もののけ姫のサンとアシタカはやってる?洞窟で寝たシーンを徹底考察!

もののけ姫のサンとアシタカはやった

『もののけ姫』には、サンとアシタカが関係をもったと思われるシーンがあるとして、ファンの間では都市伝説として語り継がれています。

もののけ姫では、サンとアシタカがお互いを意識して恋愛感情を抱く…みたいな場面は見受けられないので、正直言って驚きました。

実際には、洞窟の場面がそうらしいのですが、本当なのでしょうか?

そこで今回は、2人が関係をもったと言われているシーンについて調べてみました。

 

 

Sponsored Links

もののけ姫のサンとアシタカはやってる?洞窟で寝たシーンを考察!

もののけ姫のサンは人間を憎んでいることから、アシタカのことを最初は良く思っていませんでした。

▼サンが人間を憎んでいる理由はこちらで書いてます▼

もののけ姫のサンは生理

もののけ姫のサンは生理中だった?身長年齢と正体の秘密はタタラ場にあった?

2021.08.05

 

エボシがシシ神の首を撃った直後に、モロの君に噛みつかれて腕を負傷します。

サンは怒り狂って、エボシを保護しようとしたアシタカの頼みを聞き入れず激昂!

「来るな!人間なんか大キライだ!!」

 

そんな気難しいサンですが、アシタカに「そなたは美しい」と言われたとき、少し動揺している様子が見られます。

 

また、タタラ場でサンとアシタカが刀を交えるシーンでは、「そなたと戦いたくない」というアシタカの言葉にサンは刀を引いたようにも見えました。

この瞬間から、サンのアシタカへの印象も変わってきていますよね。

 

サンとアシタカが関係をもったのではないか?と言われているシーンですが、

お腹を銃で撃たれ負傷したアシタカが、サンが暮らす洞窟で何日も寝たきりだった時に、起き上がって横で寝ているサンを見つめているという場面です。

この時、サンはかなり無防備な姿で寝ており脚も見えていました。

 

このシーンの絵コンテを見た際に、スタジオジブリ代表取締役の鈴木敏夫さんが宮崎駿監督に「この時点で、2人は行為をしてますよね?」と直球で質問しました。

その質問に対して宮崎駿監督は、最初は一切答えませんでした。

ですが、鈴木さんがしつこく問い詰めた結果、「そんなの、わざわざ描かなくてもわかりきってるじゃないですか!」と答えたそうです。

サンの暮らす岩屋の中で、アシタカは寝ているサンを見つめているんですけど。この時のサンは、かなり無防備な寝顔で寝ていて、おまけに脚も見えているんですね。このシーンのコンテを見てピンと来た鈴木敏夫は「この時点で、2人は〇〇してますよね?」と聞いたそうなんですよ。

ちなみに、その後、鈴木敏夫が問い詰めた結果、宮崎さんは「そんなの、わざわざ描かなくてもわかりきってるじゃないですか!」って言ったそうなんですけど(笑)

引用:ニコニコニュースORIGINALより

 

宮崎駿監督が認めたので、サンとアシタカが関係をもったことは噂ではなく本当だったと分かりました。

2人が洞窟から出てきてからはとても仲が良くなり、打ち解けた様子もみられます。

その前に、シシ神がアシタカのお腹のケガを治したり、ヤックルからアシタカのことを色々聞いて安心したといった背景もありましたが、洞窟ではやさしい表情のサンが見られました。

 

ここからは個人的な感想ですが…

もののけ姫を全編観て、洞窟のシーンも確認しましたが、

パン子さん
本当に2人は関係を持ったの?

って思ってしまいました。

 

洞窟のシーンでは、アシタカが傷の痛みで冷や汗をかきながら目を覚まし、その隣で藁のマントにくるまって眠るサンが映ってました。

アシタカは起き上がり、外に出て…

「私は何日も眠っていたようだな。夢うつつにあの子に世話になったのを覚えている。」

と、モロの君に話すんです。

 

何日も眠っていた??

この状況で、サンとアシタカは本当に関係を持ったの?傷がまだ痛いのに?

って現実的に思ってしまいました。

 

たしかにアシタカはサンに好意を寄せているようなシーンはありましたけど、

衣服の乱れもなく、いやらしさゼロなのに、なんじゃその都市伝説は…といった感想を持ちました。

 

宮崎駿監督は2人の関係を認めましたけど、この都市伝説を知らずに、もののけ姫を観たらあのシーンに何ら違和感は感じませんね。

 

Sponsored Links

アシタカはカヤとも関係を持っていた?

もののけ姫の冒頭に登場するカヤという女の子ですが、アシタカの婚約者だったと言われています。

アシタカが村を出る前に、カヤとの別れのシーンがあります。

 

”村を出る者は見送らない”という掟がありますが、カヤは最後の夜にアシタカを見送りに行きます。

自分が身に着けていた黒曜石の小刀を手渡し、私と思ってお伴させて下さい…みたいなことを言います。

今にも泣きそうになりながら、いつもあなたを想ってますと伝えるんですね。

そのカヤとのやりとりから、アシタカはカヤとも関係があったのではないかと言われています。

 

カヤがアシタカへ渡した黒曜石の小刀は、「自分は生涯恋をしない、変わらぬ心の証」=「貞操の印」として相手に贈るものとされています。

そんな意味深なプレゼントのやり取りから、カヤとアシタカも関係をもっていたとされています。

 

しかし、この2人について宮崎駿監督は何も言及されていないことから、真実はわかりません。

でもカヤはアシタカの妻となっていた人なので、男女の関係があったとしてもおかしくはないですよね。

 

▼もののけ姫を見るなら【DMM DVD/CDレンタル】
\はじめての登録なら初月無料/
 

※無料期間内に解約してもお金はかかりません

まとめ

サンとアシタカの都市伝説や、カヤの正体について知ってしまうと、アシタカのいい男度がどんどん減ってしまいますが(涙)、宮崎駿監督が鈴木敏夫さんとの押し問答に負けて、サンとアシタカとの関係を認めていますので事実なんですね。

それ以前にアシタカとカヤは婚約者だったとされているので、関係があっても不思議はないですね。

 

Sponsored Links

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です