんに
ついて調べてみました。

・マキシム・ノビツキーさんのプロフィールと経歴
・歌唱動画

これらについてまとめてみました。

それでは行ってみましょう!

 

Sponsored Links

マキシム・ノビツキーさんのプロフィールや経歴について

 

2013年10月に行われた
のどじまんワールドの大会で

プエルトリコのオマールカバンと
同点優勝したマキシム・ノビツキーさん。

その日のマキシムノビツキーさんは
尾崎紀世彦&豊攻めでポイントを稼ぎました。

 

予選:尾崎紀世彦「また逢う日まで」

決勝:尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」

 

どちらもうっとりするような
ダンディかつ高音にも対応する歌声で

会場を湧かせました!

 

そんなマキシムノビツキーさんは、
ロシアのポーランド出身のウクライナの歌手で、

本国での活動のみならず
世界を股にかけて活躍しています。

本人の動画のチャンネルを見てみると、
中国やタイの番組に多数出演しているようです。

 

その他にも
多数の職業をお持ちのアーティストで
ショーマン、詩人、作曲家、モデル、俳優‥

と、色々な顔を持っている
多彩なタレントさんなんですね。

 

そんなマキシムノビスキーさんは、
子どもの頃から陽気な性格だったそう。

 

2005年に
ドイツの有名なピアニストアンジャーに
出会ったことを機に、

本格的に、世界の都市でコンサート活動を
始めました。

 

また、活動が世界に広がっていくにつれ、

エゴイストやIntercoiffureなどの
世界クラスの雑誌モデルの
お仕事も増えていったんですって!

 

しかし、活躍はそれだけに留まらず、

きっかけなどは分かりませんが、

ウクライナの2010年の
詩人トップ30にも選ばれ、
創作の分野でもすばらしい才能を発揮しています。

 

【天は二物を与えず】
なんていう、ことわざがありますけど、

マキシムノビツキーさんは
才能の宝庫のような方なんですね。

 

Sponsored Links

歌唱動画はどれ?

 

2018年3月10日の
のどじまん大会では、

1ラウンドでは、米米CLUBの【浪漫飛行】

ファイナルラウンドでは、TUBEの【君となら】

2曲を披露しました。

 

どちらも伸びのあるダンディな
歌声で聞き入ってしまいました!

 

マキシム・ノビツキーさんの
歌唱動画を調べていたら

2013年大会の決勝で歌った
尾崎豊さんの『Oh my little girl 』を
歌った動画を見つけました!

 

尾崎豊の『Oh my little girl 』を歌った動画はこちら

 

最初聞いたときに歌いだしだけ
徳永英明さんの歌声のように
聞こえてしました^^;

しっとり歌うのを聴いていると
なんだかドキドキしてしまいますね(笑)

 

歌声だけ聴いたら、間違いなく
日本人の歌手の方だと思ってしまいますよね!

 

Sponsored Links

まとめ

 

のどじまん大会優勝を機に
日本で大ブレイクした
クリス・ハートさんのように

もしかしたら今後、
日本での活躍もあり得るかもしれませんね。

というより、
ぜひ活躍してほしいです!

 

甘いマスクと、おだやかな歌声で
日本人ファンも癒して欲しいですね。

今後の日本デビューを期待しましょう!

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★