レンタルなんもしない人の料金や依頼方法は?どんなことを頼めるの?

こんにちは。あこぽんです。

レンタルおじさんや、レンタル彼氏など‥
依頼者の相談にのったり、愚痴聞きしてくれたり、

世の中にはおもしろいサービスがあふれていますよね。

そんななか、Twitter上で
まったく新しいレンタルサービスが注目を集めています。

 

その名も‥
レンタルなんもしない人

活動内容は何かすることもなく、
ただ そこにいるだけという驚きのサービスなんです。

これが今話題沸騰中で、

なんもしない人さんは一般人なのに
現在のフォロワー数が7万人超えというから驚きです!

 

そこで今回は、レンタルなんもしない人の全貌を確認していきたいと思います。

・依頼方法や料金について
・出張地域はどのあたりなのか
・どんなことが依頼できるのか

これらについてまとめていこうと思います。

それでは見ていきましょう!

 

Sponsored Links

レンタルなんもしない人の値段や依頼方法は?Twitterアカウントはどれ?

レンタルなんもしない人の仕事内容は、

35歳の男性が1人で呼ばれた場所へ出向き、
何もせずただその場にいてくれるというサービスです。

 

出張地域は明記されていませんが、

国分寺駅から出張されるそうなので、
その近辺の依頼に応じてくれるのかなと思います。

 

なんと!
レンタルなんもしない人の依頼料金は無料(0円)で、

依頼時にかかった料金と、
交通費さえ負担すればOKという良心的なサービスなんです。

・飲食費
・交通費(国分寺駅からの)など‥

 

イメージ的には、ちょっとしたボランティア的なものですかね。

無料で来てもらえるということで普及したと思いますが、
主婦的には1時間千円でももらえばいいのにな~って思いました^^;

やはり時間を拘束されるわけですし。

 

ただ、無料なだけあって、
飲食と簡単な受け答え以外は何もしないんだそうです。

依頼したいときは、
Twitterのご本人のアカウントへDMして下さい。

 

どんな依頼が頼めて、どんな人がお願いするのか?

さて、過去にどんな依頼があったのか見ていきたいと思います。

 

【ケース1】公園でパフォーマンスをしたいから付き添って欲しい

とある都内の公園で、朝8時30分に依頼者と待ち合わせ。

依頼者は保育士さんで、プライベートで仮装するのが趣味なんだそうです。

保育士さんがイノシシの仮装をして、
パフォーマンスをしながら歩いていく人へ挨拶するのを
後ろからただ見守って欲しいという依頼です。

 

イノシシの被り物を身にまとい、挨拶しながらパフォーマンスする依頼者さん。

なんもしない人は、何もせずにその姿をただただ見守ります。

くまきちくん
声援を送ることもなく、感想を言うこともなくで、依頼者は満足なの?

依頼者の方いわく、

「その時間を共有してもらいたい。
孤独だなと思ったときにこの人が見てくれていたら、
自分のなかで気持ちがちがう。」

そう満足された様子です。

 

午前9時にパフォーマンス終了。

交通費に500円が支払われ任務完了です。

 

【ケース2】一緒にカラオケに行って欲しい

別の保育士志望の女性と駅で待ち合わせをして、
出かけた先はカラオケボックス。

その方は保育士の資格試験を控えるているため、
歌のテストに向けて人前で練習がしたいのでカラオケに一緒に行って欲しいという依頼内容でした。

 

しかし、カラオケボックスで依頼者が歌い始めても、
感想を言ったり、合いの手を入れたりもせず
やはり何もしません。

くまきちくん
依頼者の方は初対面の人とカラオケに行って、どんな気分なんだろう?

依頼者の方いわく、

「何もしないので、試験の審査員と思いながら歌うことができた。素晴らしい。」

と好評な様子ですね。

”知らない人”というのが依頼内容にマッチする場合もあるんですね!

 

Sponsored Links

【ケース3】一緒にライブへ行って欲しい

 

依頼内容で一番多いものは、同行ものだそうで、
ライブハウスでアイドルのライブを依頼者と一緒に鑑賞することもあります。

ここでもなにもしないかと思いきや、
歌にあわせて手拍子をする様子が見られました。

パン子さん
衝動的に何かすることもあるのね‥(笑)
くまきちくん
いや。ノリノリの会場で手拍子なしではいられなかったんじゃない!?

