小田貴月の顔画像と年齢プロフィールは?高倉健との馴れ初めについても

今は亡き、名優の高倉健さんと17年間生活をともにし、
唯一最期を看取ったと言う養女の小田貴月(たか)さん

養女という間柄ではありますが、
高倉健さんが最後に愛した女性だとされています。

そんな貴月さんが健さん没後5年にして、
健さんの私生活や2人の出会いについて記した本を出版し、
話題を集めていますね。

 

初めて聞いたとき、
『養女』という間柄に戸惑いを感じたのですが、
そもそも小田貴月さんはどんな方なんでしょう?

今日は小田貴月さんについてまとめていこうと思います。

 

Sponsored Links

小田貴月(おだ たか)さんのプロフィールと経歴

名前:小田 貴月(おだ たか)
本名:河野 貴
出身地:東京都板橋区
生年月日:1964年1月13日
年齢:55歳日(2019年10月現在)
最終学歴:千代田女学園短期大学
過去の職業:女優、タレント、声優、ライター

 

小田貴月さんは
千代田女学園高校在学中にスカウトされ、

千代田女学園短期大学に進学して
英語を学んでいましたが、
中退して芸能界入りしました。

高校時代は演劇部に所属されていたようで、
当時から女優志望だったのかもしれませんね。

 

タレントのときは高倉涼子名義で活動していました。

健さんと同じ高倉姓になんだか不思議な縁を感じますね。

 

当時出演していたドラマは、時代劇が多かったようです。

・必殺仕事人Ⅲ お志乃役
・必殺仕事人Ⅴ お小夜役
・遊びじゃないのよ、この恋は
・水戸黄門など‥ 

 

また、テレビ大阪で放送されていた
パソコンサンデーでは、

レギュラーレポーターとして出演していました。

こちらはとても人気のある番組だったようで、
ネットで『高倉涼子』と検索をかけると、
『パソコンサンデー』と表示されるほどです。

 

また、当時のファンの方でしょうか。

『高倉涼子の現在』についても調べられているので、
かなりファンがいたことが伺えますね!

テレビ出演していたのは
1982~1989年の5年間ほどだったようです。

 

その後は、本名の河野貴名義でジャーナリストや
テレビ局のディレクターとして活動しています。

このときにライターとして取材しているときに
偶然 高倉健さんと出逢うことになります。

元女優や雑誌ライターとして活動してきた小田貴月さんは
健さんが亡くなるおよそ1年前に養女になりました。

 

高倉健さんと小田貴月さんの馴れ初めと、2人だけの夫婦同然の生活について

 

高倉健さんと小田貴月さんの2人出会いは、
今から23年前の1996年のことです。

偶然お互いが仕事で出かけていた香港での出来事です。

当時ホテル雑誌のライターをしていた小田さんが、
取材先のレストランで偶然 健さんを見かけたそうです。

小田さん
あれ?高倉さんですか?

そう声を掛けたら、
そこに居合わせたスタッフ全員に名刺を配って下さったそうです。

 

その後に香港で取材した雑誌が出来上がったので、

名刺の住所にお礼の手紙と
雑誌を送ったのがきっかけとなり、
2人のあいだで文通がスタートしました。

健さんと小田さんの文通はそれから1年ほど続いたと言います。

 

その後、2人はプライベートな話をする仲にまで発展しました。

小田さんは健さんに対して愛情が芽生え、

「伴走者になれまいか-」

こんな思いを抱いたと言います。

この時に健さんとともに生きていくことを決意したそうです。

 

すると健さんは貴月さんにこんな返答をしました。

健さん
僕もいろんな人と出逢いました。でも今は独りです。

いたってシンプルな返事だったんですね。

 

それから出逢って1年後の1997年に
2人だけの生活をスタートしました。

小田さんは炊事に洗濯など、
主に健さんの身の回りの世話をしていました。

発売された本にも記されていますが、

小田さんは健さんの健康管理を一緒に行い、

健さんの夕食には1時間半~2時間かけ、
食事の6割を野菜、残りを魚や肉、炭水化物で補うことを心掛けました。

また、腕や体をぶつけてアザを作らないように
自宅の家具の角を削ったり、
コーナーガードを取り付けて
健さんのために毎日を過ごしていたそうです。

 

仕事に対して私生活からストイックだったという健さんですが、

毎朝定時に体重・体脂肪・血圧の三つの数値を測ることから始まるのだそうです。

最後まで魅せる体作りへの意欲を失わなかったそうです。

 

健さんにとって病気にならない、もらわないというのは大原則だったと言います。

ロケ出発前には持参する薬リストに従って、
まるで薬屋が引っ越すような量を用意していたんだそうです。

その健康管理を支えた小田さんも相当大変だったことでしょう。

 

そんな健さんですが、
自宅ではテレビでは見せない
おちゃめな姿を見せることがあったそうです。

ソファの上で気を失ったフリをしたり、
お腹がすいたことを「ペコリン」と表現してみたり
ユニークな一面もあったんですって。

想像もできませんね。

 

そんな健さん流の感謝の言葉は「バカヤロー」だったそうで、

貴月さんはその日によって違う声色の
バカヤローを聴けるのが楽しみだったそうですよ。

 

なぜ小田貴月さんは夫婦ではなく養女になったのか?

