菅義偉総理が三白眼の目つきがうつろで怖い?原因は病気でいつから不安定?

この世界情勢のなか、総理大臣に就任して日々の激務をこなす菅義偉さんですが、連日のように記者会見を開いていて国民が目にする機会も多いことでしょう。

記者会見で語られるのは、もっぱらコロナの対応についてですが、ある記者会見から目つきがうつろ気味なのが目立ち、視線を正面に送ったときに三白眼気味になっているのが心配されています。

マスクを着用しているせいで、瞳が注目されやすいのも影響していそうですが、たしかに以前とは様子が少し違うので気になりますね。

”目を見ると精神状態が分かる”と言われますが、菅義偉総理が三白眼気味の原因って何なんでしょう?

 

そこで今回は、菅総理の瞳に注目していきたいと思います。

  • 菅義偉総理の三白眼なのはいつからなのか
  • 三白眼の心理状態について
  • うつろな目つきと三白眼の原因

これらについて見ていきましょう。

 

Sponsored Links

菅義理偉総理の目つきがうつろで三白眼はいつから?心理状態は?

菅義偉総理の三白眼は、総理に就任してから指摘され始めているように思います。

くまきちくん
そもそも”三白眼”って何なの?

三白眼とは、瞳のなかの黒目部分がやや小さく、白目の部分の面積が多いことを言います。

こういう瞳のことです↓

三白眼

上寄りの黒目に対して、左右下の三方が白目である状況からこのように呼ばれています。

人相学的に三白眼の人の特徴は、クールな性格で、的確に物事を判断することができ、急な事態にも比較的冷静に対応できる。そんな人が多いそうです。

菅総理の三白眼は生まれつきではなさそうですが、結構当たっていて驚きますね。

 

また眼瞼下垂などの病気によって起きることもあるようです。

実際に菅義偉首相が、どれくらい三白眼になっているか見てみましょう。

三白眼のため”目つきが悪い”と言った声が多く上がっていました。

マスクをしているせいで、どうしても視線が菅総理の瞳に集中してしまうため、余計に黒目部分が気になってしまうのもあると思います。

いつも黒目部分が上寄りになっていることが多く、目つきが悪く感じてしまいやすいですね。

 

菅義偉首相はいつ頃から三白眼気味になったのでしょう?

ネットの意見を見てみると…

2020年に9月の総理選の頃あたりから、「三白眼なのでは?」との声が上がっています。

 

さかのぼってみると令和の元号を発表した頃は、そう目つきは気にならないように思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

赤間(@chijian581)がシェアした投稿

総理に就任し、新型コロナウイルスの対応などに追われ、官房長官時代に比べてさらに多忙な毎日で気持ちに余裕がないのかもしれませんね。

それが瞳や表情にあらわれているのでしょう。

 

Sponsored Links

菅義偉首相の三白眼の原因は病気?

菅義偉首相が三白眼になってしまった原因には、新型コロナウイルスの対応など、さまざまな原因があることが予想されます。

そこで菅首相の三白眼気味になった原因を考えてみます。

 

ストレスと疲れ

菅義偉首相が三白眼気味である、一番大きい原因として強いストレスが考えられます。

ストレスを受けている人というのは、少しアゴを引いて上目づかいに見る傾向があるため、自然と黒目が上にあがっていき、三白眼となります。

とくに政治家はストレスを受ける場面が多く、安倍総理や大阪の吉村知事も就任当初から比べると三白眼気味になっており、心身状態が大きく影響しているのが分かります。

吉村洋文の三白眼 安倍晋三の三白眼

 

三浦春馬さんも目をカッと見開く演技が目立ち、ファンも気にしていたようです↓

三浦春馬の目をカッと見開く癖や唇を噛む心理状態は?不安で緊張状態だった?

2020.09.15

 

菅さんは2020年9月から内閣総理大臣に選出されましたが、新型コロナウイルスの第二波や、さらにギリギリの状況にある事業の継続に向けて対応することなど問題は山積みでした。

その後に少し落ちつきを見せたかと思うと、2020年12月からは第三波到来と、新型コロナウイルスだけでも議論すべきことだらけで落ち着く間もなく毎日対応に追われているでしょう。

その影響で不規則な生活になってしまっていることもあるかと思います。

 

菅義偉総理と言えば、多忙な日々でも毎朝5時に起床し、朝食前に40分ほどウォーキングを日課としているほど健康志向です。

そして夜は遅くても0時には就寝するという、規則正しい生活を長年続けてきました。

しかし総理就任と、さらなる激務でこのリズムも大きく狂っていそうです。

そういった日々のストレスが三白眼の原因になっている可能性は高いと思われます。

 

老化による眼瞼下垂

また大きな要素の一つとして、老化による眼瞼下垂が原因も考えられます。

加齢とともにまぶたが下がってしまう病気を眼瞼下垂と言います。

老化による眼瞼下垂は、加齢などにより眼瞼挙筋腱膜がゆるみまぶたを引き上げられなくなり起こってしまう腱膜性と、加齢によって目の上の皮膚がたるみまぶたがたれ下がって起こる皮膚弛緩性の2タイプがあります。

菅義偉首相もまぶたが垂れ下がってきているように見えるので、眼瞼下垂による影響もあるかと思われます。

 

苦労多き人生の影響

菅義偉総理が就任したときに、大きく注目を集めたのが、今までの苦労多き人生についてです。

”人相はその人を表す”と言いますが、菅義偉首相は秋田県のイチゴ農家出身で、政治家一家で育ったわけではありませんでした。

高校卒業後に上京しましたが、工場勤務やアルバイトなどでお金を貯めて、上京から2年後に「授業料が最も安かった」という理由で法政大学法学部政治学科へ進学しています。

大学在学中もアルバイトなどで学費を稼ぎ、卒業後は一般企業に入社しましたが、政治家への夢を諦められず、法政大学就職課の伝で、衆議院議長中村梅吉さんの秘書を紹介され、自由民主党で同じ派閥だった衆議院議員小此木彦三郎の秘書となりました。その後11年にわたり秘書を務めています。

菅総理が”恩人”と語る小此木彦三郎先生についてはこちらで詳しく書いています↓

小此木彦三郎の娘息子や妻など家族はどんな人?死因は怪我が原因だった?

2020.09.06

その後は、横浜市会議員選挙に西区選挙区から出馬市議会議員、衆議院議員などを経験し、今の菅義偉首相があるのです。

首相になるまでに数え切れない苦労はあったことが見受けられますね。

 

年齢のこともあるので、三白眼はストレスや老化による眼瞼下垂の影響が一番大きいように思います。

総理の任期は2021年9月末までと、まだまだ多忙な生活は続きそうなので、体調にはくれぐれも気をつけていただきたいですね。

Sponsored Links

Sponsored Links