塩谷歩波(銭湯イラストレーター)病気や結婚相手の夫は?父母のコーヒー店の場所も

こんにちは。あこぽんです。

近頃、銭湯イラストレーターの塩谷歩波さんという方が話題になっていますね。

銭湯イラストレーターって、
銭湯の壁に絵を描く仕事なのかな?と思ったら
銭湯のなかの様子をイラストにする仕事の方でした(笑)

今となっては銭湯も少なくなる一方で
さみしい限りですが、

そんななかでも塩谷歩波さんが
なぜここまで活躍されているのか気になります!

 

そこで今回は

・塩谷歩波さんのプロフィールと経歴
・結婚されているのか
・過去に患った病気について
・両親のコーヒー店の場所はどこか
・『銭湯図解』の内容とレビュー

これらについてまとめていこうと思います。

それでは見ていきましょう!

 

Sponsored Links

塩谷歩波(えんやほなみ)さんのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

enya honami (塩谷歩波)さん(@enyahonami)がシェアした投稿

名前:塩谷 歩波(えんや ほなみ)
出身地:東京都
生年月日:1990年6月25日
年齢:28歳
大学:早稲田大学 創造理工学部建築学科
職業:銭湯の番頭、イラストレーター

経歴&生い立ちと病気について

塩谷歩波さんが絵と建築に興味を持ったのは、

小学生のときにインテリアコーディネーターの母親から
建物の外観や室内の絵の描き方を習ったことがきっかけでした。

絵と建築の入り口がほぼ同じだったんですね。

小学生くらいのときって、
少女マンガの絵をマネして書いたりすることが
多いような気がしますけど、

とっかかりが建物の絵だったというのは驚きです!

 

高校卒業後は早稲田大学創造理工学部で建築を勉強し、修士課程を修了。

その後は、2015年から都内の設計事務所で働き始めました。

その事務所では、主に民間や公共施設の建築デザインを担当していました。

歩波さんは憧れていた仕事ができることに喜びを感じ、
休日も熱心に働いていたそうです。

 

そんな彼女にはある夢がありました。

それは‥

”海外にも通じる一流の建築家になる”

 

毎日やりがいを感じながら仕事をしていましたが、

複数のプロジェクトを抱えていた
2016年の春ごろに体調に異変が起き始めます。

倦怠感やめまいの症状に悩み、

ある日病院にかかったところ、
機能性低血糖症という診断が下されました。

 

完全に過労が原因ですよね。。

 

当初は短期の休職予定だったそうですが、
その年の秋にドクターストップがかかって
長期休養することになりました。

 

しかしそんなある日、
医師の勧めで代謝を上げるようにと、
銭湯へ出かけたことが人生を変えるきっかけとなりました。

銭湯での温冷交互浴が歩波さんの体調にあっていたのか、
銭湯に行くたびに心身ともに少しずつ体調が良くなったんだそうです。

 

いつしか銭湯が心の支えとなり、
自分を救ってくれた恩返しに銭湯の良さを広めたいと、

銭湯のイラストをSNSで拡散したところ
設計の腕前を生かしたリアルな絵が
銭湯ファンの間で注目を集めることに。

SNSのイラストが小杉湯の若旦那の目に留まり、
転職するよう誘ってくれたそうです。

 

View this post on Instagram

 

小杉湯 Kosugi-yu #銭湯 #銭湯図解 #sento #小杉湯 #東京銭湯

enya honami (塩谷歩波)さん(@enyahonami)がシェアした投稿 –

人生って、どこにきっかけがあるか分かりませんよね!

 

現在 塩谷歩波さんは
小杉の湯で番頭として働きつつ、
イラストレーターとしても活動して
多忙な日々を過ごしておられます。

 

Sponsored Links

勤務する銭湯はどこ?

塩谷歩波さんが番頭として働いている銭湯は、
杉並区にある高円寺・小杉湯です。

昭和8年に創業した、地元の方から愛され続ける銭湯です。

水風呂の気持ち良さが評判で、
ファンの間からは『交互浴の聖地』なんて言われているそうです!

また、ほんのり甘い香りがするミルク風呂も人気だったり、

季節が感じられる日替わり湯も
変わりダネ揃いでネットでも話題になっていますね。

シーズンごとに季節の湯が楽しめるんですね!

