高木トモユキ(鬼滅の刃出演)結婚相手の嫁や子供は?刀剣乱舞の役どころも

2020年1月からスタートする舞台『鬼滅の刃』で、鱗滝左近次役を演じる俳優の高木トモユキさん

出演する舞台ではファンの間から”別世界に連れて行かれるほど引き込まれる”なんてネットでつぶやかれるほど、ビジュアルから立ち振る舞いまですべてがかっこいいと評判です!

 

今回はそんな高木トモユキさんのプロフィールやプライベートについて注目してみました。

・高木トモユキさんのプロフィール
・出身高校&大学
・結婚した奥さまやお子さんについて
・過去に出演した作品

これらについてまとめていきたいと思います。

それでは見て行きましょう!

 

Sponsored Links

高木トモユキさんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

高木トモユキ(@takagitomoyuki)がシェアした投稿

名前:高木 トモユキ
出身地:静岡県
生年月日:1977年7月21日
年齢:42歳(2020年1月現在)
身長:178cm
血液型:O型
特技:殺陣、アクション、ジャズダンス
趣味: 筋トレ、バーベキュー、宝塚男優のものまね
所属事務所:株式会社オリオンズベルト、劇団扉座のメンバー

【経歴まとめ】出身高校&大学はどこ?

2020年1月18日から、週刊少年ジャンプで好評連載中の「鬼滅の刃」を原作とした舞台始まります。

高木トモユキさんは、炭治郎の育手の鱗滝左近次役として抜擢されました。


高木さんは静岡県出身で、横浜にある幼稚部~大学まで一貫教育の桐蔭学園を卒業されています。

高木さんは高校で卒業し、大学は立正大学に進学して卒業しました。

学生時代はサッカー部のレギュラーとして活躍していたそうです。

よくブログでもサッカー観戦した話が書かれていますね!

 

そして大学卒業後に青山のカフェでバイト中に映画監督にスカウトされ、それがきっかけで俳優業を始めたそうで、当時から際立つイケメンだったんでしょうね!

2004年に劇団扉座に所属し、劇団員として多数の舞台作品へ出演されています。

そして2010年には、株式会社オリオンズベルトに所属し舞台のほかにドラマ、CMなどにも出演の幅が広がっています。

 

舞台では、2004年に劇団扉座で「曲がり角の悲劇」準主役のイツヤ役を演じ、2016年には「刀剣乱舞」で方歳三役を務めています。こちらが特にネットを騒がせたんですよね!下の見出しでご紹介しますね。

ドラマでは2011年「それでも生きてゆく」に出演し、2015年には「相棒season13 元旦 SP」、日本テレビ「花咲舞が黙ってない」、など多くのドラマで起用されています。他にも、映画やCMにも出演されています。

この1月に始まる「鬼滅の刃」も、舞台俳優としての高木さんの活躍に注目ですね。

 

高木トモユキさんは結婚してる?嫁や子供の名前や年齢は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

高木トモユキ(@takagitomoyuki)がシェアした投稿

学生時代はサッカー部で活躍し、趣味はアクションなど運動神経が抜群。

背も高くて見るからに男前な高木さんは結婚されているのでしょうか。気になります!

 

高木さんは、2011年に元宝塚歌劇団月組の娘役・瑠菜まりさんと結婚されています。

そして翌年の2012年に長男が誕生しました。

 

奥さんの瑠菜まりさんは横浜市出身で、1988年に宝塚音楽学校に入学し、1990年に76期生として宝塚歌劇団に入団されています。

159cmと小柄ながらも主にショーでダンサーとして活躍し、ニューヨーク公演やロンドン公演のメンバーに選抜され活躍していました。

 

1997年に宝塚歌劇団を退団し、退団後は宝塚OGの舞台を中心に活動をされていましたが、2011年の舞台を最後に何も出演されていないようなので、出産を機に育児に専念されているのかなと思います。

年齢は公表されていませんが、中学を卒業後に宝塚音楽学校に入学されているのであれば、現在40代前半ぐらいかと思います。高木さんと同い年ぐらいですかね。

また2人の出会いや馴れ初めなど詳しく分かりませんでしたが、2010年や2011年頃の高木さんのブログに何度か瑠菜まりさんが載っていました。

舞台の稽古後に友達と飲みに行った中に瑠菜まりさんもいたり、高木さんが瑠菜まりさんの舞台を見に行ったなど書いてあり、以前から友達同士の交流があり、お付き合いへ発展したのでは!?と思ったりしました。

 

ちなみに高木のブログで、当時宝塚の観劇した感想が綴られていましたよ!

昨日は宝塚100周年記念レビューの「DREAM FOREVER」

ゆうちゃんこと、瑠菜まりさんが出演しているので観劇に行ってきました

鳳欄さん、麻路さきさん、大和悠河さん、など歴代のトップの方々もたくさんいらっしゃってとても華やかで綺麗なステージでした

もうねすごいよ
歌も素晴らしいし、とにかくダンスがすごい

よくあんな激しく何曲も笑顔で踊れるなと

宝塚の世界に魅了されまくりでした
ステキな舞台見れて良かったです

引用:高木トモユキオフィシャルブログより

なんとなく高木さんが瑠菜まりさんへ好意を寄せていたのかな…と思えますよね^^

”類は友を呼ぶ”!世間もうらやむ美男美女夫婦ですよね!

