壊相(呪術廻戦)の術式一覧と背中画像は?アニメのタイツ姿は規制が入った?

壊相の術式と背中

呪胎九相図の2番が受肉して誕生したのが壊相です。

漫画ではモヒカン頭に筋骨隆々の肉体で、蝶ネクタイとガーターベルトを身に着けてる危ない男ですが、アニメではさすがに見た目がキツかったのかタイツを穿いてますね。

エガちゃんみたいな姿で登場してます。

くまきちくん
放送時間が深夜帯でもキツかったか~
パン子さん
ブーメランパンツ封印ね。

さすがに戦闘中は全身が映りますし、仕方ないと言えばそれまでなんですが、一ファンとしてはちょっと寂しい気も…。笑

 

作中ではどのキャラより一番紳士的な彼ですが、あの容姿が特徴的過ぎてアニメでの登場シーンも気になりますね。

そこで今回は壊相のプロフィール~使う術式、背中を隠す理由についてまとめていきたいと思います。

  • 壊相のプロフィール
  • 背中がコンプレックスの理由
  • 術式と技の一覧
  • アニメのタイツ姿は規制が入ったから?

これらについて見ていきましょう。

 

Sponsored Links

呪術廻戦の壊相(えそう)のプロフィールと血塗との関係について

呪術廻戦の壊相

出典:呪術廻戦第57話より

名前:壊相
読み方:えそう
術式:蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)
所属:呪胎九相図2番
嫌いなもの:背中を見られること、加茂憲倫

壊相は呪胎九相図の2番が受肉した姿で、3人兄弟の真ん中っ子です。

上には1番の脹相とその下に3番の血塗がいます。

長男:脹相(ちょうそう)
次男:壊相(えそう)
三男:血塗(けちず)

 

3兄弟が受肉したときに、兄の脹相が呪霊側につくよう弟達に提案しましたが、壊相は胡散臭いのでイヤがりました。

しかし呪霊側につく方が自分達には都合が良いと、兄弟3人は力を合わせて生きることを誓いました。

「壊相は血塗のために
血塗は脹相のために
脹相は壊相のために
俺たちは三人で一つだ」

兄弟の絆が強いのは、3人での誓いがあったからです。

 

そんな壊相は兄弟想いで、八十八橋の虎杖と釘崎との戦いで弟の血塗に気を配るなどのやさしい一面が見られました。

八十八橋での戦いで、壊相の蝕爛腐術の術式によって、虎杖と釘崎は体に壊相の血液を受けてしまいます。

しかし釘崎は体に受けた血液を利用して、芻霊呪法『共鳴り』を発動。

芻霊呪法『共鳴り』とは…

対象から欠損した一部に人形を通して呪力を打ち込むことで、対象本体にダメージを与える術式。

離れた位置から呪術にて壊相と血塗を苦しめます。

 

壊相が術式を発動して血塗が油断したすきに、虎杖が攻撃を仕掛けます。

その攻撃によって血塗が致命傷を負ってしまい、壊相は弟の命を優先して発動した術式を解くシーンがありました。

戦いのときも自分のことより弟を優先。

 

弟が再起不能状態になったときには涙を流すシーンも見られました。

壊相

出典:呪術廻戦第62話より

 

壊相の姿は変態そのものですが、性格は紳士的で、敵に対してもていねいに対応するのが印象的です。

釘崎のことを「お嬢さん」と呼び、呪術師殺しは自分のお遣いに含まれていないと、釘崎を見逃そうとしました。

パン子さん
じぇ…ジェントルマン…!?

 

【壊相の背中画像】なぜ背中を見られるのを嫌がるの?理由は?

壊相は背中に極度のコンプレックスがあり、後ろ姿を見られるのを嫌がります。

背中を見せたくない理由は、背中にある『不気味な顔』が異臭を放っているからです。

壊相の背中には大きな顔があります。

壊相は自分の弟でさえも背中を見られるのがイヤなようで、背後に立たれた瞬間「殺す!」と豹変してました。

先ほどの紳士的な態度はどこへやら。

この大きな顔はずっと膿んでいる状態で、服を着るとムレて臭くなるのがイヤなため、通気性重視の恰好をしているのです。

くまきちくん
だからパンイチに近い姿だったのか…

釘崎も変な臭いに異変を感じていました。

パン子さん
でもあの姿でいたら、背中見えちゃうよね。

 

Sponsored Links

壊相の術式と技の一覧

壊相の術式は蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)という術式を駆使します。

蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)

壊相の血液は酸のように物を溶かす性質があり、この有毒な血液を操作する術式を駆使します。

全身に浴びなければ死ぬことはありませんが、血が体に付くとかなりの激痛を伴うのが特徴です。

蝕爛腐術 極ノ番『翅王』(しょくらんふじゅつ ごくのばん しおう)

背中から噴き出した血液で蝶の羽根のような形を作り、血の針を伸ばして敵を刺します。

その血に触れると、体や衣服は溶けて腐蝕してしまうという恐ろしい技です。

 

蝕爛腐術『巧』(しょくらんふじゅつ きゅう)

壊相の術式

出典:呪術廻戦第60話より

壊相の血液には酸のように物を溶かす性質があるので、相手の体に当てるだけで体内に血液を取り込ませることができます。その上で『朽』を発動させます。

壊相か血塗のどちらかの血を相手の体内に取り込み、兄弟のどちらかが術式を発動させると、侵入個所から腐蝕が始まります。

八十八橋での交戦では虎杖と釘崎の両方が朽の術式にかかり、虎杖が15分、釘崎が10分ほどで毒が体に回るとされました。

腐蝕が始まると体の組織は分解され、骨しか残らないという毒性の強い技です。

 

しかし釘崎はこの術式を逆手に取り、体内に取りこんだ壊相の血液を利用して、芻霊呪法「共鳴り」を発現。

釘崎が呪力を打ち込むたびに壊相と血塗は苦しみ続けることに。

2人が苦しみ隙ができた瞬間に虎杖が血塗に攻撃をしかけていました。

 

アニメ『呪術廻戦』では壊相のパンツ姿に規制が入りタイツ姿に!

壊相と言えば、はだかに『蝶ネクタイ+Tバック+ガーターベルト』がお決まりのスタイルでしたが、アニメの放送時間が深夜帯でもこの姿は刺激的だったのか規制が入る事態となりました。

上半身の衣装はそのまま採用となりましたが、パンイチではなくタイツを穿いて登場することになりました。

くまきちくん
お兄ちゃんに穿かされたのか…

 

壊相のアニメの衣装に関して、皆さんはどう思っているんでしょう?

多かった意見としては、ありのままの姿を見たかったけど、規制なら仕方がないか…という声です。

そのなかでも「衣装が変わって淋しい」という意見も多くみられました。

 

筋肉紳士が表現できていれば問題ない派もいます。

戦闘中にキューティーハニーみたいにならないと良いのですが…笑

アニメの壊相の戦いぶりにも注目ですね!

☆『会員登録なしで全巻無料で読める』漫画がいっぱい☆
 

無料漫画は32,000冊!!

\呪術廻戦のコミック&ファンブックも配信中/
スキマで漫画を無料で読む!

Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です