古村比呂がえげつないと怒った番組名は何?どんな放送内容だった?

こんにちは。あこぽんです。

現在、がん闘病中の古村比呂さんが

先日放送された番組の内容について
怒りをあらわにしていることが話題になっています。

 

古村さんのブログには、
番組を観た感想が書き綴られています。

「実はある日観たTVの内容がえげつなさ過ぎて。

だったらTVを観なきゃ良いのですが
気になり過ぎで最後まで観てしまいました。

結果『なんて内容だぁ』と怒りが込み上げて来まして
未だにその感情が収まらないようです」

 

放送終了後 すでに10日間以上経つにも関わらず、
怒りが収まらない様子がうかがい知れます。

よっぽどのことかな…と思います。

 

古村比呂さんがブログで発言するほど怒った番組とは、
一体どのような内容だったのでしょうか?

・古村比呂さんが怒った番組について
・放送内容について

これらについてまとめていこうと思います。

それでは見ていきましょう。

 

Sponsored Links

古村比呂さんが「えげつない」と激怒した番組名は何?

 

古村比呂さんが苦言を呈しているのは、

11月25日放送の3人の息子さんに密着した

『ザ・ノンフィション
~母さんがガンになって僕が考えたこと~』

というドキュメンタリー番組だと思われます。

 

番組では、古村比呂さんの芸能界デビューのきっかけや、
結婚&離婚した当時の状況を振り返りながら

3人の息子さんの現在の生活にスポットを当て、
息子目線で病気になった母をどうやって支えるか、

その息子たち自身の人生の葛藤を交えた内容になっていました。

 

Sponsored Links

番組はどんな内容だったの?怒りのポイントについて

 

古村比呂さんの3人の息子さんが映されており、

お母さんの病気を機にそれぞれがバイトなどの仕事をして
お金を工面できるよう頑張らなくては‥という

3人の頑張りが伝わる番組内容でした。

とくに長男拳人さんはアルバイトを掛け持ちして
家計のことを考え、母の病状を思いやっていましたね。

三男は夕飯を作っていて、

兄弟3人で助け合う暮らしぶりも映っていました。

 

番組では、古村比呂さんの病状についても触れられるシーンがありましたが、
やはり体調が優れないこともあり、

比呂さんが病気になったことで
息子さんたちはどのような心境の変化があったのか、

そのあたりに触れられた内容になっていました。

 

古村比呂さんの怒りポイントとしては、

がん闘病中で番組制作に関われない状況で、
根掘り葉掘り世間に知られたくないことまで
すべて掘り下げられてしまったことが辛かったのでは‥と思います。

成人した息子さんが定職に就いていない部分もすべて映され、

シングルマザーで一生懸命育ててきたのに、
子育て失敗みたいな話にまとめられたように
感じてしまったのかもしれません‥。

 

今回の撮影の件は、コミュニケーション不足もあったのかなと思います。

古村比呂さんは、詳細な番組の内容など
すべてを把握できていなかったかもしれませんね。

現状、闘病中で大変なところなので、難しいところですよね…。

 

しかし一視聴者としては、絵に描いたような完璧な家庭より、真実味がありますし共感が持てました。

”今はこんな状況だけど、一緒に頑張っていこう!”という気持ちが伝わってきましたね。

 

そして一番心に残ったのが、番組の最後あたりで長男拳人さんが

「僕はただ兄弟3人で母さんを支えたいだけなんです。」

と語っているシーンがあったんです。

他人にとって、
その家庭がどのように見えるかなんてどうでも良くて、
その一言がすべてなんだな‥と感じましたね。

 

深い絆で結ばれている親子だということが
しっかり伝わってきて胸が熱くなりました。

純粋に若い息子さんたちを応援したくなりましたね。

 

古村比呂さんは母親として
今まで一生懸命生きてきたことは、
きっとみんなが分かっていると思います。

今はただ元気になることを第一に
治療に臨んでいただき、

また私たちに元気な姿を見せて欲しいですね。

 

まとめ

 

古村比呂さんは今一生懸命がんとたたかっているので、

今後も3人の息子さんたちは全力で協力して
お母さんを助けて欲しいと思いました。

 

布施明さんは今回の番組は観たのでしょうか。

今どんな思いでいるのか気になります‥。

Sponsored Links

Sponsored Links