アンソニートゥー(中川智正の面会者)とは誰?経歴やプロフィールも

こんにちは。あこぽんです。

いよいよオウム裁判も終結し、
事件に関わった者たちが
最後のときを迎えようとしています。

1995年に東京地下鉄で
痛ましい事件が起きてから、
今年で はや23年が経ちます。

 

あの事件が起きた日は
日本中がパニックに陥り、

テレビも新聞もどこを見ても
しばらくずっとオウム事件のニュースが
流れていたのを覚えています。

 

当時、筆者はまだ小学生でしたが、
子ども心ながらに

駅付近でたくさんの人が倒れていて、

オレンジ色の毛布をかけられて
救急車で運ばれていく光景を
目の当たりにし、

恐怖を感じたのを今でも覚えています‥。

 

さて、その事件に関わった
東京拘置所に収容されている
13人のうち7人が

3月14日に他の地域の拘置所へ
移送されました。

 

そのなかの一人である
中川智正さんと移送の前日に
面会したアンソニー・トゥー教授(学者)が、

すでに面会の翌日に

よその拘置所へ移動する話を
本人から聞いていたことが
話題になっています。

 

しかし、中川智正さんが
なぜ外国人の教授と連絡を取って
会うことができたのでしょう?

そもそもアンソニー・トゥーさんって
どんな方なのでしょうか?

 

前置きが長くなりましたが、
今回は

・アンソニー・トゥーさんのプロフィールや経歴
・中川智正さんとどんな関係なのか

これらについてまとめてみることにしました。

それでは見て行きましょう。

 

Sponsored Links

アンソニー・トゥー名誉教授(杜祖健)のプロフィールや経歴について

 

移送の前日に中川智正さんは
アンソニー・トゥー名誉教授へ
メールを送っていたことが
明かされています。

 

『移されたら、会う機会がなくなるから会いたい』

報道によると

アンソニートゥ教授と
中川智正さんとは特別な事情から
連絡が取りやすい環境だったそうですね。

 

親族以外の方に対して、

『もう会えなくなるから会いたい』
という気持ちが芽生えたとなると、

中川智正さんにとって
アンソニー・トゥーさんは
心のよりどころ的な存在
だったのかもしれません。

 

そんなアンソニー・トゥーさんの顔画像がこちらです。

名前:杜 祖健(と そけん)
英語名:アンソニー・トゥー
生年月日:1930年生まれ
年齢:88歳
出身地:台北市
趣味:ピアノ
職業:アメリカの化学者・千葉科学大学の教授・コロラド州立大学の名誉教授

 

くまきちくん
名前から、彫りの深い外国人の方をイメージしていたけど、アジア系のお顔だちなんだね?

 

アンソニー・トゥーさんは
もともと生まれも育ちも台北市で

台北市華山小学校→台北一中 と進学してから、
台湾大学系理学部で化学を学んだあと

アメリカへ渡っておわれます。

渡米後は、スタンフォード大学で
ヘビ毒の研究を行っていました。

 

アンソニー・トゥーさんは
日本統治下で育ったことから、
中国語と英語に加えて日本語も流暢なトリリンガルです。

 

そんなアンソニートゥーさんは

毒性学の世界的な
権威として知られていて

米軍・海軍から資金提供を受けて
研究を行った経験があったりと、

その研究歴は世界的に
評価されているんですって。

毒物サリンやVXなどの
化学兵器に精通する
『毒性学の権威』と広く知られています。

 

また、1994年6月に
松本サリン事件発生後に

オウム真理教の拠点である
山梨県のサティアンへ足を運び
土を採取して調べ、

当時の警察当局に
サリンの分析方法を指導したり、
捜査協力を行い、

事件解決に大きく貢献しました。

毒性学の専門家として、事件解決のために
なくてはならない存在だったのですね。

アンソニートゥーさんは

その温厚な性格から、
好々爺と呼ぶにふさわしいやさしい
人柄の方なのだそうです。

 

そんなやさしい雰囲気を持つ彼に、

獄中で孤独だった中川智正さんは

どこか癒しを求めていたのかもしれませんね。

 

Sponsored Links

父や母など両親はどんな人?

