Nativeのマザーオブパールの口コミ評判を購入してレビュー!着け心地や感想も紹介!

ネイティブのマザーオブパール

今回は、北欧デンマークの腕時計ブランド『Nordgreen(ノードグリーン)』の、人気商品 Native(ネイティブ)のレビューをしていきたいと思います。

リモートワークやオンライン授業が続いて気持ちが怠けがちになっちゃいますが、そんなときにいつもと違うワクワク感を演出してくれるのがNativeの腕時計です。

自分の気持ちが上がると自然とやる気も出てきますし、勝負服のように自分自身を高めてくれるアイテムとなりそうですよね。

 

さて今回は、新商品であるマザーオブパールの文字盤のネイティブを画像付きで紹介し、デザインの違いや着け心地の感想などもすべてまとめてご紹介したいと思います。

  • ネイティブのスペックについて
  • ネイティブの口コミ・評判・レビュー
  • 着用レビュー
  • 良い点&気になる点を評価

それでは見ていきましょう!

最新15%OFFクーポンコード配布中→ MOADANE

商品をカートに入れて、支払いページでクーポンコードを入力で即割引。

15%オフでノードグリーンを購入する▼

Nordgreen公式サイト

 

Sponsored Links

Nordgreen(ノードグリーン)の『Native(ネイティブ)』とはどんな時計?スペックは?

Native(ネイティブ)は、普遍的な時間をテーマに”バランスの重要性”からインスピレーションを受けて誕生した腕時計です。

Nordgreenの定番モデルとして定着しており、ミニマルで洗練されたデンマークならではのデザインになっています。

くまきちくん
そもそも『Native』ってどう意味なの?

Nativeを翻訳すると、出生地の、自国の、本来の、土地固有の、天然のままの、原住民の…といった意味合いがあります。

 

Nordgreenの腕時計は男女両用のユニセックスになっていますが、そのなかでもNativeは全ラインナップのなかでも一番薄型で、丸みを帯びたドーム型のガラスケースがやわらかいデザインとなっています。

立体的でどこかかわいらしさも感じる、やさしさが光る腕時計ですね。

 

またネイティブの大きな特長として、ダイヤル(文字盤)カラーのラインナップが豊富なところが挙げられます。

ホワイト、マザーオブパール、ブラック、ネイビーの4種類から選ぶことができます。

ケースサイズとケースカラー、ダイヤルカラー、ストラップの種類をそれぞれ好みの物と組み合わせることによって、ビジュアル数は無限大!

また選ぶストラップ次第では、プラーベートやオフィス用としても使いこなせそうですね。

Nativeのくわしいスペックをこちらにまとめました。

NordgreenのNativeのスペック

ネイティブは、ノードグリーン標準仕様の3ATM防水です。

日常生活での汗や、洗顔時の水滴、にわか雨などに耐えることができる程度の生活防水機能を備えています。

 

【Nordgreen(ノードグリーン)腕時計】ネイティブ・マザーオブパールの口コミ&評判をレビュー

ノードグリーンのマザーオブパール

今回レビューしていくのは、Native(ネイティブ)の文字盤32ミリです。

ゴールドのケースカラー&メッシュベルトに、文字盤はマザーオブパールを選択しました。

『マザーオブパール』の腕時計とは…真珠の貝殻を文字盤の材料として用いた腕時計のこと。
くまきちくん
えっ…それって何気にゴージャスなんじゃ!?

 

ネイティブのゴールドはとても人気で、マザーオブパールの発売当初はゴールド×マザーオブパールの組み合わせが品切れ状態に陥るほどでした。

ショップへ問い合わせをしたところ、このような回答が得られました。

「ゴールド×マザーオブパールは人気色のため、次回の入荷は未定となっております。」

そこまで人気色だとは!

