すみっコぐらしのとかげはお母さんとなぜ別れて暮らしてる?すみっこと家が別の理由も

すみっコぐらしのとかげのお母さん

この前 子どもと一緒に、映画『すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』を観に行きました。

すみっコのキャラ達はしゃべりませんでしたけど、不思議なすみっコの世界観に引き込まれて、「あ~こんな風にキャラが生きてるんだ」とほっこりしながら見てました。

 

しかし、予備知識ゼロの状態で映画に臨んだので、ストーリーが進むにつれて頭の中は疑問だらけになりました。

すみっコの仲間とは別々に暮らしてる とかげのことや、お母さんと生き別れになった理由などが気になったんです。

 

そこですみっコぐらしの基本となる内容の2冊の絵本と、映画のストーリーブックを買って勉強してみました。

今回は、とかげの謎に迫っていきたいと思います!

  • とかげがお母さんとなぜ離ればなれになった(別れた)のか
  • とかげが 仲間達とは別で暮らしてる理由

これらについてまとめます。

 

Sponsored Links

すみっコぐらしのとかげはお母さんとなぜ別れて暮らしてる?

とかげは、恐竜の生き残りという設定です。

そして、とかげには生き別れたスミッシー というお母さんがいます。

過去には、すみっ湖にスミッシーが現れたことで、すみっコ新聞にスクープされてしまい、親子の再会を果たしたこともありましたが、一緒に海へは帰りませんでした。

くまきちくん
なんで、とかげとお母さんは離れて暮らしてるんだろう?

 

実は、とかげとかげのお母さんが離れて暮らしてる理由は、詳しく語られていません。

 

すでに分かっている情報から予想すると、世間では「まだ現代に恐竜が生き残っているかもしれない」と噂され、スミッシーの存在が話題になっています。

もし自分が見つかってしまい、誰かが捕獲しに来たときに、我が子まで狙われることがないように別々で暮らしているのではないかと言われてます。

 

映画でこのエピソードはわりと冒頭部分で流れてたんですけど、子どもがお母さんと離れて暮らしていて、たまに会えたときには思いっきり甘えるけど、お別れの時間になるとワガママ言わずにバイバイと手を振って見送る姿は、涙なしには見れませんでした。

くまきちくん
まだ最初なのにね。

とかげはお母さんのことを大事に思っているからこそ、きちんと約束(?)を守ってダダをこねずにお別れするのだと思います。

とかげは年齢が分かりませんけど、聞き分けの良い立派な子に育ってますよね。

 

とかげは、すみっコの仲間とは別の家で暮らしてる

すみっコのしろくま・ねこ・ぺんぎん?・とんかつの4匹は寝食を共にしていますが、とかげだけは木の家に暮らしています。

 

映画『すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』では、青い大満月の夜に、すみっコ達が丘の上で魔法使いが現れるのを待つシーンがありました。

そこで夜空からやってきた魔法使いたちとパーティーをして遊ぶすみっコたち。

帰宅時間に魔法の船に乗り遅れて、兄弟達と離ればなれになって泣き出す魔法使いのふぁいぶのことを気の毒に思ったとかげは「家に来る?」と誘いました。

帰り道にすみっコの仲間達に「ばいばい」と手を振って、向かった先はとかげの家です。

くまきちくん
あれ?一緒に暮らしてないんだね??

 

とかげは森の中にある、大きな木をくり抜いて作った家に住んでます。

平常時には『にせつむり』も一緒に暮らしているようで、たまにすみっコ達も遊びに来てます。

 

Sponsored Links

『とかげ』だけ すみっコぐらしの仲間と家が別の理由はなぜ?

とかげだけが別の家で暮らしてる理由については、公式発表されていません。

では、なぜ とかげ だけ木の家に住んでいるのか考えてみました。

 

「とかげ」になりすましてるから

とかげの正体は、恐竜の生き残りという設定です。

絶滅したはずの恐竜が生きてると分かったら、世間が大騒ぎになり、自分が捕まってしまうといけないので、『とかげ』になりすまして暮らしています。

他のすみっコ達に、自分が恐竜であることを打ち明けても、変わらず受け入れてくれるはずですが、もし恐竜だとバレてしまったら、すみっコ達もとばっちりを受けて一緒に捕まるかもしれません。

大切な仲間達に被害が及ばないように、一定の距離を置いて家を分けていると考えられます。

 

近頃すみっコの町では、めずらしい水色のとかげが現れることが噂になっています。

電信柱には「めずらしいとかげ さがしてます」といった貼り紙がはられ、訪ね人のように捜索されているほどです。

とかげ としても、周りの目に敏感になっているようです。

 

そもそも初期メンバーではなかったから

初期の頃の絵本を読んでみると、表紙にとかげの姿がないんです。

とかげは、すみっコぐらしに途中から合流したメンバーのようです。

しかし今となっては すみっコ達と打ち解けて、寝食を共にしており、木の家は自分の家で、仲間の家はセカンドハウス的な位置づけで生活しているみたいです。

就寝時もぎゅうぎゅう詰めで寝てる姿がかわいいですよね。

すみっコぐらしのとかげ

出典:Ⓒよこみぞゆり/サンエックス/すみっコぐらし

 

「今日はあっちに帰るね。」と、仲間と別れる場面も。

すみっコぐらしのとかげの家

出典:Ⓒよこみぞゆり/サンエックス/すみっコぐらし

とかげは、自分のプライベート空間も大切にしているようです。

 

家にスミッシーの写真が飾ってあるから

ちょっとホロリとする話ですが、とかげの家の壁には、離ればなれで暮らすスミッシーという とかげのお母さんの写真が飾ってあります。

とかげのお母さん

出典:Ⓒよこみぞゆり/サンエックス/すみっコぐらし青い月夜のまほうのコの絵本より

部屋の宝箱には、スミッシーのぬいぐるみなどのグッズが山盛り入っていて、いつもお母さんのことを考えています。

自分が恐竜であることは秘密にしているので、すみっコ達に見つかるのはマズいです。

とかげはスミッシーの子どもだとバレないように、仲間とは一線を引いてるのかもしれません。

 

読書が好きで物知りの『ぺんぎん?』は、とかげの正体を薄々気付いているようですが。

とかげの心の中には、複雑な気持ちがあるのかもしれませんね。

でも日頃は、とかげの家にすみっコ達が遊びに来ているので、いつもは写真や宝箱は隠しているのかな??

 

まとめ

  • お母さんと別々で暮らしてる理由は、もし見つかったときに親子で捕まえられないようにするためと予想。
  • とかげがすみっコ達と別の家で暮らしてる理由は「自分の正体が恐竜なのはヒミツにしたいから」、「恐竜とバレた時に仲間に被害が及ばないようにしてる」が考えられる。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です