 

アンソニー・トゥーさんについて
調べていると、

父親も世界的な著名人だったことが
分かりました。

 

お父さんの名前は、
杜聡明(とそうめい)さん

1893年8月25日生まれで
93歳でお亡くなりになりました。

お父さんは、とても長生きだったのですね。

アンソニートゥーさんも

現在88歳ですし、
長寿は血筋の要素もあるのかもしれませんね。

 

そんな父 杜聡明さんは
清朝統治下の台湾生まれで、

1915年に日本へ渡り、
京都帝国大学医学部を専攻。

なんと!
台湾で初めて医学博士号を取得した
お医者さんだったんですって。

 

その後も漢方医学の研究発表を行い
医学会から注目を集めたり、

医科大学の前身となる学び舎を設立したり‥

台湾医学に多大な影響を
与えたことで有名です。

 

その他にも、アヘンやモルヒネ、
毒蛇の研究に功績があり、

蛇毒から鎮痛剤の抽出や、
赤痢特効薬の開発など薬理学方面で
活躍されたとのこと。

アンソニー・トゥーさんの人生は
父からの影響が大きかったようですね。

 

そしてアンソニー・トゥーさんの母親は、

霧峰林(むほうりん)家という
台湾で著名な一族の娘である
林双隨さんというお方。

清朝統治時代の台湾で、もっとも
影響力があった家族だったんですって。

良家出身のお母さんだったのですね。

 

台湾初の医師の父
良家出身の母

まさに絵に描いたような
華麗な家族だったのですね!

 

ちなみにアンソニートゥさんは
3人兄弟の末っ子で、
上に2人の兄がいます。

 

Sponsored Links

オウムの中川智正さんとはどんな関係?

 

さて、話は戻りまして、

オウムの中川智正さんと
アンソニートゥーさんが
まめに面会をされることになった
きっかけとは何だったのでしょう?

 

調べてみると
色々と細かい話がありましたが、
かみ砕いて説明すると

アンソニートゥーさんが、
地下鉄サリン事件などの
捜査協力したことをきっかけに、

特別に許可を得て

化学兵器によるテロ研究のために、
中川智正さんと面会することが
許されているとのこと。

なので、研究のために面会しているということになります。

 

アンソニートゥーさんは
日本語が堪能なので、
面会もスムーズだったことが予想できますね。

 

2人が初めて顔を合わせたのが
2011年12月14日の東京拘置所でしたが、

医師免許を持っている
中川智正さんは

アンソニートゥーさんの
論文や本を読んでいたので、

本人のことを
よく知っていたと言います。

ちなみに

今まで14回ほど面会をしてきたうち、

ほとんどが中川さんが面会を望んで
アンソニートゥさんが日程を調整して
会っていたそうですね。

これほど拘置所内で自分の希望を

聞いてもらえることに少し驚きましたが、

もはや2人の関係が研究の域ではないようにも感じますね。

 

2017年に起こった
北朝鮮の朝鮮労働党委員長の兄である
キムジョンナムさんが亡くなった件で

今後のテロ対策に役立てるために

アンソニートゥーさんと
中川智正さんが共同で

毒物の論文を発表する準備が
進められていたことも発表されています。

 

Sponsored Links

まとめ

 

・アンソニー・トゥーさんは台湾出身の毒性学の世界的学者で、オウム事件の解決に大きく貢献した。

・中川智正さんと面会している理由は、今後のテロ対策や毒物の研究のため。

 

いよいよ 東京拘置所で収容されていた事件関係者が

よそへ移送になり、

今後に注目が集まっています。

 

二度とこのような事件が発生しないようにと

私たちは願うばかりですね‥。

当時の事件のことを思い出し、

改めて命の重みを感じています。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★