冨樫義博のあと4話のTwitterは本物と確認!編集部にハンターハンター再開時期を聞いてみた!

ハンターハンターの再開時期

2022年5月24日に、Twitterで冨樫義博を名乗るTwitterアカウントが「とりあえずあと4話。」というツイートを上げて、トレンド入りする騒ぎとなりました。

なんとこのツイートは、5月25日現在で110万件のいいねが付いており、ついにハンターハンターが復活するのかと、世間ではその時期についても噂になってます。

そこで今回は、ジャンプ編集部に問い合わせて冨樫先生のTwitterの件とハンターハンター再開時期について聞いてみることにしました。

 

Sponsored Links

冨樫義博先生の「とりあえずあと4話」のTwitterは本物と確認!

2022年5月24日の午後3時32分に、冨樫義博先生と思われるTwitterアカウントにて謎の投稿がされました。

「とりあえずあと4話。」のつぶやきと共に、下書き(?)のような絵と右下に「6」と描かれた原稿用紙の写真が写ってます。

これは原稿の進捗状況を知らせた投稿なのでしょうか?

 

1998年から週刊少年ジャンプに『HUNTER×HUNTER』の連載が始まって以降、10回以上休載と再開を続けており、2018年11月を最後に再び長い休載に入ってからすでに3年半の月日が経ちました。

ハンターハンターの再開を待ち望む読者は、いよいよ連載が再びスタートするのではと憶測が飛び交ってます。

Twitterを見てみると…

冨樫先生のツイートのリプ欄を見ると、外国語のリプライが多すぎて、スクロールしても日本語のツイートが出て来ないくらい世界中で話題になってるようです。

どれだけみんなが待ち望んでいたのかが分かりますよね。

 

そのおよそ6時間後には、『少年ジャンプ編集部』を名乗るアカウントが「来月からHUNTER×HUNTERのマンガの発行を開始します。」といったツイートが投稿されました。

しかし、こちらの投稿には公式マークが付いておらず、偽アカントであることが判明。

 

ところで冨樫先生のTwitterアカウントは本物なんでしょうか?

読者の方によると、絵のクセが本人のものと一致してるという指摘がありました。

漫画家の村田雄介さんが冨樫先生のツイートについて「ご本人とのことでした。」とツイートしたことと、その後に公式の週刊少年ジャンプが冨樫義博さんのTwitterアカウントをフォローしたので、間違いなくご本人のTwitterアカウントだと確定しました。

しかし、公式にハンターハンターの再開が公表されたわけではないので、ジャンプ編集部に問い合わせてみました。

次の見出しに詳しく書きます。

 

Sponsored Links

編集部に『HUNTER×HUNTER』(ハンターハンター)の再開時期を聞いてみた!

冨樫先生のTwitterの騒動を受けて、5月25日にジャンプ編集部に問い合わせて確認してみました。

すると想像以上に、ていねいにTwitterの件と、ハンターハンターの件を説明してくれました。

編集部の方の話をまとめると…

Twitterは本人のものだと聞いておりますが、編集部では関与していません。

ハンターハンターの連載再開については、現時点では未定となっております。

もし再開する場合は、少年ジャンプ本誌にて詳細を発表させて頂きますので、そちらでご確認いただければと思います。

ジャンプ本誌が最速での発表になるとのことでした。

 

もう発表のシミュレーションをしているということは、もしかすると本当にハンターハンターの再開は間近の可能性があります!

これは期待しても良いのかも?

 

今回は電話で問い合わたのですが、編集部の方が途中で原稿を読んでいるような口調になる場面があったので、何か受け答えマニュアルのような物が用意してあるようにも思えました。

きっと朝から問い合わせが殺到していたと思いましたが、とても丁寧な対応をして頂けて好印象でしたよ。

 

ハンターハンターが再開するなら喜ばしいんですけど、最終話の内容が思い出せないんですよね…(汗)

そろそろ復習をしておいた方がいいかもしれませんね。

▼HUNTER×HUNTERを読むなら『コミックシーモア』▼
↓無料登録すると、70%オフクーポンがもらえる↓

HUNTER×HUNTERを読む
Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です