ANAの欠航理由はなぜ?いつから再開するのかと振替補償についても

こんにちは。あこぽんです。

いよいよ7月に入り、夏本番となりました!
夏休みも目前に迫りましたね。

この夏休みに

ご家族や友人と旅行を計画している方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんななか、ANA(全日本空輸)が

2018年7月6日(金)~12日(木)までの7日間

国内線の113便を欠航することを発表しました。

 

急な発表で驚かれた方も多くいらっしゃるはずです。

 

これだけの便数の飛行機を欠航する理由って
一体何なのでしょう?

これから飛行機を利用する予定の方は
心配ですよね。

 

そこで今回は‥

・ANAが飛行機を欠航する理由について
・いつまで欠航するのか
・欠航期間中の振り替えや補償について

これらについてまとめていこうと思います。

それでは見て行きましょう!

 

Sponsored Links

ANA(全日空)がボーイング787型機の飛行機を欠航する原因は、エンジントラブル?

 

今回、ボーイング787型機のエンジンの設計上に問題が判明し、
国交省からANAに点検を強化するよう通達が出されました。

その点検対象となったエンジンとは、
イギリスのロールスロイス社製のエンジンです。

 

日本では、全日空のボーイング787で使用され、

他の国でも、

・アメリカのヴァージン・アトランティック航空
・イギリスのブリティッシュ・エアウェイズ
・ニュージーランド航空など‥

世界的に大手の航空会社で、このエンジンは使用されています。

 

今回の件により各国で一斉に点検を行っているため、
世界的に部品不足の状態に陥っています。

 

全日空においては、

国土交通省の通達によって

点検対象のエンジンが66台→136台に増加しました。

これによって運航可能な機体が不足し、7日間の欠航が決まることに。

 

今回のエンジン点検により、
日本ではおよそ2万1千人に影響が出ると言われています。

 

Sponsored Links

欠航する便はどれ?いつまで欠航するの?再開日はいつ?

 

エンジン点検により欠航する主な路線は、以下の通りです。

◆東京-北海道間 2便
◆東京-秋田間 8便
◆東京-小松間 4便
◆東京-大阪間 36便
◆東京-広島間 14便
◆東京-松山間 11便
◆東京-福岡間 32便
◆東京-長崎間 2便
◆東京-岡山間 4便

合計113便

欠航便の詳細についてはANA国内線の欠航等についてでご確認下さい。

 

各地では、すでに夏祭りシーズンを迎えている
地域もあり、今後の客足の影響が懸念されていますね。

 

飛行機の欠航期間は

2018年7月6日~12日の7日間

で欠航することで決まりました。

 

現状では7日間の欠航予定ですが、

気になるのが、
夏休みまで点検が延びてしまったり
しないのか?ということですよね。

 

くまきちくん
点検明けてすぐ週末は、海の日があるので三連休になるし、そのあとすぐ夏休みに入るから、出かける人も多そうだよね。間に合うのかな?

 

現時点でANAによると、

7月13⽇(⾦)以降につきましては、現在精査中です。確定次第、お知らせいたします。

と発表しており、
13日以降の欠航情報については未定となっています。

 

点検する部分が判明しているので、
夏休みが始まる7月20日頃には
間に合うのではないかとも言われている一方、

部品交換が発生した場合は、
13日以降も欠航の便が出る可能性もある。

という見方もあるようなので、
今後の発表を見守るしかなさそうですね。

 

しっかり点検を行って欲しいのはもちろんですが、

夏休みで旅行や帰省を計画されている方も
いらっしゃると思うので、
飛行機の点検が間に合うことを願うばかりですね。

 

Sponsored Links

欠航期間中の振り替えや補償はどうなる?

 

ANAの公式サイトによると、

この期間中にANAの飛行機に搭乗予定だった方には、

ANAや旅行会社から電話やメールなどで、
振替便の案内があるとのことです。

 

パン子さん
夏休み前だから、全日空も振替えがとても大変そうね‥

 

対象便に関する問い合わせは、
以下の電話番号から行うことができます。

ANA国内線予約・案内センター

0570-029-222

 

Sponsored Links

2018年7月17日(火)追記

 

今回の点検整備により、
一部の国内線が7月13日以降も引き続き

欠航することとなりました。

現在、ANAの公式サイトにて
8月31日までの欠航便の詳細が公表されています。

 

払い戻しや変更についての
連絡先や詳細についてはこちらよりご確認下さい。

 

まとめ

 

今回のボーイング787のエンジン点検は
ただちに飛行に重大な影響が出るものではなく、

念のためのチェックで
必要以上に怖がらなくても良いとのことですが、
これを機にしっかり点検を行って欲しい思います。

Sponsored Links

Sponsored Links