 

View this post on Instagram

 

小杉湯 / Kosugiyuさん(@kosugiyu_sento)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

enya honami (塩谷歩波)さん(@enyahonami)がシェアした投稿

冬至にゆず湯をやっている温泉は見かけますけど、
ももの葉やぶどう湯って珍しいですよね!

 

小杉湯は今まで建物の中や浴室は
何度か作り変えられているそうですが、
浴室の壁に描かれる伝統の富士山の絵は
しっかり守られているんですって。

古き良き雰囲気は残されているんですね。

 

そんな小杉湯内では、
塩谷さんのサイン入りの著書『銭湯図解』が販売されています。
(銭湯図解のレビューについては後述)

結婚しているの?旦那と子どもの顔画像は?

塩谷歩波さんは現在28歳ということで、
結婚されているのか気になり調べてみましたが、

SNSではコーヒー店を営むご両親がよく出てくる以外は
あまりご家族は登場されていませんでした。

 

2018年6月放送の
『おしゃべりオジサンとヤバい女』に出演されたときに、

「今は銭湯とサウナが恋人。」

と発言していたので、

あれから何も変化がなければまだ結婚はされていないと思います。

坂上忍さんに「もっとデートとかした方がいいよ。」って言われていましたね^^;

 

そうなると、もしかしたらお付き合いしている彼氏さんはいるかもしれませんね。

どうなんでしょう??

熱愛情報が気になります‥(笑)

 

でももし、彼氏さんがいなかった場合でも、
歩波さんは小杉湯の有名な番頭さんみたいですし、
地元の方からは人気がありそうですよね^^

ひそかに彼女を狙っている男性客もいるかもしれませんし、
今後の活躍でどんどん出会いも増えていきそうですよね。

 

引き続きこれからもお店のイベントやイラスト制作など頑張って欲しいです!

 

父・母のコーヒー販売店の場所はどこ?

歩波さんが絵と建築に興味を持つきっかけとなったのは
お母さんの存在が大きかったことが分かりましたね!

 

そんなご両親ですが、現在は都内でコーヒー店を営んでいます。

 

お店は目黒区にある『ハチコーヒー祐天寺』です。

◆ハチコーヒー祐天寺◆
所在地:東京都目黒区祐天寺2丁目4−1
営業時間:金~火 10時30分~19時00分
定休日:水、第3木
電話:03-6312-9246

 

ハチコーヒー祐天寺はカフェではなく、コーヒー豆が売っているお店です。

他にもコーヒーミルやマグカップなどの
コーヒー用品やお菓子も販売されているんですって。

 

最近では、歩波さんが働く小杉湯とコラボして、
コーヒー風呂に入れるイベントが行われ、
地元以外のお客さんからも話題になりました。

くまきちくん
お風呂じゅうコーヒーのいい香りがしたんだろうね♪

 

『銭湯図解』とはどんな本?口コミレビュー

情熱大陸でも紹介されていた
銭湯イラストの『銭湯図解』をまとめた本が発売されています。

 

以前、設計事務所で働いていた塩谷さんは、
その経験を生かしてアイソメトリックという
建築図法で銭湯のイラストを描きました。

アイソメトリック図法とは、
建物を空間的に分かりやすく見せれるもので、

この場所で人間がどんなことができるのかを
イメージできる図法なんだそうです。

くまきちくん
ショッピングモールのフロアマップの立体版みたいな‥??

関東地方を始めとする全24か所の銭湯を、

初心者コース・上級者コース・マニアックコース・人情味コース
4つに分けて図解されています。

”銭湯を図解する”という発想が、斬新でユニークですよね。

銭湯初心者から上級者まで楽しめて
心までホカホカにあたたまりそうなイラストエッセイ本です。

 

 

まとめ

・塩谷歩波さんは、前職で機能性低血糖症を患ったときに、銭湯に通ったことがきっかけで良くなった。

・恩返しに銭湯のイラストをSNSで拡散したところ、現在働く小杉湯の番頭さんにスカウトされた。

・そのイラストが話題になり、『銭湯図解』本の発売が決定。

・父母のコーヒー店は、目黒区の『ハチコーヒー祐天寺』

・塩谷歩波さんは、現在は結婚されていないようです。

Sponsored Links

Sponsored Links