南北首脳会談で金正恩や文在寅と記念撮影していた子供は誰?

こんにちは。あこぽんです。

2018年4月27日に、
韓国の文在寅大統領と
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が
南北首脳会談を行いました。

今回、南北首脳会談が行われるのは
10年半ぶり3回目のこととなり、
歴史的瞬間に世界中が注目しています。

 

文在寅大統領と金正恩委員長が
2人一緒にいること自体が
不思議な光景であるのに、

『禁断の場所』と言われてきた
軍事境界線をまたいで
笑顔で握手する姿に驚きを隠せません。

 

そんな融和ムードがただようなか、
向かう場所の先々で記念撮影が行われていますね。

平和の家に向かう前に、
子どもたち2人と一緒に4人で
写真を撮る姿が映し出されていました。

この子どもたちって誰なのでしょう?

気になったので調べてみることにしました。

Sponsored Links

板門店で一緒に写真に写っていた男の子と女の子は誰?

 

南北軍事境界線上にある板門店で、
文在寅大統領が金正恩委員長を
迎え入れる瞬間が報道されましたね。

北朝鮮側から歩いてくる金正恩委員長を、
韓国側で文在寅大統領が待ち構えていました。

最初に2人は握手をしながら
笑顔で何か言葉を交わして、
境界線を越え韓国側で記念撮影を行いました。

 

そして、ここで予定になかったサプライズ演出がありました。

韓国側へ入って、記念撮影をしますが
そこで立ち止まったまま
こんな会話がなされていたそうです。

金「こちら(北朝鮮)で写真を撮ったらどうですか?」
文「そうしましょう。」

 

そして金委員長は一度、北朝鮮側に戻り、

文在寅大統領の左手を
包み込むようにして手を添えて、
北朝鮮側へ招き入れる姿が見られました。

そして北朝鮮側でも記念撮影が行われています。

 

その後、韓国側に入り板門店で
2人の男の子と女の子が金委員長へ
花束を渡し、再度記念撮影が行われました。

にこやかに写真撮影する一行。

写真の表情は固い金委員長ですが、
花束を渡されたときに
子どもの前で穏やかな笑顔を浮かべていたのが印象的です!

くまきちくん
子どもを前に、こんなやさしい表情するんだね。

 

ネット上では一緒に記念撮影した
子ども達に注目する声が上がっています。

 

なかにはこんな意見もありました。

 

金正恩委員長に花束を渡し、
間近で写真に写る女の子の顔を
よく見てみると‥

くまきちくん
たしかに2人の顔が似ているかも(苦笑)

 

一瞬混乱したのですが、
記念撮影を行ったのは韓国の板門店なんですよね。

なので、この女の子が
金正恩委員長の親戚などと
いうわけではありませんね。

 

くまきちくん
じゃあなんで顔が似ているの??

 

そんなことが気になり、
この子たちは一体誰なのか調べてみると‥

韓国のニュース専門テレビは、何度も「歴史的出会い」と強調していた。

両首脳に花束を贈ったのは板門店近くの小学校の男女金与正氏にも花束を贈った。

引用:朝日新聞*2018年4月27日午前10時57分掲載【南北首脳会談始まる 3対3でテーブルへ】

 

この子たちは、
板門店の近くに住んでいる
普通の小学生の子たちのようですね。

それこそ文在寅大統領のお孫さんとか、
政府の関係者だったり‥とか
そういったことではなさそうです。

たまたま金委員長に顔が似ていただけでした^^;

 

しかし、地元の子どもも交えて
記念撮影を行うということは、

”二国のつながりは世代を超えるもの”

というような象徴であるとも
読み取れそうですよね。

 

Sponsored Links

金正恩朝鮮労働委員長は何をサインしていたの?

平和の家に入り着席し、
関係者に囲まれながら
何かの書類にサインしている金正恩委員長。

 

くまきちくん
一体、何の書類にサインしていたの?

金正恩委員長がサインしていたものは芳名録でした。

金委員長の名前の横に

新しい歴史は これから平和の時代 歴史の出発点から

といった内容の文章をサインしていたとのこと。

 

くまきちくん
ついこの間のことを考えると、金委員長はまったく別人になったみたいだ‥。

これから二国間の関係がどのように
変わっていくのか注目されますね。

 

Sponsored Links

まとめ

 

韓国、北朝鮮両国では、
南北首脳会談に感動する声も上がっており
これからに期待する声も多くみられました。

しかし、この友好ムードは
真意なのか疑う市民もいるようです。

Sponsored Links

★こちらの記事もおすすめ★