ライブの場合、一人で行きたくないという方だけでなく、

なんもしない人と一緒にライブに行ったことを
Twitterで拡散して、

応援しているアーティストの認知度アップを狙うケースもあるんですって。

くまきちくん
なんもしない人の知名度を利用した作戦ってこと!?

 

依頼者の方は、

「お金をもらって依頼を受けるのはよくあることだけど、
お金をもらわない代わりに何もしないっていうのは
誰もやったことはなく、需要があるんじゃないかな。」

と、料金が無料であることを賞讃されていました。

 

なんもしない人が世間に知られて依頼が増えると、
今後 料金が必要になりそうな予感がしますね^^;

なんていったって一人でやっていますし、

いろんな意味で大変なサービスですよね。

 

【ケース4】会社の会議に同席して欲しい

他にはこんな変わった依頼内容も。

会社の会議に参加してもらい、雰囲気を変えたいという依頼もありました。

なんもしない人と、3人の男性が顔を合わせ、
カフェのような場所で会社の会議が開かれています。

 

依頼者によると、

「会議をしていると、打ち合わせのメンバーが同じ顔触れになる。
なんもしない人に来てもらえたら新しい風になるかな。」
パン子さん
会議の雰囲気を変えるために依頼するって、新しい利用方法ね。

知らない人を入れることで、マンネリ化を防ぐということなんですね!

会議は思いのほか談笑したり、あたたかい雰囲気に包まれ、
アイスブレイクしたような雰囲気になったそうです。

”カンフル剤になった!”と好印象な様子でした。

 

【ケース5】勉強するときそばにいて欲しい

試験勉強や課題宿題をするときに一人だとサボってしまうので、

知り合いではない第三者にいてもらい
サボり防止をしたいという依頼も。

 

たしかに勉強って一人だと怠けたい気持ちが出やすいので、
知らない人に来てもらうことで
その空気を断ち切って欲しいということなんですね。

しかし、勉強する空間に知らない人がいるって
どんな気分なんでしょう~?

安心して勉強できない気もしそうですが^^;

 

【ケース6】記念日に一緒に食事して欲しい

ときには、人生の節目に立ち会うこともあるんだそうです。

夜にそば屋さんで、男性の方と待ち合わせです。

その依頼内容とは‥

離婚して別居生活が始まったので、その記念に一緒にそばを食べて欲しいというもの。

人生の一大事にも依頼されることがあるんですね。

 

依頼者の方はこんな思いがあったそうです。

「レンタルなんもしない人は、人生のなかなかない場面の人たちによく呼ばれると思います。
離婚して寂しいという気持ちでいるよりは、今回のことを自分の武勇伝にしておきたい。」

依頼することで、離婚を自分のなかでいい思い出にしたかったんですって。

なにもしなくても寄り添えることってあるんですね。

依頼には、このような様々な事情や思いがあるんですね。

 

まとめ

 

・レンタルなんもしない人の利用料金は無料。

・交通費や飲食費など、依頼時にかかった諸経費のみ支払うこと。

・利用地域は国分寺駅周辺(?)

・依頼方法は、Twitterのレンタルなんもしない人へDMする。

 

一人のときはレンタルなんもしない人が
そばにいてくると心強いですが、

話し相手になってくるわけではないので
そこはちょっとさみしい気もしますかね^^;

でも無言でも気を遣わなくてもいいし、
シーンによっては助かるかもしれませんね。

 

今後も利用料金が無料なのか気になるところですね。

引き続き、レンタルなんもしない人に注目したいと思います!

Sponsored Links

Sponsored Links

2 件のコメント

  • 楽しく拝見しました。
    私は「(個人情報のため伏字)」というブログで記事投稿しています。
    つたない記事ですが、もし、ご参考にしていただければ幸いです。

    • こんにちは。コメントありがとうございます。
      お知らせいただいたブログを拝見させていただきました。
      大変勉強になりました。またご訪問させて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です