星蘭ひとみの過去の宝塚出演作品とドラマの評判まとめ!三浦春馬とラブラブだった?

星蘭ひとみの出演作品

宝塚歌劇団出身の星蘭ひとみさんは、星組で活躍していた娘役の元タカラジェンヌです。

2019年12月に映像を中心に活動する”専科”へ異動となってからは、テレビドラマへも出演し、いつもその美しさが話題となりました。

今回は、宝塚時代に出演した作品を始めとして、出演したドラマもピックアップしてまとめました。

あわせてファンと視聴者の感想も見ていきたいと思います。

 

Sponsored Links

星蘭ひとみさんの過去の宝塚出演作品・評判まとめ

『THE SCARLET PIMPERNEL』

2017年3月から6月まで公演された『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』では、星組のトップコンビのお披露目となる本公演でルイ・シャルル役に抜擢されました。

『THE SCARLET PIMPERNEL』は、1997年にブロードウェイで初演後大ヒットを記録したミュージカルです。

宝塚バージョンとしてオリジナルを加え、冒険活劇としての面白さすれ違う夫婦の心理描写をドラマティックに描いたミュージカルとなっています。
星蘭ひとみさんは、無実の貴族達を見事に救い出す謎の集団「スカーレット・ピンパーネル」から救出される、王太子ルイ・シャルル役を演じています。

この公演を見たファンからは「かわいすぎる!」と評判になっていました。

 

『ベルリン、わが愛』

2017年9月から12月まで公演された『ベルリン、わが愛』の新人公演では、入団3年目にしてヒロインに抜擢されました。

内容は、激動期のベルリンを舞台に「映画」を愛した男たちの姿を、運命的なラブロマンスを織り交ぜながらドラマティックに描き出すミュージカルです。
星蘭ひとみさんが演じたヒロインのジル・クラインは、踊り子から新人女優として映画に出演して一躍注目を浴びる女の子という役柄です。

この作品をDVDで観たファンで「かわいすぎて早戻しボタンを押す指が止まらない~」といった声がありました。

一方では「歌が課題」だと言う少数意見もありました。

 

『ロックオペラ モーツァルト』

2019年11月から12月まで公演された『ロックオペラ モーツァルト』は、星蘭ひとみさんが星組時代に出演した最後の公演となっています。

音楽を愛し恋と自由を追い求め、35歳で夭折した天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのドラマティックな半生を、オリジナルミュージカルとして描かれた作品です。
星蘭ひとみさんは、モーツァルトに恋するウェーバー四姉妹の中のおしゃまなゾフィー役で出演しています。

この公演を見たファンからはいつもの通り、「かわいい、綺麗」という声はもちろん、最後の公演となったこともあり「舞台でもう一度観たい」という声も多く上がっていました。

 

Sponsored Links

星蘭ひとみさんの出演ドラマ・評判まとめ

ドラマ『経世済民の男 小林一三』

2015年9月12日に放送されたNHK『経世済民の男 小林一三』では、宝塚歌劇団団員役でテレビドラマに初出演しました。

日本を代表する経済人3名について三部作で描かれており、第2作では阪急電鉄や宝塚歌劇団など阪急東宝グループを創設した小林一三氏について描かれています。

宝塚歌劇団団員として、宙組や星組から、星蘭ひとみさんを含め複数人出演し豪華ステージを作り上げています。

 

星蘭ひとみさんはセンターで踊っており、このドラマを見たファンからはセンターに選ばれることに納得の声が多くありました。

 

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』

2020年9月から放送された『おカネの切れ目が恋のはじまり』 では、主演の三浦春馬さん演じる猿渡慶太の元カノ・聖徳まりあ役として連ドラ初出演となりました。

三浦春馬さんの遺作となった『カネ恋』は、モノや恋に一途ですべて計算通りの松岡茉優さん演じる九鬼玲子と、お金を使うことに何の迷いもない「浪費男子」である猿渡慶太のラブコメディです。

星蘭ひとみさんは、慶太と別れた後に別の男性と婚約にこぎつけるが価値観の違いが見え、このまま結婚してもいいのか悩みながら慶太にも心が揺れ動く元カノを演じています。

連ドラ初出演だったこともあり、このドラマを見て星蘭ひとみさんを知った人が多いようです。

当時「あのキレイな人は誰!?」と話題になっていましたね。

 

朝ドラ『おちょやん』

2021年1月19日に放送されたNHK連続テレビ小説『おちょやん』の第32話 に 伯爵の娘・梅子として出演しています。

上方女優の浪花千栄子さんを題材に、戦前から戦後の大阪で貧しく生まれた女の子が女優を目指す生涯をフィクションで描いた作品です。

主演の竹井千代役を杉咲花さんが務め、星蘭ひとみさんは映画女優として撮影所に登場する伯爵令嬢を演じていました。

 

このドラマを見たファンからは「伯爵令嬢役がぴったり!」という声が上がっていました。

 

星蘭ひとみさんの出演作品についてご紹介しましたが、やっぱりどの感想コメを見ても星蘭さんの美貌が評判となっていました。

このまま女優としての演技に期待がかかった矢先、結婚するため芸能界引退となりました。

美しい容姿と宝塚出身という経歴にも注目が集まり、女優として活躍する姿も見続けたかった気もしますね。

今後は豊田大輔さんとの幸せな結婚生活が待っていますね。

 

▼宝塚作品を見るならU-NEXT

元星組娘役の星蘭ひとみさんが、当時の美容や食事、ファッション、立ち居振る舞いなどの秘訣について語る「プリンセスRecipe」が配信されています。

\はじめての登録なら31日間無料体験できる/

U-NEXTで星蘭ひとみさんの作品を見る

※無料期間内に解約すればお金はかかりません

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

Sponsored Links

Sponsored Links