田山恒彦(坂口杏里の実父)現在の写真や本名は?坂口良子との馴れ初めは地上げ屋時代!

田山恒彦

セクシー女優やYoutuberなど、幅広い分野で活動中の坂口杏里さんですが、その実の父親である田山恒彦さんに注目が集まっています。

坂口杏里さんが幼い頃に両親が離婚して、借金を残して田山さんが蒸発したので、その後 残された良子さんと杏里さんは借金返済のために波乱万丈の人生を送ることになります。

しかしその後、残念なことに良子さんは癌闘病の末に亡くなってしまい、世間が悲しみの渦に巻き込まれましたね…。

くまきちくん
まだ最近のことのように思い出すよ…。

 

杏里さんの話題が上がるたびに、ご家族のことが思い出されますが、実父の田山恒彦さんは現在はどこで何をしているのでしょう?

そこで今回は、田山さんに注目することにしました。

  • 田山恒彦さんの現在について
  • 本名&プロフィール
  • 坂口良子さんとの馴れ初め

これらについてまとめていきたいと思います。

それでは見ていきましょう。

 

Sponsored Links

田山恒彦さんの現在は癌で闘病中?写真はある?

田山恒彦さんは、2015年12月に癌を患い入院していたことが坂口杏里さんのブログに綴られています。

杏里さんが父の癌について知ったのは、当時の所属事務所に連絡が来たのがきっかけでした。

恒彦さんと良子さんが離婚したのは杏里さんが3歳の頃だったので、父親の記憶はあまりなかったそうですが、母親に大変な苦労を背負わせた実父に会いに行ってもいいものか葛藤した様子が書かれていました。

本当のお父さんが癌だ
ってゆうのを事務所に連絡をいただき、
でもママを苦しめて苦しめてどん底までやった
人間の顔なんか見るかって、
病院行くことと悩んでた

 

しかし悩んだ末に、20年ぶりに感謝の気持ちを伝えるために会いに行くことに。

病室で田山さんの手を握って、涙を流しながら「自分を生んでくれてありがとう」と紙に書いて伝えたそうです。

くまきちくん
話しかけたのではなく、紙に書いて見せたっていうことは、相当深刻な状態だったのかも…。

良子さんを亡くして2年後のことですから、闘病中の田山さんの姿を見て、杏里さんは母のことを思い出したと語っています。

 

事務所に連絡が入ったとなると、その時点ですでに田山さんの病状は芳しくなかったのかもしれません。

2021年現在、田山さんは83歳とご高齢ですし、現状が気になります。

 

そこで現在はどうしてるのか、今の写真も探しましたが、田山さんは一般の方なのでまったく情報が見当たりませんでした。

SNSアカウントもお持ちではないようです。

くまきちくん
ご高齢だしね…。

杏里さんから何か報告はないか調べましたが、今の自分の生活で精一杯な様子で、父について語られることはないですね。

しかし田山恒彦さんと坂口良子さんが結婚した当時の写真はありましたので、次の見出しに載せています↓

田山恒彦さんのプロフィールと本名について

名前(本名):田山 恒彦
生年月日:1937年生まれ
年齢:83歳(2021年1月現在)
血液型:B型
最終学歴:日本大学理工学部 卒業

田山恒彦さんは、日本大学理工学部出身です。

身長178cmでハンサムだったことから、昔のモテ男の要素とも言われる『高身長・高収入・高学歴』の3Kを満たすイケメンだったと、当時は言われたようです。

パン子さん
たしかに仕事ができる男って雰囲気あるしね。
くまきちくん
杏里さんは父親似なんだな~

田山さんは過去に2度の結婚歴があり、死別と離婚を経験しています。

そして良子さんと結婚したときに、元奥さんとの子である18歳の娘さんも一緒でした。

 

坂口良子さんと出逢ったときに、田山恒彦さんはゴルフ場経営や都市開発を事業とする本州開発の常務でした。

一言でいうと地上げ屋をしており、都心の一等地を買い占めに走る仕事だったそうです。

1984年当時には会社の業績は上々で、田山さんの年収は2000万円ほどあったんですって!

 

しかしその後に会社の所得隠しが発覚したため、会社を退社し、田山恒彦さんは不動産会社を立ち上げました。

順調に事業が進んでいくかと思えば、その直後にバブルが崩壊して、田山さんが建てたビルが仮差し押さえされる事態となり、借金だけが残ってしまいます。

不動産会社ということもあって、動くお金はもの凄い金額でしょうし、損失が出るときも大きいでしょうね。

 

Sponsored Links

田山恒彦さんと坂口良子さんとの馴れ初めは地上げ屋の頃

女優 坂口良子さんは、芸能界でも恋多き女優として知られており、当時は水谷豊さんや石立鉄男さん、沖雅也さんらとの交際も報道されました。

そんな坂口さんと田山さんとの出会いは、1984年12月の熱海温泉でのことです。

坂口さんは、都市開発やゴルフ場経営を事業とする本州開発の社長と会うために、カラオケスナックへ飲みに行ったところ、当時常務の職を担っていた田山恒彦さんを紹介されました。

アラフィフで貫録のある田山さんを見て、坂口さんは「結婚して奥さんがいるんだ」と思い込んでいましたが、実際は過去2度の結婚で死別と離婚を経験し独身だったのです。

 

その1年後のクリスマスに、田山さんは坂口さんをディナーショーへ誘い、交際がスタートしました。

意気投合した2人はトントン拍子に結婚まで進み、1986年5月に2人は婚約会見を行い、11月にシンガポールに親戚&友人を招待して挙式とハネムーンをおこないました。

2人が結婚したのは、田山さん49歳で坂口さんが31歳の18歳差で話題を呼びました。

ほぼ親子ほどの歳の差の夫婦となりますが、お互いに惹かれ合うものがあったんでしょうね。

その後の新婚生活は、田山恒彦さんとその連れ子の18歳の娘さん、84歳の父親と、坂口良子さんの母親も同居することになり、大所帯での生活となりました。

それから1989年に息子と、1991年に娘の杏里さんが生まれ、大家族でにぎやかに暮らしていました。

 

しかし幸せな生活がある日一変します。

田山さんの勤める会社が税務調査に引っかかり9億円の申告漏れを指摘されてしまいます。

それを機に長年勤めた会社を退社し、独立して不動産会社を経営しましたが、1991年の杏里さんが生まれた直後にバブルが崩壊して、田山さんの会社のビルが仮差し押さえされる事態に。

業績は持ち直すことなく1994年4月に田山さんの会社は倒産し、その後坂口良子さんは離婚会見を開きましたが、知らない間に借金の連帯保証人にされ、40億円の借金を背負わされます。

そして1999年に当時交際中だった、プロゴルファーの尾崎健夫さんに支えられながら、10年間で借金を完済しました。

くまきちくん
10年間で40億円の借金を完済!?想像できない世界だ…。

しかしその後坂口良子さんは、大腸癌と肺炎を患い、2013年3月に57歳の若さでお亡くなりになりました。

杏里さんがまだ若いうちに亡くなって、良子さんも天国で後悔してるかもしれませんが、一番悔やんでいるのは田山恒彦さんなのではと思います。

しかし今後も元気に暮らすことが、良子さんの弔いになると思いますのでで、自分をしっかり持って生きていって欲しいですね。

Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です