 

今は家族3人で幸せな家庭を築いているのだと思います。

 

Sponsored Links

高木トモユキさんの過去の出演作品

ドラマ『緊急取調室』

 

この投稿をInstagramで見る

 

緊急取調室 【公式】(@exkintori)がシェアした投稿

失敗の全責任を負わされた天海祐希さん演じる刑事・真壁有希子が、左遷先の「警視庁捜査一課 緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)で一癖も二癖もある犯人たちと対決する刑事ドラマで一話完結です。

決して自白しない、供述が二転三転するなど訳アリの容疑者を落とすべく取調べ専門のチームが結成され容疑者から真実を暴こうとします。

 

2014年からシーズン1が始まり、高木さんはシーズン3の2019年5月9日に放送された第5話に冒頭の方に刑事役で出演されていました。

高木さんが数日前にブログで出演の告知をしたところ、視聴者のファンの間では「キントリに高木さん出るから録画予約バッチリ」や「スーツ似合ってる」などと、少しの役どころでも話題となり、人気の高いことがよく分かります。

 

ドラマ『まだ結婚できない男』

仕事の評価は高く、ルックスも悪くない男ですが偏屈で独善的、皮肉的。

でもどこか憎めない阿部寛さん演じる主人公桑野信介が、1人の女性との出会いを契機に恋愛、そして結婚を模索するまでの日常をコミカルに描いているドラマです。

 

40歳になっても独身の「結婚できない男」であったが、夏川結衣さん演じる早坂夏美と良い関係になりつつありました。

でもその早坂夏美とは破局し、53歳になっても「まだ結婚できない男」でした。

そして、第2シリーズでもまた桑野信介を巡る女性関係などをコミカルに描かれている作品です。

 

2006年に「結婚できない男」が始まり、高木さんは第2シリーズとして始まった「まだ結婚できない男」の2019年11月5日第5話に、同じ事務所の小多田直樹さんと一緒に出演されていました。

高木さんの役どころについては、色々調べてみたものの情報がなく‥。

話の内容としては、鎌倉へ行き旅館に泊まったりしているので、もしかしたら旅館の従業員の役だったりしたのかもしれません。

 

やはりファンの間では「高木さんがまだ結婚できない男に出ていた!?」や「ドラマに高木さんの名前が」などと、高木トモユキさんの名前があるだけですごく話題となっています。

 

舞台『刀剣乱舞』 土方歳三役

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミュージカル『刀剣乱舞』(@toukenranbumusical)がシェアした投稿

刀剣乱舞とは、日本刀の名刀を男性に擬人化(ゲーム上では「付喪神」という設定)した「刀剣男士」を集めて強化し、日本の歴史上の合戦場に出没する敵を倒していく刀剣育成シミュレーションゲームのことです。

2015年にミュージカル化、2016年に舞台化とアニメ化もされ、2019年に実写映画化されました。社会現象化した作品の一つですね!

 

西暦2205年に時の政府は過去へ干渉し歴史改変を目論む「歴史修正主義者」に対抗すべく、物に眠る想いや心を目覚めさせ力を引き出す能力を持つ「審神者」と刀剣より生み出された付喪神「刀剣男士」を各時代へと送り込み、戦いを繰り広げます。

そして「刀剣男士」、「歴史修正主義者」の双方を良しとしない第三の勢力「検非違使」が介入し、刀剣男士の前に立ちはだかり、闘っていくというストーリーになっています。

 

高木さんは2017年の『ミュージカル「刀剣乱舞」~幕末天狼傳~』と2018年の『ミュージカル「刀剣乱舞」〜結びの響、始まりの音〜』のどちらも土方歳三役で出演されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミュージカル刀剣乱舞 4周年おめでとうございます。 #祝4周年 #ミュージカル刀剣乱舞 #刀ミュ #土方歳三 #高木トモユキ

高木トモユキ(@takagitomoyuki)がシェアした投稿 –

 

舞台の感想としては「この世界観を大事にしてくれて、本当に素晴らしかった。」や「高木さんが土方さんをやってくれて良かった。理想の土方さんでした。」などと、高木さんが演じた土方さんの評判は、皆さん絶賛されていました。

刀剣乱舞の舞台でファンになった方もいるようでした。

舞台を見て新たな推しメンを見つけるのも一つの醍醐味ですよね!

 

舞台『鬼滅の刃』 鱗滝左近次役

 

この投稿をInstagramで見る

 

高木トモユキ(@takagitomoyuki)がシェアした投稿


今回、舞台『鬼滅の刃』では鱗滝左近次役を演じる高木さんですが、”元柱で炭治郎の育手”という威厳ある役どころを担うことになりました。

山で厳しい稽古を行ったり、鬼殺隊員のいろはを教え育てて、炭治郎を立派に育てあげた人です。

原作の鱗滝さんはやさしい反面、厳しさも持ち合わせたキャラなので、かなり難しい役どころだと思います。

高木さんがどのような演技を見せてくれるのか注目ですね。また殺陣のシーンももの凄く楽しみなところです!

 

唯一残念なのは、鱗滝さんはいつもお面を被っているキャラであること。今回はお顔を見ることはできないかもしれませんね。

しかし!!高木さんを初めて知る方が素顔を気にしてしまうくらいの、存在感あふれるアクションに期待したいと思います。

 

Sponsored Links

Sponsored Links