大維志君が受験で合格した中学校はどこ?帝京中学校の噂は本当?

こんにちは。あこぽんです。

スッキリで密着していた木下大維志くんの中学受験が
ついに終わりを迎えました。

中学受験を決意してから150日間、
夏休みもクリスマスも年末も休むことなく、
毎日 広尾学園合格に向けてひたすら
勉強を頑張り続けていましたよね。

同じ子を持つ母である筆者は、
毎回テレビを見ながら時に目頭を熱くして
応援していました‥!

 

さて、今回の受験で残念ながら
本命の広尾学園は不合格だったものの、

再び受験した中学校で無事に合格を勝ち取ることができました。

 

大維志くんが最後に合格した中学校ってどこなのでしょう?

予想してみることにしました。

 

Sponsored Links

広尾学園受験後にもう一度中学受験を決意!

3回の広尾学園受験に挑戦した大維志くんでしたが、
いずれも不合格となり残念な結果となりました。

3回目の広尾学園の入試は
志願者数は465人、募集定員は20人で
23倍
という高倍率の試験でした。

 

この時点で大維志くんは
併願校の大学付属中学校に1校合格しており、

このまま受験シリーズは終わりを迎えるかと思われましたが、

父 博勝さんからスッキリスタッフに1本の電話が入ります。

「受験を失敗する可能性もありますけど、大維志の人生経験に成功を残してあげたい」

そう話し、急遽 医学部がある
有名大学付属中学校の特進コースを受験することを決めました。

 

広尾学園受験で残念な結果となり、
落ち込んでいたと思いますが、
そこから驚異の切り替えを見せた大維志くん。

2月7日に入試が行われ、
その後の結果発表で見事合格したことが分かりました。

 

木下大維志くん(ジャガー横田さんの息子)が合格した大学付属の中学校とは?

 

2月7日に入学試験が行われた都内近郊の中学校を調べてみました。

すると、以下の中学校で入試が行われていることが分かりました。

・立教池袋中学校
・日本工業大学駒場中学校
・城西大学付属 城西中学校
・帝京中学校
・横浜中学校
・秀明八千代中学校

このなかで特進コースがあるのは、
横浜中学校帝京中学校です。

 

スッキリで放送されていましたが、

大維志くんは、入試科目『国語、算数、英語の3つのなかから、算数英語を選択しました。』とナレーションが入っていました。

入試前、大維志くんは
ほぼ英語を勉強していませんでしたが、

小学生の頃にインターナショナルスクールに
通っていた経験を生かして英語を選択したとのことでした。

 

先ほど挙げた中学校のなかで国語、算数、英語を受験科目としているのは帝京中学校ですね。

帝京中学校は中高一貫の特進コースが設置されており、
帝京大学は医学部があります。

 

ということで、

大維志くんが最後の中学受験で、
合格を勝ち取った学校は帝京中学校だと思われます。

 

帝京中学校の偏差値は48です。

直近のスッキリ密着映像を見ても、
大維志くんの学力で無理のない中学校なのかなと感じます。

 

Sponsored Links

世間の反応は?

 

大維志くんの中学受験密着で、
視聴者の多くの方が勇気をもらったのではないでしょうか。

たしかに自信満々なのは、よく伝わってきましよね。

しかし、12歳という
まだ幼い精神力で受験を乗り切るためにも
一生懸命に平静を装っていたのかなと思いますね。

受験が終わったことですし、

たくさんご両親に甘えて
中学校が始まるまでの少しの間は
ゆっくり過ごして欲しいですね。

 
 

▼わからないことは、ネットで先生に質問できるオンライン学習塾▼

\今なら3日間無料体験できる!/

インターネット学習塾「ショウイン」

 

まとめ

 

番組の最後の方で、スッキリの加藤さんが大維志くんに
「医者を目指して頑張っていこうという気持ちに変わりはない?」と
質問を投げかけているシーンがありました。

すると、大維志くんは迷わず
「はい!頑張ります。」と答えていたのがとても印象的でした。

長い間スッキリを観ていて、
遊びたい盛りの時期に勉強漬けになっている大維志くんを見て
少しかわいそうかな…と思うこともありましたが、

本人の強い決意表明を見て、今後も応援したい!と思いましたね。

 

常に前向きでポジティブな気持ちを見せてくれて、
私たちからも大維志くんに感謝しなくてはいけませんよね!

受験は終わりましたけど、医者への道は始まったばかり。

これから挫けることがあっても、
この1年間のことを思い出して頑張って欲しいですね。

木下博勝の勤務先病院は山形県の本間病院?年収や大学など経歴は?

2019.02.08
Sponsored Links

Sponsored Links