 

そんな夫婦同然の生活に大きな転機が訪れたのは、
2013年に小田さんの母親が倒れたときのことでした。

お母さんのことを心配してくれた健さん。

そんな状況を見て、
80歳を過ぎた自分を初めて意識したそうで、

何かあったときに貴月さんが
病室にお見舞いには来れても、
親族でないと付き添いができないということを
初めて分かったそうです。

「じゃあ何かあっても大丈夫なように
書類を出しておこうかな…」となり、

そこで万が一メディアに知られても
比較的影響が少ないであろう養女として
養子縁組の手続きを取ることになりました。

 

俳優高倉健のイメージを守りたかった貴月さんは
「自分は黒子でいよう」と思っていたそうで、

どんなときも健さんにとって
一番いいようにしようと思ったのだそうです。

それで養子縁組の書類を出しました。

 

こうして2013年5月に小田貴月さんは
高倉健さんの思いを受け、
妻ではなく養女となりました。

 

高倉健さんを裏側で支えた小田貴月さんの存在を
周りで知っていたのは、
貴月さんの母親事務所の人1人だけだったそうです。

 

小田さんは今まで健さんと
17年間一緒に暮らしながらも、
一度も旅行したことも外食したこともなかったと言います。

人目につかなように日陰の存在でいたんですね。

2人は愛し合っていたはずなのに、
なんだか少し切なくなってきます‥。

 

しかし、今まで一度だけ2人で外出したことがあったそうです。

それは健さんが2014年に悪性リンパ腫が判明してからのこと。

病院の帰りに初めて健さんに
「一緒に散歩に行こう」と誘われ、
東京の駒沢公園を歩いたんだそうです。

それが2人で出かけた最初で最後の思い出だったんですって。

 

そんな2人の思い出のなかで
一番印象に残っていることがあり、

それは無くなる2か月前に
自宅で2人でリラックスしていたときに
健さんが紙にこんなことを書き記したんだそうです。

僕の人生で一番嬉しかったのは、貴と出会ったこと 小田剛一(おだ ごういち)

この手紙に今までのすべてが詰まっていますね。

 

Sponsored Links

健さん没後に車やクルーザーなどを処分した真相とは?

 

健さんの死後に、愛車やクルーザーなどを処分し、
自宅を取り壊した貴月さん。

なんと遺産総額は40億円とも言われていますよね。

自宅は当時の2人の愛の巣でもあり、
取り壊すのは気が引けるような気もしますが…。

果たしてなぜ取り壊して処分してしまったのか?

 

小田さんによると、

高倉健さんが亡くなったあとに
ほとんどの所有物を処分したのは、

健さん自身の遺志だったそうで、
「僕が亡くなったあとは、そうしなさい」と言われていたそうです。

健さんはプライベートを切り売りしない方で、
とくに自宅に関しては誰にも見られたくないという強い思いがあったそうです。

なので健さんの魂が納得するように
すべてを封印することにしたとのことでした。

没後の行動は、すべて健さんの遺志によるものだったんですね。

 

『高倉健、その愛。』本を出版した理由について

 

2019年10月30日に
小田貴月さん著作の『高倉健、その愛。』が出版されました。

 

 

小田さんによると、
本の出版は生前の健さんからの宿題だったそうです。

「僕の方が死ぬのは早いはずだから、そうしたら僕のこと書き残してね。」

プライベートを切り売りしないけど、
本を出すのはOKだったんですね。

 

それで健さんの思いを胸に17年間の誰も知らない
高倉健を1冊の本に残すことを決意されました。

 

高倉健さんの出演した作品と俳優人生について

 

常に寡黙でストイック。不器用で生涯出演した映画は205本にも及びます。

名だたる数々の賞を受賞するなど、日本映画界最後の主砲と言われた健さん。

 

1955年に東映ニューフェイスの2期生として入社し、

演技経験はまったくない無名の新人で、
周囲からは「役者に向いていない」と言われるくらい
当時は落ちこぼれだったそうです。

しかし、任侠映画の『網走番外地 昭和残侠伝』シリーズが大ヒットし、
健さんは人気を不動のものにしました。

 

1976年に東映を退社した以降は、
任侠イメージを脱却し、
幅広い作品に出演するようになりました。

1999年公開の映画『鉄道員(ぽっぽや)』で
健さんは自身4度目の日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を受賞しました。

 

そして、活躍の場はハリウッドへも広がります。

映画『ブラックレイン』で実直な刑事役を演じ、
世界中から称賛されました。

映画の現場に立ち続けること58年。

生涯で出演した映画は205本となり、日本を代表する映画スターとなりました。

 

また、私生活では1959年に
歌手の江利チエミさんと結婚するも
12年後の1971年に離婚に至ります。

その後は生涯独身を貫いています。

そして2013年、健さんは映画俳優としては初の文化勲章を受章します。

まさに映画に人生を捧げてきた健さんだったんですね。

 

まとめ

 

小田さんは娘として、時には母親のように
高倉健さんをイメージを人生かけて守り抜いた方だったんですね。

2人は17年間一度も旅行も外食したことがない
という話を聞いて、

小田さんは健さん同様に、
我慢強く意志の強い方なんだなと感じました。

それ以上に健さんに対する愛情の深さを感じました。

 

今後の小田貴月さん自身の活動にも注目していきたいですね。

Sponsored Links

Sponsored Links