カルロスサンチェス(コロンビア)経歴やプロフィールは?山田哲人に似てる?

こんにちは。あこぽんです。

2018年サッカーW杯ロシア大会の
【日本VSコロンビア】で初戦を迎えた日本は、

コロンビアチーム2-1で初勝利を挙げました!

 

くまきちくん
やった♪白星発進だね!おめでとうございます!

 

今回の試合で日本優勢となったのは、

相手チームのカルロス・サンチェス選手が
試合開始早々にハンドによる一発退場となり、

日本がPKを勝ち取ることができたことが
大きい勝因と言えるのではないでしょうか。

日本はかなり強運でしたね!

 

今回、ハンドで試合開始3分後に退場してしまった
カルロス・サンチェス選手とは
一体どんな選手なのでしょうか?

今までの経歴などについてもまとめてみようと思います。

・カルロス・サンチェス選手のプロフィールと経歴
・お嫁さんや子どもなどの家族について
・山田哲人選手に似ている噂の真相
・ハンドしてしまった動画

それでは見て行きましょう!

 

Sponsored Links

カルロス・サンチェス・モレノ選手のプロフィールと経歴

名前:Carlos Alberto Sanchez Moreno
(カルロス・アルベルト・サンチェス・モレノ)
愛称:ロカ
生年月日:1986年2月6日
年齢:32歳(2018年6月現在)
出身地:ギブド(コロンビア)
国籍:コロンビア
身長:182cm
体重:80kg
所属チーム:RCDエスパニョール(スペイン・ラ・リーガ)
ポジション:ミッドフィールダー

 

カルロス選手は身体能力とピッチの強さを生かし、
チームの守備的なミッドフィルダーとして活躍しています。

そのピッチの強さからロック(岩)という
愛称が付けられるくらいなんですね。

高機能フィルターは【エースころし】
異名も持ち合わせるほどです。

 

まさに日本にとっても脅威の相手でしたが、

今回は退場となったため
こちら側としては不謹慎にもラッキーでしたね^^;

 

カルロスサンチェス選手は、
2003年からモンテビデオに拠点を置く、

ダヌビオFCという

ウルグアイのクラブサッカークラブで
プロサッカー選手人生をスタートさせています。

 

その後に所属していたチームは以下の通りです。

□2005年~ CAリバープレートモンテビデオ
□2007年~ バレンシエンヌFC
□2013年~ エルチェCF
□2014年~ アストンヴィラFC
□2016~ ACFフィオレンティーナ
□2018~ RCDエスパニョール

 

コロンビア代表チームには、2007年から合流しています。

今年でチームを引っ張ってきて10年超となり、
チームでも経験豊富で安定的なメンバーの一員です。

 

Sponsored Links

プロ野球・ヤクルトの山田哲人選手に似ている?顔画像を比較して検証!

 

そんなカルロス・サンチェス選手は、
ネット上では、プロ野球ヤクルトの
山田哲人選手に似ていることで話題になっています(笑)

 

実際のところどうなのか
お2人の顔画像を見てみると‥

 

ぱっちりした瞳や、眉毛の長さや角度、
大きめの鼻、分厚めの唇など‥

たしかに顔のあらゆるパーツがそっくりですね(笑)

同じユニホームを着ていたら、見間違えてしまうかも(笑)

 

パン子さん
さすがにそれはないでしょ。

 

他には、オコエ瑠偉選手にも似ているという声も。

 

たしかにオコエ瑠偉選手と、山田哲人選手をあわせると
ちょうど良いかんじでカルロス選手になってしまうかも。

なんだか、まだまだ似ている人が出てきそうですね(笑)

 

結婚相手の嫁や子供についても

 

カルロス・サンチェス選手の
Twitterを見ていたら、
女性と幸せそうに見つめ合うツイートを発見しました。

カルロス・サンチェス選手にはお嫁さんがいるんですね。

壁に掛けられたハート型をかたどったバラの花が
とてもステキな雰囲気を演出していますよね^^

 

奥さまのお名前は、ノエリア・ポリボリアさん
と言い、お2人はウルグアイのモンテビデオで出会ったそうです。

 

さらにTwitterを見て行くと、
お子さんの画像もアップされていました!

みんなとても幸せそうに笑顔を浮かべているのが
ほほえましいです^^

 

お子さんの年齢はどれくらいなのでしょう?

見たところの予想だと、

お姉ちゃん5~6歳
弟くん2~3歳くらいでしょうか?

 

とてもかわいい盛りの年齢ですね。
きっとパパママが大好きなのでしょうね。

 

Sponsored Links

ハンドをした動画は?レッドカードが出た状況について

 

今回のコロンビア戦では、
試合開始から3分14秒後に

香川真司選手が放ったシュートを
カルロス・サンチェス選手がハンドしてしまい、
レッドカードが出されました。

そのため、コロンビアチームは
その後の試合を10人でプレーすることに。

 

今回、試合開始から3分14秒ほどで退場となったのは、
ワールドカップ史上2度目に早い退場となりました。

ちなみに歴代1位は、1986年のウルグアイの
バティスタの52秒だったとのこと。

 

思わず手が出てしまったのでしょうか‥?

正直、いきなりレッドカードが出たことには驚きました。

 

サッカーファンの間からもささやかれていますが、

カルロス・サンチェス選手が帰国後に
叩かれたり、危険なめに遭わないか心配ですよね‥。

まさかとは思いますが、
全力で警備して欲しいと思います‥><

 

周りからの反応が気になるとは思いますが、
今後もまだ試合は続きますし
最強メンタルで乗り切って欲しいと思います。

Sponsored Links

Sponsored Links