 

また女性からはローズゴールドが人気だそうで、2021年6月初旬には28ミリサイズが売り切れになっていますね。

パン子さん
気に入ったらすぐに購入しないとなくなっちゃうんだね。

マザーオブパールの輝きに合うような、あたたかみのあるカラーが人気なようですね。

 

”nordgreen COPENHAGEN”と書かれたネイビーの細長い化粧箱に入って、腕時計は到着しました。

ノードグリーンのネイティブ

厚手の緩衝材の上に腕時計が敷かれ、上と下の2か所がゴムで固定されています。

メッシュストラップの長さ調節用のスティックと、保証書が同梱されていました。

NordgreenのNative

 

文字盤にはノードグリーンのシンボルマークと、『nordgreen COPENHAGEN』と細く丸みを帯びた書体のアルファベットのロゴが入っています。

これは全モデル共通ですね。

ノードグリーンのマザーオブパール

文字盤にはアワーマーク(時字)の目盛りが刻まれています。

アワーマークはケースカラーによって変化し、ゴールドのケースカラーは、アワーマークもゴールドです。

例)シルバーのケースカラー⇒シルバーのアワーマーク…といった感じ

あとは時針&分針のみのミニマルなデザインです。

 

ノードグリーンのなかでも、パイオニアとフィロソファにはカレンダー機能が備わっていますが、ネイティブとインフィニティユニカは時間が確認できるのみのシンプルなビジュアルです。

 

ノードグリーンのネイティブ

今回とくに着目したいのが、マザーオブパールの文字盤です。

正面から見ると、パールのキラキラ光り輝くオフホワイトが清純さをアピール。

 

しかし、ひとたび腕時計の角度を変えると、虹色に光り輝くんです!

ノードグリーンのマザーオブパール

青、紫、ピンク、緑、黄緑、黄色、白…などが複雑に絡み合ってレインボーに光る文字盤が目を引きます。

ガラス面がぷっくりしたドーム型になっていて、どこかかわいさも感じられますね。

パールの輝きを放つ文字盤と、ネイティブの丸みを帯びたガラスケースとの相性が抜群だなって思います。

うっとりするくらいキレイでずっと眺めていられそうです。

秀逸かつ斬新なデザインで、どこか北欧らしさを感じさせられますね。

ネイティブのマザーオブパール

マザーオブパールはパール特有のあたたかみが感じられますし、虹色の輝きが涼しげにも見える不思議な文字盤です。

まさにシンプルさとゴージャスが混ざり合った腕時計と言えますね!

くまきちくん
高級感が感じられるよね。

 

腕時計を裏返すと、バックケースにはのような模様が描かれています。

ネイティブの語源(本来の、天然のままの…といった意味)から来ているデザインなのでしょうか?

ネイティブのバックケース

 

時間を調節するリューズは、ノードグリーンのシンボルマークが刻印されています。

ノードグリーンのネイティブのリューズ

↑ちょっと小さくて見えませんね…。汗

 

ネイティブは”バランス”をイメージして作られた腕時計です。

デンマーク人の生活パターンは、8:8:8の法則に基づいており、8時間の睡眠、8時間の仕事、8時間のプライベートタイムと決まっているそうです。

いつでもどこにいても心に余裕を持って過ごしたい。そんな思いが込められているんですね。

 

【着画】ノードグリーンのネイティブを着用してみた

ノードグリーンのネイティブ

NordgreenのNative(ネイティブ) 32ミリ マザーオブパールのゴールドメッシュベルトです。

今回、ゴールドのマザーオブパールの腕時計ということで、どんな服装と合うのかあまり見当がつきませんでした。

やはりきれいめコーデ向きなのか?それともカジュアルでもいけるのか…??

↑上の画像はネイビーブルーのトップスに黒のレギンスパンツです。

手首だけ浮くこともなく、案外コーデと合っているんじゃないでしょうか。

 

続いて水色のシャツワンピでネイティブを着用してみると…

NordgreenのNative

夏の抜け感があるファッションでも手首をパッと明るく演出してくれます。涼しげで素敵ですよね!

ゴールドなのでもっとギラついた感じに見えるのでは…と思っていましたが、意外にも肌になじんでキレイに見せてくれます。

 

続いてカジュアルではどうなるのか?

ノードグリーンのネイティブ
くまきちくん
普通に服装と合ってるね?

カジュアルコーデはメッシュベルトでもOKですが、レザーやナイロンベルトの方がキマるかもしれません。

ブラウン、ベージュ、紫、ブルー、ブラック、ホワイト…など、わりとゴールドと合う服はあるように思いますが、グレーのトップスには微妙かも…??

 

マザーオブパール自体はどのケースカラーとも相性抜群なので、オンラインショップのディスプレイでビジュアルを確認すると良いですね。

交換用のベルトとあわせて購入すると、色々と使いまわせそうです。

\最新15%OFFクーポン配布中: MOADANE /
 

ノードグリーン・ネイティブの気になる点

ノードグリーンのネイティブ

ここまでネイティブの好きなところを挙げてきましたが、気になる点についても見ていきたいと思います。

 

短めのストラップがあると良い

細身の娘がネイティブに興味を示したので試しに着けてみたところ、余っているストラップが長くてやや邪魔に感じたようでした。

筆者の腕にはぴったり密着したので何も気になりませんでしたが、華奢な体型の人向けに短めのストラップがあれば良いかなと思いました。

くまきちくん
ストラップは中留できちんととめるから、そこまで気にはならないと思うけどね。

長く着用していると汚れが気になる

ネイティブに限ったことではありませんが、腕時計のメッシュストラップはステンレス鋼でできているので、長期間使用していると 肌に触れる部分に汚れが付きやすく、目立ちやすいのも一つ欠点かなと思います。

腕時計を外すときに、毎回やわらかい布で拭くようにしてますが、とくにケースの裏側や中留などが汚れやすい気がします。

しかしメッシュベルトは扱いやすく、貴金属用洗浄水を使ってやさしく洗うとすぐにキレイになるので、お手入れはしやすいのかなと思います。

腕時計の保管方法に注意が必要

これは完全に私が悪いのですが、メッシュベルトの腕時計の扱い方がよく分からなくて、こんな風に↓置いておいたらメッシュベルトに変なクセが付いてしまいました…。

メッシュベルトの腕時計

保管するときは、平らな場所にピンッと真っすぐに伸ばして置いておかないといけません。(当たり前)

他にもインフィニティも、本体とストラップの接続部がつながっているのでもっとクセが付きやすいです。

注意が必要ですね。

 

ノードグリーン・ネイティブの良い点

ネイティブのマザーオブパール

続いて、筆者目線のネイティブの良い点を挙げてみます。

 

薄型デザインで普段使いに向いている

ネイティブの推しポイントとして、ケースが薄型であることが挙げられます。

ノードグリーンのラインナップのなかでは、最も薄い6.7mm or 7.0mmになります。

袖口の邪魔にならないため、普段使いに向いた腕時計です。

普段はあまり腕時計をしない人でも、違和感なく着けれるのが良いところかなと思います。

 

腕時計はその日の服装で合わせると思いますが、なかなかファッションが決まらないときにも、すっきり薄型のネイティブは活躍してくれます。

シンプルな見た目なので、きれいめカジュアルやアクティブにも合わせられるという不思議な腕時計です。

細身の男性にも似合って、着用シーンを選ばない

男性用の腕時計は大型でごついデザインの物が多いですが、ネイティブは時針&分針の2針デザインですっきりした見た目が特長です。

ケース本体の直径が28ミリ~40ミリまであり、細身のシルエットが好きな男性も愛用することができます。

ストラップをリンクブレスやレザーに変更すれば、オフィスシーンでも使うことができます。

プレゼント用として評価が高い

ノードグリーン購入者の口コミを見ていると、プレゼント用として一番多くの方に選ばれているのがネイティブでした。

  • 高校、大学入学祝い
  • 就職祝い
  • 母の日
  • バースデー
  • クリスマス
  • 記念日

万人受けするデザインであることと、選ぶストラップ次第で色んな姿に変身するところが大きいポイントのようです。

ある購入者はレザーストラップを選び、高校生の娘さんの通学用としてプレゼントして喜ばれているようでした。

 

腕時計が2年間保証付き

ノードグリーンの腕時計はすべて2年間保証が付いています。

腕時計が日常生活の必須アイテムとなっている方、着用頻度が高い方にはうれしい保証期間です。

ヘビーユースする場合は、メンテナンス期間は長いに越したことはありません!

それだけ品質に自信があるということでしょう。

ノードグリーンのネイティブ

ストラップを交換して、自分好みにアレンジ可能!

オフィスシーンにもプライベートシーンにも使えるネイティブはおすすめですね。

 

最新15%OFFクーポンコード配布中→ MOADANE

商品をカートに入れて、支払いページでクーポンコードを入力で即割引。

15%オフでノードグリーンを購入する▼

Nordgreen公式サイト
Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です